M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > コーポレート・アドバイザーズM&A

コーポレート・アドバイザーズM&A

コーポレート・アドバイザーズM&A公式HP

引用元HP:コーポレート・アドバイザーズM&A
https://co-ad.jp/

ベンチャー・中小企業に強い!

コーポレート・アドバイザーズM&A公式HP

引用元HP:コーポレート・アドバイザーズM&A
https://co-ad.jp/

会計事務所グループの仲介会社 コーポレート・アドバイザーズM&Aは、M&A仲介、M&Aアドバイザリー、事業承継コンサルティングを行う会社。東京に本社をかまえ、主にベンチャー・中小企業のM&A仲介業務を行っています。

事業継承のため第三者に株式譲渡したい、大手資本傘下に入り成長スピードを加速させたい、事業拡大のための買収をしたい、他社と資本提携したいなど様々な要望に対応。タイミング、相手、価格などのすべての条件に納得した上で成立に至るよう、経験と実績豊富なアドバイザーがサポートしてくれます。

無料相談会やセミナー、サミットを開催し、M&Aに関する様々な情報発信も行っており、飲食店や建築関係、自動車、ITなど幅広い分野の実績があります。

コーポレート・アドバイザーズM&AのM&Aサービスの特徴

幅広い分野のスペシャリストが在籍

売り手・買い手ともに様々な要望に対応してくれる

会計事務所グループのM&A専門会社 コーポレート・アドバイザーズM&Aは、会計事務所グループの会社です。M&Aの方針決定、相手探し、双方の条件調整に加え、会計・税務・労務・法務など幅広い知識が求められるM&A。会計事務所グループだからこそ、会計・税務・法務・労務などの各分野のスペシャリストが手を組み、顧客の様々な要望に対して柔軟に対応してくれます。

「柔軟性」と「機動力」がポイント

必要最低限のチームだからこそきめ細やかで丁寧な対応

少数精鋭ならではの「柔軟性」と「機動力」 コーポレート・アドバイザーズM&Aでは、きめ細やかで、丁寧な対応を心がけ、少数精鋭でチーム編成をしています。

M&Aアドバイザーを中心に、会計士・弁護士・社労士・税理士・司法書士・金融機関など必要最低限の専門家でチームを組むことで得られる柔軟性と機動力で、顧客の抱える経営課題の解決に全力を尽くしています。

年に2回「M&Aサミット」を開催

M&Aに関して学べる場が用意されている

経験豊富なアドバイザーが対応。各種セミナーも多くのM&Aサポートの経験のあるアドバイザーが、経営全般のことはもちろん、M&A後の相談にも親身になって対応してくれます。

また、ベンチャー企業や中小企業の経営者に対し、年に2回「M&Aサミット」を開催。M&Aの活用法や成功・失敗の分岐点などについて、企業経営者や著名人を招き、情報の発信やアドバイスを行っています。

コーポレート・アドバイザーズM&AのM&A事例

コーポレート・アドバイザーズM&Aが手掛けたM&Aの事例を紹介しています。業界や業種も取り上げていますので、M&Aによる事業の拡大や承継を検討している方は、気になる事例をチェックしてみてください。

【譲渡事例1】建設業界におけるM&A事例

M&A事例

建具工事会社 住宅系大手メーカー

M&Aで大手企業グループの傘下へ

地元で長年業務を営んできましたが、住宅着工件数の減少や専門メーカーの統合化、後継者の不在などにより将来への危機感を覚えはじめた建具工事会社。事業拡大や長期的な企業体の維持が難しいと感じていました。

M&Aを検討し、住宅設備機器卸・施工の業界で統合化を進めていた大手企業に株式を譲渡。大手企業のグループに入ることとなりました。

【譲渡事例2】アミューズメント業界におけるM&A事例

M&A事例

アミューズメント施設への景品卸 アミューズメント施設の運営等

需要と供給がマッチし譲渡が決定

約30年にわたり、アミューズメント施設に景品などを卸売していた会社。販路の縮小に伴い、卸価格の引き下げ競争が頻繁になっていることや、後継者不足の問題などの理由から、アミューズメント施設の運営会社とのM&Aを希望していました。

一方、既存事業と相乗効果が得られる会社とのM&Aを希望していたアミューズメント施設の運営会社も、卸売会社の上流工程を獲得することで、より経営の効率化が図れるとして、卸売会社の全株式の譲受を決断。業容拡大を実現しました。

【譲渡事例3】食品業界におけるM&A事例

M&A事例

食品卸売 オフィス用品関連事業

事業の発展を考え、他業種を買収

30年以上、現地のメーカーとの良好関係を築き、大手百貨店やレストランに高級輸入食品を卸売していた会社。後継者問題の解決やさらなる事業発展のため、事業承継を考えていました。

買収したのは、オフィス用品関連事業を主に行っていた企業。既存の事業をより発展させることができると考え、長年の優良ブランドの取扱実績や優良顧客基盤を持っていた、卸売会社の全株式を譲り受けることとしました。

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、このような会社におすすめです

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、税理士法人・社労士法人などを有する会計事務所グループのM&A専門の仲介会社です。したがって、顧客企業のM&A支援は、公認会計士、税理士、社労士、弁護士、司法書士などの専門的知見を持ったスペシャリストが、多様なニーズに合わせた方法で実行されています。同社は、関東地方のベンチャー・中小・中堅企業の課題解決策としてのM&A支援を主に行っています。特に、中小・中堅企業の事業承継対策としてのM&A仲介・支援に強みを持っています。

各分野の専門的知見を活かして多様な業種・ニーズに合った支援が可能

コーポレート・アドバイザーズM&Aは、多様な専門家を持つ強みを活かして、M&A関連セミナーを数多く開催しています。M&Aを勉強したいベンチャー・中小企業に、適切な形で学びの場を提供しています。同時に、セミナーに参加した企業から、質問や相談があれば、それぞれの専門家が対応する仕組みを持っています。

また、会計事務所グループのM&A専門会社であることから、単なる仲介業務だけでなく、様々な分野において、ベンチャー企業から東証一部上場企業までをサポートできるという強みを持っています。

M&Aをしっかりと理解して、事業承継課題対策や事業拡大を図りたい企業には、うってつけのM&A仲介会社です。

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

M&Aだけでなく多方面からの支援が受けられる

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

ベンチャー・中小企業が抱えている経営課題は、時として複雑、かつ多様化しています。企業経営者がこれらの課題解決の方法としてM&Aを考えていたとしても、同社に相談した結果、別な方法からの解決策を提示されることもあります。同社は、各企業の実情に合った柔軟な支援が可能であり、M&Aが最良の選択肢となれば、力強く仲介・支援してくれます。

コーポレート・アドバイザーズM&Aへの問い合わせ方法

公式サイトの問い合わせフォーム、もしくは電話での問い合わせが可能です。電話の受付時間は8:30~21:30。土日祝日も対応してくれます。 また、M&Aに関する無料相談やセミナーも随時行っています。セミナーは主に東京で開催されているようなので、興味のある方は、一度参加してみてはいかがでしょうか。公式サイトのフォームから申し込みできます。

コーポレート・アドバイザーズM&Aの会社概要

会社名 株式会社コーポレート・アドバイザーズM&A
設立日 平成21年11月
代表 中村亨
資本金 公式サイトに記載なし
事業内容 M&A仲介、M&Aアドバイザリー、事業承継コンサルティング
URL https://co-ad.jp/
本社所在地 東京都港区赤坂2-2-12 NBF赤坂山王スクエア2F
お問い合わせ先 03-3224-2871

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/