会社売却のメリット・デメリットは?

売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン
M&Aマガジン HOMEM&Aコラム会社売却のメリット・デメリットは?

会社売却のメリット・デメリットは?

ここでは、会社売却についてメリット・デメリットを説明します。

会社売却とは

そもそも会社を売却するという行為には、どのような意味があるのでしょうか? 会社売却とは、文字通り、その会社が保有している資産や権利を含めた、さまざまな契約などの権利を買収先の企業などに売却する行為のことです。その中には、株式、それまでの取引先、そして従業員の雇用契約なども含まれます。

また、その企業のブランドイメージも対価を受ける代わりに譲渡することになります。事情を知らない人間からすると、経営者が泣く泣く判子を押すだけのマイナスイメージしか思い浮かびませんが、じつは近年、この会社売却を行う企業が急増しており、そこには、経営者だけにしかわからない事情があります。そして一方で、事業を拡大するための方法のひとつとして、M&Aという選択を企業も増えているのです。

会社売却を行うメリットとデメリットは?

会社売却のメリット

会社を売却することによって得られる最大のメリットが「後継者問題の解決」です。これは経営者に必ず立ちふさがる重大な問題のひとつ。

いかに優れた経営者であっても、後継者がいなければ、引退後も事業を継続することができません。会社を売却することで経営陣を一新して、後世に企業を残していけることが、会社売却で得られる大きなメリットではないでしょうか。

また、新たな経営者を残せることで、それまで働いていた従業員の雇用も安定化することができ、さらにそれまで不要だとされていた事業も一緒に売却することも可能です。

会社売却のデメリット

反対にデメリットもしっかりと把握しておかなければ、逆にその後の事業に支障を生じさせることにもつながります。売却することによって起こりうるマイナス面としては、やはり「経営権を喪失してしまう」こと。会社を引き継いだ買収企業が行う経営には、口を出すことができなくなります。

また、雇用や労働条件の変更によって従業員に不満が出てしまうケースも考えられるでしょう。そして、それまで地域密着型の経営を行ってきた会社であれば、場合によっては会社を売却したことにより、取引先との関係がこじれてしまうことも考慮に入れておかなければなりません。

ミレニアル起業家たちが会社売却をする理由

ミレニアル世代に増えている起業家「連続起業家」とは

連続起業家とは英語で「serial entrepreneur」と書きます。簡単にいえばベンチャー企業をいくつも次々と立ち上げる起業家のことで、ひとつの事業を一旦軌道に乗せると、その事業からは一旦手を引き(完全に手を引く場合もあり)、また別のベンチャー企業を立ち上げるということを繰り返します。株式の公開や後継者に経営を引き継いで、別の企業を立ち上げるといったケースが多く、さまざまな事業に対応できる柔軟性やアイデア、実行力や人脈、そして経営手腕といった要素が必要になってきます。

連続起業家がM&Aエグジットに至る理由

連続起業家は、エグジッドを前提に企業を立ち上げます。エグジッドとは、ベンチャー企業を立ち上げてある程度成長させたら、新規株式公開(IPO)もしくはM&A(合併&回収)を機に、その会社を売却(バイアウト)した資金、そしてそれまでに得た経験や人脈、情報を元にまた新たな会社を創業するのです。この資金回収のことをエグジッドといい、M&Aによって資金を得ることをM&Aエグジッドといいます。

M&Aエグジッドにもっとも積極的なのは2000年以降に創業者になったミレニアル世代だといわれています。「会社を続けて作り上げては売却して利益を獲得して、資金を豊富にすることで、余裕のある生活を送り続けることができる」といった理由で、M&Aエグジットの連続起業家に転身する経営者も多いようです。日本では、比較的M&AよりもIPOをエグジット戦略として活用することが多いですが、ミレニアル世代の起業家たちはM&Aエグジットを使うことが多いようです。

確かに、ベンチャー企業のメッカとしても知られるアメリカでは、IPOはあまり好まれず、機動力に優れて、手堅いM&Aがスタンダード。ミレニアル世代はそうしたことも勉強しながら、これまでの日本の基準に縛られず、積極的にM&Aエグジットを取り入れた世代でもあるといえるでしょう。

まとめ

正直にいってベンチャー企業の先進国であるアメリカに比べて、日本は未だ後進国であることは否定できません。第一世代といわれる起業家が、未だに第一線で活躍しているのが何よりの証拠です。ですが、そこに現れたのが、日本のスタンダードであるIPOよりもM&Aを積極的に取り入れてきたミレニアル世代の連続起業家です。彼らが積極的に活躍して、エンジェル投資家として企業を活性化してくれれば、閉塞した日本の経済に光を当てることができるかもしれません。

ページのトップへ
ページのトップへ