IT・ソフトウエア業界の2021年6月のM&A件数は2番目も金額は8番目

目次

IT・ソフトウエア業界の2021年6 月のM&A発表件数は13 件で、6月としては2012年以降の10年間では、2020年の14件に次ぐ2番目となった。

取引金額は約5億円で、こちらは6月としては2012年以降の10年間では2018年の約8億円に次ぐ8番目となった。4億円台と5000万円台の各1件以外は全て金額非公表だったため、低い順位となった。

全上場企業に義務づけられた東証適時開示情報のうち、経営権の移転を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A仲介のストライク(M&A Online)が集計した。

取引金額のトップはChatworkの4億5940万円

取引金額のトップはChatworkが、スターティアホールディングス傘下のスターティアレイズ(東京都新宿区)が手がけるクラウドストレージ事業を取得することを決めた案件で、取引金額は4億5940万円。

対象事業を会社分割して新設する「Chatworkストレージテクノロジーズ」(東京都新宿区)の株式51%を取得し、ビジネス版スーパーアプリの実現に向けたサービス拡張を目指す。

スターティアレイズは法人向けクラウド型オンラインストレージ「セキュアSAMBA」を主力サービスとする。セキュアSAMBAは2007年にサービスを始め、今年4月時点で3250社以上に導入されている。

金額の2番目はイードが、EC(電子商取引)ショップの管理システム「TEMPOSTAR」を提供するNHN SAVAWAY(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決めた案件で、取引金額は5700万円。

イードは主力のメディア事業と並ぶ事業の柱としてEC関連事業を育成する方針を打ち出しており、その一環。

このほかに、フリーが記帳アプリ「Taxnote」を手がけるノンモ(大阪府富田林市)を子会社化する案件など金額非公表が11件あった。

IT・ソフトウエア業界の2021年6月のM&A

更新日:2021-08-03

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?