「コロナ禍は変化のチャンス」出井・ソニー元会長 ストライクのセミナーで講演

目次

クオンタムリープの出井伸之会長(ソニー元会長)は8月26日、M&A仲介大手のストライクのM&Aセミナーで講演し、新型コロナウイルスの感染拡大について「日本が変われるチャンスだ」と指摘した。

同氏は「改革には技術革新やパラダイムシフトが必要で、日本はまだモノづくり(だけが得意な国)から脱することができていない」とも述べ、経済・社会の改革の必要性を訴えた。

出井氏は講演で、近代日本は、1945年の第二次世界大戦での敗戦、1985年のプラザ合意による円高と対外競争力の低下、2000年のインターネットビジネスでの出遅れという3つの敗戦を経験したと説明。

改革が進まなければ、「新型コロナショックは4回目の敗戦になりかねない。今こそ日本は変わらなければならない」と強調した。

そのうえで、出井氏は「改革への脅威はpassive-aggression(面従腹背)だ。表面上は賛成するが、実際は変革に反対する人たちがいる」とも指摘。

無形の情報資産の重要性も強調し、「独特なデータを集めてくる企業が成長していく」との見方を示した。

提供:株式会社ストライク

更新日:2020-09-24

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?