M&Aマガジン HOME > 経営課題を解決するM&A活用法 > 新規事業をスタートさせたい場合

経営課題を解決するM&A活用法

新規事業をスタートさせたい場合

M&Aで新規事業のスタートダッシュを実現

新規事業をスタートさせる場合、ゼロからすべての準備を整えるより、既存のものを他から持ってきて最適化した方が効率的です。そのための代表的な手法が、M&Aです。

以下に、新規事業をスタートする場合に考えられるM&Aのメリットを紹介します。

新規事業を行うならM&Aでスタートした方が良い

ほとんど持ち出しなしでスタートできる事業もありますが、多くの場合、事業を行うにはその規模に応じた資金が必要です。

注意したいのが、その資金の使い道。気がはやるあまり、他の選択肢を検討することなく、ゼロから設備を揃えようとしてしまうオーナーが少なくありません。

他から応用のできない事業であればそうするのがベストでしょうが、そうしたケースは稀です。ほとんどの場合、既存の参入者が存在します。

そして、そうした参入者の中には、後継者問題を始めとするさまざまな事情により、事業譲渡を検討している企業も含まれています。

会社を買うほどのお金はない、と思われるかもしれませんが、金融機関やその他支援機関のサポートを受ければ、用意した資金でも契約を進められる可能性があります。ゼロベースでスタートする前に、M&Aについても、十分検討されることをおすすめします。

M&Aで新規事業を始めるメリットとしては、以下のようなものが考えられます。

短期間に事業を拡大できる

すでに土台があれば、あとは事業を運用するのみです。手掛ける業態にもよりますが、ゼロからスタートするより、格段にスピーディーに事業を始めることができます。

すでに運用ノウハウを持っているスタッフ陣がいるなら、なおさらでしょう。既存のリソースと新規ビジョンを上手に融合できれば、短期間に事業を拡大することも夢ではありません。

市場への参入がスムーズ

市場によっては、新しく参入するのに高いハードルを越えなければらない場合があります。こういった場合にも、M&Aが効果的な戦略となるでしょう。

たとえばボーダフォンジャパンをM&Aで買収したソフトバンクは、技術力やスケールを受け継ぎつつ、新規にブランド化して一気に市場を塗り替えました。

綿密な戦略が不可欠ですが、ノウハウのない市場にスムーズに参入できるのもM&Aの魅力です。

自社に不足する技術を一気に確保できる

業務の一部を他社にアウトソースしている、というシチュエーションはよくあります。

しかし思い切って社内にリソースを抱えてしまった方が、将来的にプラスに働くことも少なくありません。一から人材を育てるのは大変ですが、M&Aによって吸収・合併してしまえば、不足する技術を一気に確保することができます。

シナジー効果が見込める

組み合わせによって、相乗作用が見込めるというのもM&Aの見逃せない魅力です。

どういった相乗効果が見込めるかは案件によりさまざまですが、既存事業をさらに拡大させるための戦略として、M&Aを活用している企業は少なくありません。

成長戦略を考える際などは、ぜひM&Aの可能性も考慮されることをおすすめします。

同業と合併すれば、業界No1も夢ではない

業界の3番手、4番手が合併し、一気に事業規模を拡大して1番手を脅かす、という図式も、多くはありませんが見られます。単独では遠い背中も、協力し合えば追い越せる可能性が出てきます。

一強により長く市場が独占されている業界であれば、合併による攻勢で大きなインパクトを与えることができるでしょう。

M&Aによって新規事業を好スタートした例

M&Aによって新規事業を好スタートするには、自社の戦略に適った譲渡希望企業かどうか、事前にしっかりチェックする必要があります。以下に参考事例をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

メーカー×営業会社

あるメーカーの経営者は、自社の販売力の低さを経営課題として抱えていました。技術力・開発力には自信があったものの、その魅力を上手に顧客に伝えることができず、在庫もなかなか減らなかったと言います。

減らない在庫とその管理コストによって、同社は資金不足に陥りがちになってしまいました。社長は、販売力に見合った規模に製造部門を縮小するか、販売力を強化するため新規部署を立ち上げるかの二択を迫られます。

強みである製造部門を縮小するより、販売力を強化することを選んだ社長は、経営コンサルタントに相談を持ち掛けました。すると経営コンサルタントは、コストを掛けて不確実な人材育成を行うより、販売力の強い会社をM&Aで取得した方が合理的であると提案。

同意した社長は直ちに仲介会社に連絡を取り、数カ月で合併に漕ぎつけました。

足りない営業スキルを手早く補った同社は、在庫の減少に成功し、キャッシュフローを改善。持ちまえの商品力で、順調に業績を伸ばし始めました。

繊維メーカー×事業会社

縮小傾向にある業界に不安を感じていた繊維メーカーの経営者は、新規事業への参入を決意しました。

しかし、大規模な設備投資を必要とする事業には手が出せません。メインバンクにもその旨を相談し、自社で手掛けられそうなニッチなビジネスを探していました。

そこへ、複数の事業を展開する会社が、経営資源を集中させるためにニッチ事業を手放すとの情報が。そのニッチ事業とは、継続的に利益が出ているゴルフ販売事業でした。

ゴルフ用品業界も先細りのため、最初は断ろうと思った社長でしたが、扱われているゴルフ用品の中にゴルフウェアが含まれていないことに目を付け、買収を決意。引き継いだネット通販媒体を活用し、独自開発のゴルフウェアを販売することで、既存事業とのシナジーを図りました。

新しい挑戦に従業員のモチベーションも上がり、会社がいっそう活気づいたとのことです。

ビジネスホテルチェーン×ゼネコン子会社のホテル会社

使い勝手のいい予約システムと大規模な広告費で順調に業績を伸ばしているビジネスホテルチェーンの経営陣は、あるエリアへの出店を計画していました。

そんな折、地元のゼネコン会社から、子会社が運営するホテル事業を譲渡したいとの打診がありました。その会社が経営するホテルはバブル期に建てられたもので、追加投資が必要なものの、稼働率が低いというネックが。経営資源を集中するため、シナジー効果が見込めるホテルチェーンに売却をしたい、というのです。

M&A仲介会社の尽力もあり、双方がM&Aのおかげで企業価値を高めることができたと言います。

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/