M&Aマガジン HOME > M&Aコラム > 企業買収を成功に導くための最初の一歩は相場の把握

M&Aコラム

買収価格が想定以上に高額となった場合などは、買収を断念せざるを得ないケースも出てきます。そのため、企業買収を成功させるには、買収に必要となる相場感を早期につかむことが大切です。ここでは、企業買収を行う際の最初の一歩となる、相場の把握について解説していきます。

M&Aにおける相場とは

M&Aにおける相場とは、買収あるいは売却のおおよその価格のことです。買収を検討している企業であれば、買収交渉を進めるにあたり最も関心が高いのは買収価格といえるでしょう。

最終的な買収価格の算出の前に相場を把握しておけば、資金面での心配は小さくなります。また、万が一予想以上の金額提示があった場合でも、落ち着いて交渉に挑むことが可能です。

さらに、相場感の早期の把握は、予算に応じた買収先の選定ができるようになるというメリットもあります。では、実際に買収価格の相場は、どのように算出すればよいのでしょうか。

買収価格の相場を把握する方法

もっとも簡単なのは株価から算出する方法です。しかしこれは上場企業にしか使えません。そのため未上場の中小企業の場合は、一般的に別の方法が採られます。相場の把握方法には以下のようなものがあります。

修正純資産法

資産と負債を時価換算し、その差額をもって株式価値とする方式です。将来の収益性は加味されませんが、計算が簡単であるため頻繁に用いられます。

DCF法(Discount Cash Flow法)

そして引き渡し時期の明確化も重要です。これで条件面の交渉はほぼ完了となります。

類似会社比較法

株価から株式価値を算出することが容易である点に着目し、同業の上場企業の株式価値と比較して、自社の株式価値を算出する方法です。市場の評価もある程度織り込んだ株式価値を算出できます。

M&A仲介業者の手数料の相場

買収にあたりM&A仲介業者を利用する場合は、M&A仲介業者の手数料相場も把握しておきましょう。

M&A仲介業者は、成功報酬として手数料を求めることが一般的です。買収金額の1%から10%程度が手数料の相場となっています。

そのため、買収金額によっては数%の違いが数千万円の違いになることもあります。M&A仲介業者の手数料率は、早めに確認すると良いでしょう。

結論

企業買収を成功に導くためには、相場を早期に把握することが重要です。M&Aにおける相場は、買収先企業の買収価格と仲介業者の手数料の2つに大別されます。どちらも買収交渉の早い段階で確認し、手続きを進めるようにしてください。

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

             
比較項目 日本M&Aセンター M&Aネットワークス
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
中間報酬 不明(要問合せ) 無料
成功報酬 対象資産額の1~5% 譲渡対価より算定
※総資産からの算定よりもリーズナブル
成約までの
スピード
6ヵ月~数年 2ヵ月~数年
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
M&Aネットワークス公式サイト
https://es-ma-networks.jp/