経営課題を解決するM&A活用法

M&Aマガジン

 
M&Aマガジン HOME > 経営課題を解決するM&A活用法

経営課題を解決する
M&A活用法

経営課題を解決するM&A活用法

会社買収は、経営戦略として検討したい選択肢のひとつです。なぜなら、新規事業を立ち上げるにせよ、既存事業を拡大するにせよ、目標達成までに掛かる時間やコストを高い確率で節約できるからです。

こちらのカテゴリでは、会社買収を検討しているオーナー向けに、M&Aを活用する方法を解説しています。

経営課題を解決するMA活用法

会社買収のメリットとは

買収は短期間で会社を成長させる起爆剤になりうる

経営課題を解決するM&A活用法 経営課題を解決するM&A活用法

会社買収で得られるメリットは、ケースによりさまざまです。

たとえば新規事業に参入する場合、すでにその事業で成果を上げている会社を買収すれば、人材や取引先、ノウハウといったさまざまな経営資源をまとめて手に入れることができます。目標達成までの道のりを大幅に短縮することも不可能ではありません。

また、創業間もないベンチャー企業や中小企業が、大手顔負けの技術やサービスを保有しているケースもあります。経営戦略に合致した買収先を選べば、将来有望な事業を、安価に手に入れられる可能性もあります。

ノウハウや人材、販路を一気に確保できる

会社買収により必要な設備や人材を確保することで、効率的に成果を上げることができます。合併後の事業戦略の立案は、取引を執行するM&A専門会社が支援してくれます。

金融機関の融資も期待できるため、新規事業のために用意した軍資金で会社買収を行うことも検討する価値はあるでしょう。

事業拡大に掛かるさまざまなハードルをスキップ

同業他社やシナジー効果が見込める企業を買収することで、事業拡大に掛かる時間とコストを大幅に削減することができます。

企業の買収はセンシティブな問題ですが、買収側、被買収側、双方のメリットが合致すれば、必ずやポジティブな結果が得られるはずです。

同業他社の買収でシェアを急拡大

業界1位に対抗するため、下位の同業企業が合併する、というケースも増えてきました。合併と買収は少し違いますが、理屈は同じです。同業他社を買収することができれば、自社で努力するよりもずっと効率的に、市場シェアを拡大することができます。

設備や人材、ノウハウを共有することによるシナジー効果が見込めるほか、規模の経済性によって、トータルコストを抑えるといったことも可能になってきます。

大きな挑戦のための会社売却

これは売却する側の話ですが、何か目的とする事業があり、その事業を行うための資金を集める手段として、他社に自社(または自社の一部の事業)を買収してもらうケースもあります。

いわゆる連続起業家(シリアル・アントレプレナー)は、立ち上げた会社を次々と売却することでまとまった資金を作り、次の事業展開のための大きなチャレンジを行います。会社という投資商材を自身で作り、それを育ててお金に換えているわけです。

会社買収がもたらす
メリット・デメリットのまとめ

後継者不在の企業を救うためのM&A

経営課題を解決するM&A活用法 経営課題を解決するM&A活用法

会社買収にネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし上手に行えば、買収側、被買収側、双方にとってメリットのある話なのです。

以下に、それぞれのメリットをまとめてみます。

買収企業のメリット・デメリット

買収企業のメリットとしてもっとも大きいのは、「規模の経済性」が得られるという点です。規模の経済性とは、生産規模を拡大することで得られる収益のことをいいます。どのような企業を買収するかにもよりますが、たとえば同業他社を買収した場合、現在持っている経営資源(営業エリアや人材、販路、設備等)がほぼそのまま拡大することになります。

事業は、規模が拡大すれば拡大するほど、規模の経済性が働き単位あたりに掛かるコストが低くなります。単純に事業規模が拡大するだけでなく、同時にコスト削減もできるため得られる利益も増大します。

また、新しい事業への参入を考える場合、いちから事業を始めるにあたってのさまざまなハードルを一挙にスキップし、事業の本質的な経営課題にすぐ取り組むことが可能です。事業の多角化を図る際にも、企業買収は有効な選択肢といえるでしょう。

一方、デメリットは買収した後に本当に想定通りのポジティブな効果が得られるのか、定かではないという点です。

同業他社を買収した場合、同業だけに企業文化の違いから従業員同士が衝突しないとも限りません。また、他社と合併することを快く思わない優秀な人材が退社してしまうことも考えられます。従業員だけならまだしも、被買収企業の取引先からの反発を招く可能性もあります。

契約前に丁寧に根回しして、将来的なビジョンを共有したり、雇用条件等の共通理解を得ておかないと、実務とは違う次元でトラブルが持ち上がる可能性があるわけです。

被買収企業のメリット・デメリット

被買収企業のメリットとしてまず考えられるのが、後継者問題の解決です。

経営者の高齢化が進む日本企業は、後継者問題に直面しています。事業譲渡は、この問題を解決する有効な施策になりえます。

M&A市場は成熟しつつあり、買い手、売り手、双方に幅広い業種・業態の企業が存在しています。そのなかから、自社の企業理念に賛同し、なおかつ従業員の雇用を守ってくれる企業を探し出すことができれば、自身は第二の人生設計を組み立てる資金が得られ、会社も形態は変わりますが存続させていくことができます。

一方のデメリットは、必ずしも希望通りに会社を売却できるわけではないということです。

頼る会社によりますが、仲介会社の多くは着手金や手数料等を設けています。もし希望通りの買い手が見つからなければ、費用や手間を掛けただけに終わってしまうことも想定されます。

また、仮に買収されたとしても、求めた諸条件が履行されない可能性もあり、従業員が退職したり、会社再生へのモチベーションを失う場合もあります。

買収するにせよ、売却するにせよ、相手企業をきちんと評価した上で話を進めることが、会社の将来を大きく左右します。

事業承継に強いM&A仲介会社厳選リスト事業承継に強いM&A仲介会社厳選リスト