株式会社ストライク

ストライクのメディア「M&A Online」M&Aの初のデータブックが発売へ

目次

概要

M&A仲介大手のストライクが運営するM&A Onlineは、初めてのデータブック「M&A年鑑2021」を1月29日に発売する。2020年の上場企業による約850件に上る全M&A(適時開示情報ベース)のデータを網羅するとともに、金額上位50ランキング、海外M&A、業種別、スキーム別、都道府県別、子会社・事業の売却、TOB(株式公開買い付け)など様々な角度から解説。上場企業のM&A動向を丸ごと押さえられる。ムック形式で182ページ。価格は1760円(税込み)。

M&A Onlineは2015年7月にスタート以来、上場企業に義務付けられている適時開示情報のうち、経営権が移転するM&A(グループ内再編は除く)を集計している。日々蓄積されるデータをいわばイヤーブック(年報)として整理し、分析した。

インタビューも注目

2020年のM&Aを数字などデータで総括したうえで、識者インタビューでは米大手投資銀行ゴールドマン・サックス出身で早稲田大学大学院客員教授の服部暢達氏、中小企業庁次長の那須野太氏が2021年のM&A展望などを語る。また、製造業、IT・ソフトウエア、小売業など主要6業界についてはそのM&A動向を掘り下げた。

今回初となる「2021年版」では、前年(2020年)に発表された849件のM&A案件をすべて収録。日付順に、記事本文のほか、買い手・ターゲット・売り手、取引金額、スキーム(株式譲渡、会社分割、事業譲渡など)、業種がひと目で分かるように工夫されている。

更新日:2021-02-08

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?