M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

第三銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

第三銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

第三銀行では、M&Aや事業承継のニーズに対し、外部の提携機関のネットワークを活用した支援サービスを積極的に実施。大手M&Aプラットフォームとして知られるビズリーチ等との提携のもと、企業規模の大小を問わず、後継者不在問題などを抱える経営者に対し安心の提案・支援を行っています。

また、提携するコンサルティング企業等との共同のもと、クロスボーダーM&Aの支援も提供可能。中国ビジネスをはじめ、広くアジア圏のビジネス展開に対し豊富な支援実績を蓄積しています。

第三銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

第三銀行の公式HPでは、同行のM&A・事業承継支援の手数料体系を確認することができませんでした。手数料の詳細を知りたい方は、同行まで直接お問い合わせください。

なお同行が業務提携をしているM&Aプラットフォームの「ビズリーチ・サクシード」では、M&Aの売り手企業のおける手数料が無料となっています(買い手企業が手数料を支払う仕組み)。ただし、実際にM&Aによる会社売却を進める過程で、有料の専門機関からの助言は必須となることでしょう。

第三銀行のM&A/事業承継の流れ

第三銀行の公式HPでは、同行によるM&A・事業承継支援の流れを確認することができま せんでした。よって以下、参考までに、同行が提携するビズリーチ・サクシードによるM&A支援の流れをご紹介します(売り手側の立場から)。

・登録する
ビズリーチ・サクシードの公式HPを開き、「会員登録」画面で事業内容やアピールポイント等を入力のうえ、会員登録を行います。

・オファーが届く
自社の売り案件情報に関心を持った企業から、相談のオファーが届きます。逆に関心を持った企業に対し、自社からオファーを出すことも可能です。

・返信をする
相談のオファーが届いた企業に対し、返信します。匿名での返信、または社名を開示しての返信、どちらでも可能です。

・面談をする
メッセージのやりとりを通じて互いに関心を強めた場合には、双方のトップ同士で面談を実施。M&Aに前向きであることを確認し合った場合、以後は具体的な条件交渉を行います。

・最終契約を結ぶ
条件交渉を経て互いに納得できる結論を得られたならば、最終契約を締結。売り手から買い手への株式・資産の移転、逆に買い手から売り手への譲渡対価の支払い等を経て、一連のM&A手続きが終了となります。

以上がビズリーチ・サクシードの公式HPで紹介されているM&Aの流れになりますが、一般的には、上記「面談をする」と「最終契約を結ぶ」の間に、次の3つの段階が入ります。

・基本合意契約を結ぶ
トップ同士の面談、および条件交渉を経て、互いに納得できる条件を得られた場合、売り手と買い手の双方で基本合意契約を締結します。譲渡価格の目安、M&Aスキーム(手法)、M&Aの実行スケジュール、M&A成立後の売り手従業員の処遇などを取り決めた契約です。

・デューデリジェンス(買収監査)を行う
基本合意契約を締結したのち、買い手から売り手に対し、デューデリジェンス(買収監査)と呼ばれる手続きが行われます。デューデリジェンスとは、売り手企業の詳細な内情を専門家が調査すること。主に財務・法務・税務・人事・ITシステム・取引先などの情報について、各分野の専門家が調査を行います。

・条件の最終交渉を行う
デューデリジェンスから得られた情報を踏まえ、条件の最終交渉を実施。必要に応じて条件内容に調整を加えたうえで、両社の合意を目指します。

第三銀行のM&A・事業承継の事例・実績

第三銀行の公式HPでは、同行が手がけたM&A・事業承継の事例を確認することができませんでした。よって以下、参考までに、同行が提携するビズリーチ・サクシードが手がけたM&A事例を2点ほどご紹介します。

・能動的に売り手企業を探索
総合リユース業で増収増益を実現している買い手企業A社。ビズリーチ・サクシードの仲介のもと、システム開発会社であるB社とのM&Aを実現しました。ビズリーチ・サクシードを活用はしたものの任せきりにせず、能動的に自分たちで売り手企業を探したことが成功の理由だったとA社の社長は語ります。

・事業拡大したい買い手と後継者不在の売り手がマッチング
事業拡大のためにM&Aを検討していた買い手企業のC社。ビズリーチ・サクシードに登録したところ、自社が理想としていたような企業が、ちょうど後継者不在問題により売りに出ていたとのこと。メッセージのやりとりやトップ面談を経て、無事、円満な株式譲渡が実現しました。

第三銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.daisanbank.co.jp/index.html
お問い合わせフォーム https://www.daisanbank.co.jp/info/hojin_contact.html
企業情報 https://www.daisanbank.co.jp/about/
よくある質問 https://www.daisanbank.co.jp/faq/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?