「コロナ禍、M&Aにプラス」回答が急増、ストライクが経営者アンケート

「コロナ禍、M&Aにプラス」回答が急増、ストライクが経営者アンケート

目次
コロナ禍によるM&Aや事業承継への影響の有無【21年7月】

 M&A(合併・買収)仲介を手掛けるストライクが7月に実施した経営者アンケートによると、新型コロナウイルスの感染拡大が「M&A市場にプラスの影響を及ぼしている」と回答した中小企業経営者の比率が全体の18.8%となり、前回調査(3月、6.6%)から急上昇していることが明らかになった。コロナ禍を受けて、企業の事業売却や「選択と集中」が進み、M&Aを活用する企業が増えていることを示しているとみられる。

 調査はストライクが7月2~5日に実施し、324件の回答を得た。回答した経営者の業種は、卸売・小売業、建設業、製造業、情報通信業、不動産業、サービス業などが多い。

 アンケート(複数回答)によると、M&Aの買い手は36%(前回は17%)、売り手は28%(前回は8%)が「コロナ禍はM&Aにプラスの影響を及ぼしている」と回答した。一方で、事業承継を検討している経営者が「コロナ禍がM&Aにプラスの影響を及ぼしている」と答えた比率は8%にとどまった。ただ、前回調査の3%からは大きく上昇している。

不採算の事業を売却する動きが強まる

 コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)導入など、企業は資本効率の改善を迫られている。こうしたなかでコロナ・ショックが発生し、不採算の事業を売却する動きが強まっている。ストライクの集計では、20年の上場企業による子会社・事業の売却は前年比35%増の285件とこの10年で最多。M&A件数のうち33%を占め、比率は過去10年で最高となった。特に昨年9月ころからは、コロナ禍での業績悪化に伴う事業売却が目立ってきている。こうしたことが、「コロナ禍がM&Aをむしろ後押ししている」との見方につながっている可能性がある。

コロナ禍でM&A市場にマイナスの影響 32%

 一方でコロナ禍が「M&A市場にマイナスの影響を及ぼしている」と回答した経営者も32%にのぼった。前回調査では33%で、コロナ禍で悪影響があるとみる経営者も根強いといえる。今秋は自民党総裁選など政治日程が山積みとなっているが、コロナ禍や政治が企業動向に及ぼす影響にも引き続き注目が集まりそうだ。

提供:M&A Online(株式会社ストライク)

更新日:2021-09-28

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?