売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「バーチャルデータルーム」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「バーチャルデータルーム」とは?

バーチャルデータルームとは、M&Aにおいて双方の企業に必要な情報の開示を行うためのバーチャル空間のこと。データルームといえば主にデュー・デリジェンス(買収監査)の際に使用される資料を集めておく部屋を指しますが、それをWeb上で電子化したもの、という意味で用いられることも多いようです。限られた人間しかアクセスできないようにすれば、物理的な場所に置いておくよりも情報漏洩を防ぐために有効とされています。ただし、その分万全なセキュリティ体制を設けなければなりません。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ