売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「ベンダーデューデリジェンス」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「ベンダーデューデリジェンス」とは?

ベンダーデューデリジェンスとは、M&Aにおいて売り手企業が費用を負担して行われる買収監査のこと。通常デュー・デリジェンス(買収監査)は買い手企業側がその後のトラブルを防ぐために売り手企業側に実施しますが、この場合は売り手企業にとって買収の契約解除や損害賠償などを避ける目的があります。また、自社の問題点やリスクへの対処法を主体的に提示することにより、買い手企業にとっての案件の価値をより高められる可能性も。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ