ストライク、2022年8月期に200人体制に コロナ禍でも積極採用

目次

M&A仲介大手のストライクは2022年8月期に社員を200人体制に拡大する。

現在は131名 (2020年2月末時点) だが、約1.5倍に増やす。コンサルタントを中心に増員し、事業承継や事業の「選択と集中」などを目的とした中小企業経営者のM&Aニーズに応えるのが狙い。

優秀な人材であれば計画を超過してでも採用を優先

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、企業が新規採用を抑制する動きが広がっているが、ストライクは「不景気のときこそ優秀な人材を獲得するチャンス」とみて、積極的な採用を続ける方針だ。

荒井邦彦社長は「優秀な人材であれば計画を超過してでも採用を優先したい」としている。

ストライクは20年8月期末までにコンサルタントを121名、22年8月期までに168名まで増やす見通し。

人員を強化することにより、拡大するM&Aの需要に十分対応できる体制をつくる。22年8月期のM&Aの成約組数は、19年8月期(104組)の2倍以上となる250組を目標としている。

同社は管理関連などの非コンサルタント部門の人員も増やす。

ただし、同社は「優秀な人材に巡り合えない場合は計画を下回る採用にとどめる」としている。

同社は現在、東京、大阪、名古屋、福岡、高松、札幌と全国に6つのオフィスを構える。

近年の社長高齢化に伴うM&A需要に対応

帝国データバンクによると、全国の社長の平均年齢は2019年時点で59.9歳となり、1990年時点から6歳も高齢化した。

近年は世代交代が進まないまま社長が高齢を迎え、事業承継できずに休廃業・解散、倒産に追い込まれるケースも目立ち、全国各地でM&Aの需要が増えている。

ストライクは全国のオフィスで人員を強化し、こうした経営者のニーズに応える考えだ。

提供:株式会社ストライク

トピック:M&A

更新日:2020-09-24

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?