売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-03-30

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「SPA」とは?

SPAとは「Stock Purchase Agreement(ストック・パ-チャス・アグリーメント)」あるいは「Share Purchase Agreement(シェア・パ-チャス・アグリーメント)」の略語で、日本語では株式譲渡契約書、と訳されます。これはM&Aの取引において最終契約を締結する際に交わされる書類のひとつで、相対取引(買い手企業と売り手企業の間で条件を取り決める株式譲渡のこと)でよく用いられるものです。内容としては取引される株式の種類や数、対価、所有権の移転についての約束など。この契約書を交わせば売り手企業は株式譲渡の義務を負い、買い手企業はその対価を支払う義務を負うことになります。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ