売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-03-30

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「OUT-IN」とは?

OUT-INとは、海外企業が日本企業を対象として買収を行うM&Aのこと。また、日本企業が海外の自社工場で作った商品(製品)を日本に輸入し、販売する形態、いわゆる逆輸入を同じように呼ぶ場合もあります。M&AにおけるOUT-INは比較的ハードルが高いものとされており、理由としては日本市場が閉鎖的かつ特殊性の高い場所である、ビジネスコストが高い、サービスに対してユーザーの求める水準が高い傾向がある、現地での人材確保や許認可を得るのが難しい、などがあると言われているようです。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ