売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「シナジーバイヤー」とは?

更新日:2020-03-17

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「シナジーバイヤー」とは?

シナジーバイヤーは「ストラジテックバイヤー」とも呼ばれ、簡潔に言えばM&Aの買い手企業を指します。目的としては主に自社の事業拡大、事業強化が挙げられ、売り手企業の事業や会社自体を譲り受けることでシナジー(相乗)効果を狙うというのが特徴。対象企業は同業である場合もありますが、時には新規参入のために全く別の業界を候補とすることも。その後の売却は考えていない場合が多く、長期的に売り手企業を保有する傾向があります。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ