M&A大手、ストライクが7月11日から仲介契約時の着手金を無料に

目次

M&A(合併・買収)仲介大手のストライクは7月11日から、仲介の契約時に受け取っていた「着手金」を無料にする。

M&A業界では、会社の譲渡を希望する「売り手企業」から着手金を徴収するのが一般的。

仲介サービスのハードルを下げる

従来はストライクも資産総額の大きさに応じて100万~300万円を受け取っていた。スタートアップ企業やM&Aを通じた事業承継を検討している中小企業の経営者の仲介サービスへのハードルを低くし、新規契約の増加を目指す。

M&Aの敷居が低くなれば、企業の資本集約を通じた中小企業の生産性向上を後押しする可能性もありそうだ。

資産総額に応じて着手金を徴収していた

ストライクは中小企業の事業承継やスタートアップ企業などを中心に、年間で100組超、200件超のM&Aを成約させている。

従来は、仲介依頼の契約を結ぶ際に、資産総額が10億円以下の場合、100万円、10億円超〜50億円の場合は200万円、50億円超の場合は300万円の着手金を徴収していた。

ただ、「実際に買い手企業を見つけてもらえるのか」「手元資金が少ない」などの理由から、着手金を支払うことをためらう譲渡希望企業も一部にある。

特にスタートアップでは、成長期待が高いにもかかわらず、資金が乏しい企業も多く、着手金の存在がM&Aの最初のハードルとなっていた。

基本合意報酬の方式へ変更

このため、ストライクは譲渡希望企業と買収を希望する企業を引き合わせ、M&Aの基本合意を結んだ時点で「基本合意報酬」を支払ってもらう方式に変更する。

基本合意報酬の料金体系は、従来の着手金と同じにし、成約した際の「成約報酬」の体系も従来から変更しない。

少子・高齢化や団塊の世代の大量退職などを背景に、中小企業では後継者不在の問題が深刻になっている。

M&Aを通じて事業を承継する動きも増えている。着手金無料化により、「会社を譲渡したい」と希望する企業は、M&Aの基本合意までお金がかからない。

仲介サービスの使い勝手が良くなり、中小企業の事業承継の促進にもつながるとみられる。

提供:M&A Online(株式会社ストライク)

更新日:2021-07-07

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?