M&A仲介のストライク、報道件数が80倍に増加~広報戦略が奏功

目次

M&A仲介サービス大手のストライクは、同社の新聞、テレビなどのメディアでの報道件数が2021年8月までの1年間(20年9月~21年8月)で795件に達したと公表した。

21年7月は月別平均の約100倍に

795件は広報部発足前の1年間(17年9月~18年8月)の約80倍に当たる。21年7月単月では84件と、広報部発足前の月別平均値の約100倍に達したという。ストライクは「多くのメディア関係の方々の協力のおかげで報道件数が急増し、M&Aについての理解が深まり、知名度・認知度も向上した」としている。

同社は18年9月に広報部を新設。記事にしやすいリリースの工夫や記者との関係強化などを通じて報道件数を伸ばしてきた。

広報部発足1年目の18年度(18年9月~19年8月)は346件、19年度(19年9月~20年8月)は633件だった。報道された内容は、ストライクによるM&A仲介の着手金無料化などの新サービスや、同社が実施した経営者アンケート、M&Aセミナーなどが中心という。

ストライクが手掛けるM&A仲介サービスは、後継者不在の中小企業の事業承継や中小企業の「選択と集中」による生産性向上などの手段として利用されている。同社の荒井邦彦社長は「引き続き積極的な広報活動を展開するほか、オウンドメディア『M&A Online』などにより自らM&A関連の情報を発信していく」と話している。

メディア掲載数

メディア掲載数

更新日:2021-09-01

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?