ストライクがM&Aセミナー、ジャパネットたかた創業者の高田氏が講演

目次

M&A仲介大手のストライクは2~3月に、中小企業の経営者向けにウェブ上のM&Aセミナーを開く。ジャパネットたかた創業者の高田明氏が登壇し、同社の事業拡大から事業承継までや、消滅の危機に陥っていたプロサッカークラブを再建した経験を語る。ストライクの荒井邦彦社長は中小企業を対象に、M&Aを活用した企業規模の拡大や大手企業と提携といった「戦略的M&A」について解説する。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業の経営改革や事業戦略の強化への関心が高まっていることに対応する。

高田氏は機械メーカーを経て父親が経営するカメラ店に入社。86年に分離独立すると、ラジオ、テレビなどを通じた通販で事業を急拡大させた。2015年1月にジャパネットたかたの代表を長男に譲って退任。17年には経営難に陥っていたプロサッカークラブの「V・ファーレン長崎」の社長に就任し、再建した経験も持つ。高田氏はセミナーでは「夢持ち続け日々精進」と題して講演する。

ストライクはセミナーを2月24日にライブ配信する。3月3日、5日、7日にも録画配信する予定だ。配信時間は2月24日と3月3日、5日が13時半から15時15分。3月7日が9時半から11時15分まで。希望者はストライクのホームページから申し込める。(https://www.strike.co.jp/seminar/2021/20210224.html

開催日の前日にセミナー講演の動画を見ることができるURLが電子メールで送られ、それをクリックすると動画を視聴できる。ウェブセミナーの対象は、企業経営者や経営幹部、経営者の親族など。

提供:M&A Online(株式会社ストライク)

更新日:2021-01-12

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?