2020年12月M&A:78件、前年と並ぶ過去10年で最多 – ストライク調べ

目次

取引金額は2628億円(前年同月は2兆1691億円)

2020年12月のM&A件数は前年同月と同数の78件となり、12月として過去10年で最多だった2019年に並んだ。新型コロナウイルスの感染拡大でも、M&Aの需要が底堅いことを示した。M&A件数は8月から11月まで4カ月連続で前年を下回っていたものの、この間も件数自体は大きく落ち込むことはなく、踏みとどまっていた。11月(81件)比では3件減った。取引金額は2628億円(前年同月は2兆1691億円)だった。 

上場企業に義務付けられている適時開示情報のうち、経営権の移転を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A仲介のストライク(M&A Online編集部)が集計した。

金額首位はソニー

米通信大手AT&T傘下でアニメ配信事業「クランチロール」を運営するイレーション・ホールディングスを1222億円で買収する案件で、エンターテインメント事業の成長加速を狙っている。これを含めて取引金額100億円超の大型M&Aはオリンパス、日本精工などいずれも海外案件ながら6件あり、年間で11月9件、2月8件に次ぐ3番目。さらに10億円超でみた場合は19件を数え、2月23件、11月21件に続いた。11月を境に案件規模でも持ち直しの傾向がうかがえる。

業種別で目立ったのは物流関連

トナミホールディングス、SBSホールディングス、日本山村硝子の3社が倉庫・運輸会社の買収に動いた。このうちSBSは電子商取引の進展に伴う物流需要の拡大に対応し、72億円を投じて東京臨海部に大型倉庫を持つ東洋運輸倉庫(東京都港区)を傘下に取り込む。

また、経営再建中のRIZAPグループはワンダーコーポレーション(映像・音楽ソフト販売)、HaPiNS(インテリア・生活雑貨)、ジーンズメイト(衣料品販売)の上場3子会社を2021年4月に経営統合することを決定。このほか印刷子会社2社の売却にも踏み切った。

ソフトバンクグループ(SBG)は傘下の米ロボットメーカー、ボストン・ダイナミクスを韓国の現代自動車に売却することを決めた。売却金額は非公表ながら、ボストンの株式価値は総額11億ドル(約1144億円)としている。SBGは2018年にグーグルの親会社アルファベットから同社を買収した。

12月の取引金額上位の案件

# 買い手企業 金額 M&A概要
1 ソニー 1,222億円 AT&T傘下の米アニメ配信事業の運営会社イレーションを子会社化
2 オリンパス 312億円 呼吸器関連医療機器メーカーの米Veran Medical Technologiesを子会社化
3 日本精工 211億円 英スペクトリスから設備・製造ラインの状態監視システム事業を取得
4 サムティ 147億円 ベトナムの住宅分譲事業会社S-VINを子会社化
5 長谷川香料 133億円 食品香料メーカーの米MISSIONを子会社化
6 荏原 113億円 トルコのポンプメーカー、バンサンを子会社化
7 SBSホールディングス 72億円 SMC傘下の東洋運輸倉庫(東京都港区)を子会社化
8 ジャパンシステム 71.1億円 投資会社ロングリーチがジャパンシステムの子会社化を目的にTOBを実施
9 帝人 48.9億円 ガラス繊維強化複合材料製造の中国合弁CSP-Victallを子会社化
10 PCIホールディングス 42億円 組み込みパソコン・周辺機器開発のソード(千葉市)を子会社化

更新日:2021-01-25

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?