株式会社ストライク

ストライク、M&Aセミナーを強化~毎月開催で3倍増に

目次

M&A(合併・買収)仲介大手のストライクは事業承継や事業買収・売却を目指す中小企業経営者を対象とした無料セミナーの開催を約3倍に増やす方針だ。

セミナーは原則、3か月ごとに開いていたが、9月からは原則として毎月開催する。少子・高齢化や後継者難を背景として事業承継の需要は高まっている。日本政府からも中小企業の生産性の低さを指摘する声が出る中、企業の「選択と集中」や合従連衡が進む可能性が高まっている。

ストライクはこうした中小企業や経営者の需要に応えるため、経営者の声を直接吸収できるM&Aセミナーの開催を加速させる。

9月に保険向けを開催、10月にもM&Aセミナー

ストライクは9月9~17日には専門家を招いて生命保険の代理店向けのウェブセミナーを開催。

法人保険の税制変更後の実務や今後の保険販売の方向性を説明した。10月にもM&Aウェブセミナーを開催。20日にライブ配信、28、31日にはセミナーの様子を録画で配信する。

ストライクの荒井邦彦社長とコンサルティング大手のタナベ経営でM&Aのコンサルティングを手掛ける丹尾渉部長が講演する。

URLは以下の通り。
https://www.strike.co.jp/seminar/2020/20201020.html

ストライクはM&A仲介大手で、2017年に東証一部に上場した。年商1億~100億円程度の中小企業の事業承継や企業・一部事業の売却を検討している経営者を、買収を検討している企業と結び付け、M&Aを通じた後継者不在問題の解決や企業の生産性向上に取り組んでいる。

提供:株式会社ストライク

更新日:2020-09-24

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?