売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

FUNDBOOK(ファンドブック)

FUNDBOOK
引用元HP:FUNDBOOK
https://fundbook.co.jp/
プラットフォーム×コンサルによる次世代型M&Aによる好条件マッチング

FUNDBOOKは、2017年、東京で創業したM&A仲介会社。従来からある通常のM&A仲介会社のサービス形態に対し、次世代型と言われる新たなサービス形態を開発し提供する、業界のフロンティア的な存在として知られています。

通常のM&A仲介会社は、担当者と企業オーナー等とが直接話し合うことでM&Aを成立させる「コンサル型(対面型)M&A」か、または、WEB上の案件マッチングを中心にM&Aを成立させる「WEB型M&A」のいずれかを採用しています。一方でFUNDBOOKは、両形態をハイブリッドさせた新たな形態のM&A仲介サービスを考案。これにより、「コンサル型M&A」と「WEB型M&A」が持つそれぞれの弱点を克服することに成功しました。

FUNDBOOKが行っているM&Aサービスの概略は次の通り。まず、WEB上に登録された数千社にもおよぶ譲受企業(買いたい)に対し、譲渡企業(売りたい)は自社の企業情報を同時配信。譲受企業からのオファーを受けた時点から、FUNDBOOKの対面式M&A仲介サービスが始まります。

M&A仲介サービスを行うスタッフは、公認会計士やM&Aのベテランコンサルタントなど、M&A業界を知り尽くした専門家のみ。譲受・譲渡の両企業との間における交渉や契約等の難しいプロセスを、専門家が力強くサポートします。

単にM&A成立までの過程をサポートするのではなく、成立後の経営発展を見据えたマッチングを提供することもFUNDBOOKの大きな特徴。そのため、他社では決して同じテーブルに乗ることのない異業種同士でのM&Aも、FUNDBOOKでは積極的に推進しています。

サービスの対象企業は、地方の後継者不在問題を抱える中小企業から大手の上場企業まで制限なし。業種の種類にも制限はありません。

FUNDBOOKの創業者である畑野幸治氏は、自身がM&Aによって企業拡大を成功させた経験を持つ著名な実業家。大学在学中にインターネット広告事業を興し、のち2度にわたる自社の株式譲渡で資金を拡大。この自己資金を投じる形で、現在のFUNDBOOKが生まれました。

幼少期、父親が務めていた山一證券破綻を経験した畑野氏。生活苦の中で自身も家族を支えてきた経験を持つからこそ、勤務先が破綻することの苦労と怖さを体で知っていると語ります。後継者不在問題を抱える企業オーナーに対し、廃業ではなくM&Aという手段を強く推奨する方針は、畑野氏の幼少期からの実体験が背景にあるのでしょう。

FUNDBOOKの
M&Aサービスの特徴

特徴

数千社もの譲受企業が登録。アプローチ&オファーがスムーズに行える

好条件なM&Aがスピーディーに行われる、独自開発のプラットフォーム

FUNDBOOKが独自開発をしたプラットフォーム最大の魅力は、数千社にも及ぶ譲受企業に対し、一斉にオファーを送ることができる仕組みです。また譲受企業も、登録した希望条件をもとに譲渡企業を検索してオファーを出す環境が整えられていますから、積極度の高いオファーや複数企業からのオファーが多く、高額売却など譲渡企業が有利な条件でのM&Aが発生しやすくなっています。スピーディーかつスムーズにM&A交渉を進めることができます。

特徴

プラットフォーム×コンサルで新しいソリューションが広がる

M&Aを知り尽くしたスタッフによる経営者目線の提案

プラットフォームで条件の合う企業を見つけた後、交渉から契約締結、経営統合までは、譲渡・譲受企業の双方にとってより良い条件での契約となるよう、FUNDBOOKに所属するM&Aの経験・知識が豊富なスタッフの手厚いサポートが受けられます。

もちろんマッチング自体の相談も可能です。プラットフォームの条件によるマッチングと、プロ目線での先を見据えた提案を組み合わせることにより、まったく新しいソリューションを生み出すことに成功。例えば、「電気通信工事業者×商社」のマッチングで、新たな販売商品・ルートを獲得する提案力、「老舗食品会社×自動車関連」「インテリア関連×ソフトウェア」など、多彩な異業種同士のかけ合わせで企業の成長に繋がるM&Aを追求します。

特徴

事業承継に悩む企業に寄り添う

経営者の心と従業者の幸せを追求したM&Aの実現

FUNDBOOKは企業理念の一つに「経営者や従業員が幸せになれるM&A」を掲げています。代表の畑野幸治氏がご自身の経験から得られた“会社という存在が人の生活にどれほど深く食い込んでいるのか理解する”思想が強く表れた理念です。

廃業以外の選択肢としてM&Aを広めることを目的にFUNDBOOKを設立したという氏の理念を受け継ぎ、M&A後の成長や収益を念頭においた提案をするポリシーを、全てのコンサルタントが貫いています。だからこそ、社員や社員の家族の幸せまでを考えたM&Aが実現しているのです。

着手金

他の多くの同業他社とは異なり、fundbookでは着手金を無料としています。スタート時点でのコストがかからないことで、M&Aを検討中のオーナー社長は、気軽に相談を開始することができるでしょう。
ちなみに着手金とは、M&Aアドバイザリー契約を結んだ時点で支払うコストのこと。M&A成立の成否に関わらず、一度支払ったら返金されない性質のお金です。
着手金の相場は、小規模な店舗のM&Aであっても数十万円。大規模な企業の場合には数百万円になることも珍しくありません。

成功報酬

fundbookでは、時価総資産額に応じて報酬率が変動する「レーマン方式」の成功報酬制度を採用しています。具体的には、譲渡資産対象の時価総額が5億円以下の部分には料率5%、5億円超~10億円以下の部分には料率4%…、といった具合に、時価総資産額が高くなるほど料率が徐々に下がっていきます。
なお同社では、この「レーマン方式」で算定した成功報酬のうち10%を「基本合意」の段階で請求し、残り90%を「最終合意」の段階で請求するシステムとしています。

最低手数料

fundbookの公式HPでは、最低手数料に関する記載がありませんでした。
基本的に同社ではレーマン方式(時価総資産額を基準にした報酬率)を採用しているため、理屈の上では、時価総資産額が低い会社ほどM&A仲介手数料は安くなります。ただし、たとえレーマン方式を採用する仲介会社であっても、最低手数料を設定していることは普通。fundbookでも最低手数料を設定していると思われるため、詳細を知りたい方は同社まで直接お問合せください。
なおfundbookが公式に発表しているコラム記事内では、業界における最低手数料の額を「500万円~2500万円」と説明しているようです。

その他付帯サービス

fundbookでは、専門の担当者によるM&Aアドバイザリーサービスの他にも、オンライン上にM&Aプラットフォームを設置。プラットフォームを利用しつつアドバイザーからの助言を得られるという、なかなか同業他社には見られない独自のサービスを提供しています。
プラットフォームを通じ漫然と相手先を探すのではなく、プラットフォームも含めた様々なチャネルからもアドバイザーが相手先を探してくれる仕組み。的確かつスピーディなM&A成立が期待できます。

fundbookの事業を徹底分析!

基本合意までコストゼロ!M&A検討中の方は気軽にご相談を

専門アドバイザーによる手厚いサポート、そして、プラットフォームを活用した効率的な相手先検索システム。着手金も含め基本合意が締結されるまでコストはゼロなので、M&Aを検討しているオーナー社長は、fundbookまで気軽に問い合わせてみはいかがでしょうか?

M&Aアドバイザリーサービスの流れ

fundbookでは、次のような流れでM&Aアドバイザリーサービスを提供しています。

1.専門アドバイザーによる詳細なヒアリング

M&Aの基礎知識を提供するとともに、会社の状況の概要やお悩みを詳細にヒアリングしてM&Aの必要性を判断します。M&Aが必要で、かつ相手先が見つかりそうだと判断された場合、次の段階に進むことを提案します。

2.売却企業の魅力を最大限に引き出す資料の作成

M&Aを進めていくことが決まったら、専門アドバイザーが、売却予定企業の魅力を最大限に引き出すための資料を作成します。譲受の候補企業向けの資料です。

3.最大4,000社の候補先への打診

fundbookと取引のある譲受候補会社は最大4,000社。同業社同士のM&Aはもとより、たとえ異業種同士であっても成長が見込めるようであれば、既成概念にとらわれることなく積極的に仲介。意外な巡り合わせでM&Aが成立することも珍しくありません。

fundbookの魅力ポイントは?

アドバイザリーとプラットフォームのハイブリッド型M&Aサービス
基本合意まで費用が一切かからない明朗料金システム
M&A成約までアドバイザーがワンストップでサポート
相手先に魅力を訴える「企業概要書」の作成サポート

fundbookの最大の魅力は、アドバイザリー型とプラットフォーム型のM&A仲介業務をハイブリッドさせたことに尽きます。一般にM&A仲介会社は、専任のアドバイザーがM&A成約まで手厚くサポートしてくれるアドバイザリー型か、もしくは、「買いたい」「売りたい」の情報をweb上で掲載するプラットフォーム型のどちらかの形態を取りますが、fundbookでは、両方の形態をミックスした形でM&A仲介サービスを提供しています。この独自のシステムを導入したことで、M&Aの合意の質が上がり、かつM&A成約までのスピードが加速されました。

口コミ・評判

担当者のおかげで、前向きな気持ちでM&Aに臨めました

自分にとっては初めてのM&A。最初は不安だらけだったのですが、fundbookのアドバイザーの方が何度も電話や面談でフォローしてくださったおかげで、小さな不安が少しずつ解消していった感じですね。不安が解消されていくと同時に、逆に大きな安心感が育っていった感じです。
会社を手放すとなると、時にはセンチメンタルな気分にもなってしまうことがあるのですが、そのようなネガティブな気分を排除して本質的な部分に目を向けるよう導いてくださったのも、fundbookの担当者でした。前向きな気持ちでM&Aを進めることができたことに、本当に感謝しています。

fundbookに会ってわずか2ヶ月でM&Aが成立

地域で調剤薬局をやっていたのですが、後継者がいない状態で60代を迎え、店を閉じるか否かを考えていました。ところが既存の患者さんたちから、店をやめないで欲しいとの声が多く上がったため、fundbookを通じた売却を決意。アドバイザーさんからの「相手は見つかりますよ」との言葉を信じ、仲介をお任せしました。
結果、fundbookさんに初めてお会いしてから約1ヶ月で、買い手企業の社長様と面談する運びに。「在宅医療に力を入れていきたい」との私の想いに共感していただき、無事、円満にM&Aが成立しました。
わずか2ヶ月でのスピードM&Aは、fundbookさんならではの力量と言えるでしょうね。

会社売却とは、従業員に責任を果たすこと

M&Aと聞くと、「経営者としての敗北」や「お金のための身売り」などマイナスのイメージがあったのですが、fundbookの担当者の話を聞くうちに、そのような考えはなくなっていきました。
墓場まで会社を持っていくという気骨は、経営者としては本望かもしれませんが、従業員に対しての責任ある態度ではありません。後継者がいないのであれば、M&Aを通じて事業を継続させ、従業員の雇用を確保することが大事だ、と思うようになりました。
fundbookのおかげで、信頼できる相手先とM&A合意に至ることができました。これで従業員にも責任を果たせた、と感じています。

fundbookへの問い合わせ方法

fundbookでは、同社公式サイトの「問い合わせフォーム」および電話(フリーダイヤル)にてM&Aに関する問い合わせを受け付けています。公式サイトのトップページ上段右上にある「お問合せ」をクリック。登場した画面に会社名、会社URL、売上規模、担当者氏名、電話番号など、指定の必須項目に入力のうえ送信ボタンをクリックしてください。後日、担当者からメールまたは電話にて折り返し連絡が入ります。電話での問い合わせは0120-261-438となります。電話受付時間は9:00~19:00。番号の掛け間違いのないように注意しましょう。「お問合せフォーム」でも電話でも、自社の譲り渡しと他社の譲り受け、どちらの相談にも対応しています。

FUNDBOOKは、
このような会社に
おすすめです

FUNDBOOKをおすすめしたいのは、スピード感をもって好条件でのM&Aを成功させたい中堅・中小企業です。

プラットフォーム×コンサルの相乗効果による多角的な提案

FUNDBOOKはプラットフォームによるスピード感のある企業同士のマッチングと、コンサルによる多角的なサポートと提案の相乗効果による、新しい形のM&Aを提唱する企業です。契約をしたその日から、最短工数で企業へ直接アプローチができる、煩わしい契約に関してはプロの手に委ねられるなど、スピードを重視し、スマートにM&Aを行いたい中堅・中小企業に最適だといえます。 その上でM&Aの条件自体も高水準で保たれているため、まず相談をしてみるべき仲介企業の1つといって間違いないでしょう。

事業承継に悩む企業にもおすすめ

FUNDBOOKは上記の譲渡事例が示すように、多くの中小企業が直面する事業承継問題の解決を強く意識しています。M&Aにかかるコストを最小限かつ合理的に設定しているのは、今後さらに深刻化する後継者不足に悩む企業に対応する経営姿勢をもっているといえます。

譲渡事例からみえるのは、合併する企業同士がお互いの組織の将来像を共有し、当該社員が最小限のストレスで合併後の業務を行えるような組織融合を大事にしていることが窺えます。

従業員を守れる形でM&Aを支援してくれるという点は、事業承継に悩む経営オーナーにとって大きな魅力となるのではないでしょうか。

【こちらもおすすめ】失敗しない選び方を解説
M&A仲介会社を徹底比較

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

FUNDBOOKのM&A事例

FUNDBOOKが手掛けたM&A事例を以下に紹介します。

譲渡事例

IT業界におけるM&A事例

譲渡企業
Web制作会社
譲受け企業
ITソリューション企業
プラットフォームの活用により、新しい会社の方向性を見出す

立ち上げから経営に携わってきた役員の退職をきっかけに、経営の方向性を模索していたころ、当初M&Aは検討していたなかったませんでしたが、その中でたまたまFUNDBOOKから問い合わせを受けました。譲渡候補先のリストが、業務上でシナジーのありそうな候補先ばかりで、M&Aを前向きに検討することに。

ITという移り変わりの激しい業界のため、スピード感を持ってM&Aを進めたく、「3ヵ月以内に成約」という条件を設けてのスタートでした。

さすがに厳しい条件かと思っていましたが、プラットフォームを活用することで、自社からのアプローチや相手企業からのオファーが多数発生。最終的に短期間で数十社からお話を伺うことができました。

実際に30社ほどとお話しさせていただいた中で譲渡先として選んだ会社は、最初から最後まで企業のビジョンが一貫していることに魅力を感じました。好条件な譲受候補先は他にもありましたが、そのブレない姿勢に経営への信頼が持て、そちらの会社を選ぶことに。

プラットフォームによりたくさんの企業さんとお話をさせていただいたからこそ、自社にとって何が大切であるかが見極められたと感じています。結果として3ヵ月以内の成約にも成功し、満足度の高いM&Aとなりました。

譲渡事例

不動産業界におけるM&A事例

譲渡企業
不動産会社
譲受け企業
不動産会社
会社のさらなる成長のため遠隔地の同業他社に事業譲渡

誠実で優秀な営業マンだったAさんは、独立して地域密着型の不動産会社を立ち上げました。15年ほどは業績が右肩上がりだったものの、従業員が増えるにつれて成長が鈍化。人材教育の難しさを痛感することに。業績を伸ばそうと広告を打とうにも、継続的に行うには資金不足でした。

成長を諦めきれなかったAさんは、M&Aを決意し、「自社さらに成長させてくれる」「従業員の雇用を守ってくれる」この2つを条件に、相手企業をリサーチ。シナジー効果の見込める隣県の大手同業他社を選定しました。

Aさんの強い熱意が通じて、契約は成立。譲受企業は新エリアへ進出でき、Aさんの会社は体系化された教育ノウハウと潤沢な資金によって、再び成長を始めることができました。

譲渡事例

印刷業界におけるM&A事例

譲渡企業
特殊印刷会社
譲受け企業
総合印刷会社
後継者不足の専門会社を大手同業会社に引き継ぎ

PP加工や箔押しなど、印刷物の特殊加工を手掛けるCさん夫婦は、後継者不足に悩んでいました。市場縮小が続く業界だけに、候補者が寄り付かなかったのです。そんな折、弁護士から中小企業が大企業と資本提携して存続した事例を提示され、M&Aに興味を持つことに。

「会社を存続させてくれる」「中高年の従業員の雇用を守ってくれる」ことを条件に、相手企業を探しました。

すると、他エリアで、Cさん夫婦の会社が手掛ける特殊印刷を外注に回している会社を発見。Cさんの会社が、赤字のない優良企業だったこと。規模が小さく、投資としても低リスクだったこと。また、自社に事業部があれば、納期短縮、コスト削減のメリットが大きいことなどから、契約成立。

双方に理想的な形で、話をまとめることができたといいます。

譲渡事例

調剤薬局業界におけるM&A事例

譲渡企業
調剤薬局
譲受け企業
調剤薬局
会社存続のため他エリアの同業他社へ事業譲渡

調剤薬局に数年務めたのち、独立して地域の調剤薬局として長年営業を続けてきたDさん。しかし自身が年を重ねるたび、会社の先行きに不安を感じるように。

M&Aについて検討し、いくつかのM&A仲介会社と面談する中でFUNDBOOK営業マンと邂逅。無理な条件を2つ返事で検討してくれ、その後の行動にも誠意が見られたことから、二人三脚で譲受企業を探すことに。

その後、他エリアの同業他社をピックアップし、双方にM&Aによってどういったメリットが得られるのか、それぞれの企業の魅力を伝えてマッチングを行ったといいます。

M&A後、自分の会社がどうなるのかを具体的にイメージできたDさんは、「会社を売る」のではなく、「バトンを繋ぐ」という意識で、気持ちよく事業譲渡を行いました。

譲渡事例

医薬品業界におけるM&A事例

譲渡企業
調剤薬局
譲受け企業
調剤薬局チェーン
小豆島の地域医療を存続させた友好的M&A

香川県小豆島で調剤薬局を営んでいたAさん。薬剤師として定年まで勤めあげた病院を退職後、商売ではなく地域医療に貢献する薬局を開局したいと、場所に小豆島に選びました。

ところが退職後に開いたという事情もあり、やや年齢面などからの無理が生じることに。廃業も選択肢の一つに考えつつ、FUNDBOOKに売却を相談しました。

一方、関西で薬局チェーンを展開するB社長。祖父母が小豆島出身で何度も足を運んだことがあり、かつ、将来は小豆島にも薬局を開きたいと考えていました。

双方の面談がFUNDBOOKを通じて実現。常連の患者さんへのフォローが続くこと、従業員の雇用が確保されること、そして何よりB社長が持つ「地域医療の存続」への熱意に打たれたAさんは、B社長に薬局を売却することを決断しました。双方の希望がマッチした理想的なM&A成約となりました。

譲渡事例

機械製造業におけるM&A事例

譲渡企業
機械設備製造企業
譲受け企業
物流企業
初回面談からわずか52日間でのスピード成約

創業以来30年以上にもわたり、長野県で機械設備製造を行ってきたC社。当初は経営が順調だったものの、リーマンショックを境に経営が斜陽化。以来数年が経ち、会社を存続させて従業員の雇用を確保するためには、設備投資が必要な段階に入っていました。

しかしながらC社の社長には、設備投資をしても会社を立ち直らせる自信がありませんでした。加えて、年齢的なこともあり、新たな設備投資には消極的でした。

C社社長は、従業員の雇用を守るために第三者への売却を決意。FUNDBOOKから紹介された京都の老舗物流会社D社と交渉を進め、初回面談からわずか52日間でのスピード成約に至りました。

事業拡大に対するD社の熱意と従業員の雇用保証に対し、C社社長は強く心を打たれたとのことです。

譲渡事例

医薬品業界におけるM&A事例

譲渡企業
調剤薬局
譲受け企業
調剤薬局チェーン
売却側の条件を全て受け入れてくれた買収企業

京都にある老舗の調剤薬局E社。薬剤師でもあるオーナー自身が高齢になってきたこと、また、後継者不在による将来の経営への漠然とした不安から、第三者への売却を検討してFUNDBOOKに登録しました。

休みなしで働いていたE社のオーナー。FUNDBOOKまで足を運ぶ時間がなかったことから、FUNDBOOK担当者は京都にあるE社まで足を運んで様々なヒアリングを実施しました。

この売却案件に名乗りを上げたのが、大阪に本社を持つ調剤薬局チェーンのF社。F社は、E社オーナーの条件を全て受け入れ、既存の従業員を始め全ての人がハッピーになれるM&Aを約束。無事、友好的なM&Aの成立へと至りました。

FUNDBOOKの
会社概要

会社名 株式会社FUNDBOOK
設立日 2017年8月7日
代表 畑野 幸治
資本金 10億円
事業内容 M&Aプラットフォーム事業/M&Aアドバイザリー事業
URL https://fundbook.co.jp
本社所在地 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー24F
お問い合わせ先 0120-261-438
   

種類別に見る
M&Aおすすめ企業

M&Aを成功に導く立役者となる仲介会社。ひとくちにM&A仲介会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって選び方は変わってきます。ここでは、サービスの違いから「売り手専門アドバイザリー型」「仲介型」「データマッチング型」と分け、それぞれの特徴を紹介。まずは、各型の代表ともいえる3社の早見表から見ていきましょう。

比較項目                        
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
トランビ
公式HP
サービス形態 売り手専門アドバイザリー型 仲介型 データマッチング型
サービス範囲 相談~統合(PMI)まで 相談~統合(PMI)まで 売り手・買い手が直接交渉のため、基本サポートなし
※サポートは有料オプション
相談料 無料 無料 無料
※専門家コース有料(初期費用10万円~、月額5万円~)
企業価値算定
(売却額の見積り)
無料 有料
(成約すれば無料)
無料
※専門家コース有料(50万円~)
着手金 無料 有料
(要問合せ)
無料
中間報酬 無料 不明
(要問合せ)
無料
成功報酬
譲渡対価より算定
対象資産額より算定
無料
※専門家コース270万円~
公式HP                        M&Aネットワークス
https://es-ma-networks.jp/
                       日本M&Aセンター
https://www.nihon-ma.co.jp/
                       トランビ
https://www.tranbi.com/

事業承継・会社売却・
M&Aの仲介会社比較

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ