短期間で事業を拡大したい場合

M&Aマガジン

 
M&Aマガジン HOME > 経営課題を解決するM&A活用法 > 短期間で事業を拡大したい場合

経営課題を解決するM&A活用法

短期間で事業を拡大したい場合

コストを抑えてスピーディーな事業展開を実現

企業買収を上手に行えば、新規事業の展開に伴うさまざまなリスクを軽減できるほか、目標達成までの時間を大幅に短縮することが可能です。

それと同時に相応のノウハウも求められますが、信頼できるアドバイザリーを見つけることができれば、効果的に事業を拡大することができます。

M&Aによる企業買収で事業成長を後押し

事業を立ち上げ、成長させるためには、さまざまな困難が伴います。設備の整備や、実務フローの確立とその人材教育など、事業を軌道に乗せるために遂行しなければならない項目が山積みです。

さらに、効率的に業務を進めるための環境づくりにも、膨大な時間を費やします。自社だけで事業を拡大するには、確かなビジョンと、従業員の地道な努力が求められます。

しかし、資金に余裕があるなら、別の選択肢を選ぶことも可能。それが企業買収です。

すでに同様の事業を手掛けていたり、関連する事業を手掛けている企業を吸収・合併できれば、販路、人材、ノウハウ、取引先、等々、さまざまな経営資源を一挙に手に入れることができます。自社で一から育てるよりも、ずっと効率的に事業を拡大することが可能です。

市場シェアを拡大できれば、事業収入も増えます。企業買収には相応の資金が必要ですが、よほどの大失敗をしない限り、長期的にはプラスに作用するでしょう。

企業買収の方法について

企業買収で事業を拡大する場合、大まかに2つの方法が考えられます。

1つ目は、同業他社の買収です。

たとえばエリアAを主な商圏とする企業があったとします。業績が順調に伸びて、エリアBへの進出を考えたとき、エリアBに支店を作って、顧客を開拓していくことは容易ではありません。

好業績の企業が買収に応じることはない、と思われるかもしれませんが、後継者不足や市場の縮小に悩み、好調でありながら事業譲渡を望む経営者が増えています。そのため、買収を受け入れてくれる可能性は十分にあります。

また、下位企業が、業界一位に対抗するため合併して一気に規模を拡大する、というケースも考えられます。

同業だけあって、合併に伴う軋轢も想定されますが、それはやり方次第。被買収企業のことを尊重して、合併による双方のメリット・デメリットを擦り合わせれば、単純な足し算ではない相乗効果が期待できるはずです。

2つ目が周辺事業の買収です。

たとえば資本力のある食品メーカーがあったとします。自社商品の魅力を顧客に伝え、地道に販路拡大を図るよりも、外食産業を買収したり、資本事業の提携を行ってシナジー効果を生み出した方が、効率的に業績を伸ばすことができるでしょう。

本当にシナジー効果が見込める事業かどうか慎重な判断が必要ですが、既存事業には含まれておらず、かつ自社のノウハウが生かせる事業を選択すれば、それを手掛ける企業を買収することで、スピーディーな事業展開が可能になります。

買収にあたって注意したいポイント

事業を拡大するにあたって、企業買収は有効な戦略になりえます。

ただし、注意しなければならないポイントも少なくありません。

たとえば企業買収を行う場合、事前に得られる情報は非常に限られます。その中から必要な情報を読み取り、買収によって得られるメリットをシミュレーションや、買収後に起こり得る課題の解決方法を考えねばなりません。

また、企業買収とは、買収した企業の価値を引き継ぎ、そこに新たな付加価値を創出することだといえます。単なる数値だけのシミュレーションを行っても、相手企業の従業員はもちろん、自社の従業員からの賛同が得られない可能性もあります。

企業買収は、うまく行えばメリットが大きい反面、人と人の思いが絡む、非常にセンシティブな案件なのです。

M&Aを行う場合、基本的には専門会社に依頼して諸手続きを実行してもらうことになります。そうした専門家を選ぶときは、豊富な実績を持ち、かつ企業同士、人と人同士のことまで、深く踏み込んで事業戦略を練ってくれるかどうかも、しっかり検討する必要があります。

企業買収で事業拡大に成功した事例

参考までに、企業買収によりスピーディーな事業拡大に成功した事例を3つ紹介します。

調剤薬局×調剤薬局

2017年4月に調剤報酬が引き下げられた影響により、業績悪化に悩まされる調剤薬局が増えています。

A社も例外ではなかったのですが、ある程度資金に余裕があったこと、企業買収により成長が見込めるストーリーを描けていたことなどから、企業買収を実行。

買収対象は、11店舗を運営するものの、後継者不在に悩んでいたB社でした。ただ、B社が展開する店舗が多かったこと、業界の中で戦略的に重要なエリアに出店していたことなどから、複数社の買い手と競合することに。

A社はできるだけ好条件を提示し、「従業員のため、急激な変革はせず、一定期間B社のやり方を維持してほしい」というB社の意思を尊重。無事成約に至りました。

企業買収により、A社は一気に商圏を広げ、B社は従業員の雇用を維持することができたのです。

福祉用具レンタル会社×福祉用具レンタル会社

福祉用具レンタル事業大手のA社は、さらに事業規模を拡大するための戦略を模索していました。そこに、中小ながら自社がカバーしていないエリアに展開している同業B社の売り情報が。

B社の商圏が、A社が事業を拡大する中で絶対に確保しておかなければならないエリアだったこともあり、かなりの好条件を提示。無事成約へと至りました。B社の顧客をスムーズに取り込むため、事業譲渡ではなく、吸収分割を選択。事業を拡大したいA社と、経営資源の一極集中を図りたかったB社、双方の課題が一挙に解決することとなりました。

マンション管理会社×マンション管理会社

マンション管理会社として、長年安定した経営を続けてきたA社でしたが、社長の健康上の理由により事業の継続が難しくなり、また後継者もいなかったことから競合他社への事業譲渡を決意した。

経営上、大きな問題もなく、むしろ優良企業であったことから、複数の買い手がつくことに。

トップ面談の結果、もっとも印象が良かったB社をピックアップ。B社はこれまでにもM&A案件を手掛けており、合併のノウハウに長けていたため、合併後も大きなトラブルなく事業の継続が実現しました。

双方のノウハウを共有することで、マンション管理会社としてのサービスをさらに洗練させたといいます。

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/