後継者問題を一気に解決 早わかり事業承継マガジン

事業主に選ばれる
優良M&A仲介会社リスト

M&A仲介会社・企業リストを見る

HOME » 評判のM&A仲介会社・企業をピックアップ

評判のM&A仲介会社・企業をピックアップ

ここでは、評判のM&A仲介会社を紹介しています。
なかでも特色のある5つの会社をピックアップ。それぞれの会社の特徴やメリットについて比較していますので、仲介会社選びの参考にしてみてください。

おすすめのM&A仲介会社を厳選紹介

インターリンク

依頼者の考えを尊重し
納得して決断してもらうことを重視

公式HPで詳細をチェック
インターリンクのHP画像
メリット ポイント依頼企業の意向を尊重し、依頼者と十分な話し合いをした上でM&Aの提案・サポートをしてくれる。
ポイント顧客至上主義の独立・中立系。
ポイント秘密保持を徹底し、サービスの品質を保持するため、ネットに過度に依存せず、同業他社との連携をしないなど、独自性が強い。
ポイント20年超のM&A実務経験をもつ、スペシャリストのみで構成されており、一連のサービスを自社で完結できる。
所在地 東京都中央区八丁堀3‐17‐6 群成舎八丁堀ビル3階
設立年 創業1994年7月 *現・インターリンク(株)の設立は2010年

M&Aキャピタルパートナーズ

案件公開によるスピード解決

公式HPで詳細をチェック
M&AキャピタルパートナーズのHP画像
メリット ポイント中堅企業、中小企業の友好的M&Aに特化。業界ごとに専任のコンサルタントが配置される。
ポイント独自のネットワークによる案件を多数公開し、スピーディーなマッチングを実現。
所在地 東京都千代田区丸の内1-9-1 グラントウキョウノースタワー38F
設立年 2005年10月

名南M&A

東海地方に絞った地域特化型

公式HPで詳細をチェック
名南M&AのHP画像
メリット ポイント名古屋を中心とした地域密着型。
ポイント 税務相談から成約までをワンストップでサポートしてくれる。
ポイント中国でのM&A情報も豊富で、M&A支援も実施している。
所在地 愛知県名古屋市中区錦2-4-15 ORE錦二丁目ビル5階
設立年 2014年10月

中小企業M&Aサポート

中小企業中心の規模特化型

公式HPで詳細をチェック
中小企業M&AサポートのHP画像
メリット ポイント独自のネットワークをもち、最適な会社を紹介、M&Aの成約実績が84%と、高い成約率を誇る。
ポイント中小企業に特化し、最低報酬は150万円~。
所在地 東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス8F
設立年 1999円12月

アルテパートナーズ

セミナーの開催が充実

公式HPで詳細をチェック
アルテパートナーズのHP画像
メリット ポイント少額取引や地方案件にも対応。
ポイント公認会計士、税理士、企業内M&A実務担当者などが在籍。
所在地 東京都台東区台東1‐30‐3 YOKビル4F
設立年 2009年4月設立

依頼者が納得して決断できるための
プロセスを重視するM&A仲介会社を選ぶべき

M&Aでもっとも重要なのは、経営者、従業員、取引先、そして買収先のすべてに「幸せな結果」をもたらすことです。

そのために重視すべきはご自身が、自分の会社がもっとも実力を発揮できると考えられる相手と、条件や将来の体制について徹底的に話し合い、十分に納得してM&Aの決断できることに相違ありません。

仲介会社に依頼する意義は、最適な相手を探し出すこと、その相手との高いレベルでの共通認識を持つことを可能にする調整力を活用することにあるのです。

こうした仲介会社では、スピードよりも、結果の満足度や、納得して決断してもらうまでの過程を優先するため、一刻でも早くという経営者には向かないかもしれません。

そういう経営者のためには、直接、顔を合わせずにインターネットで一連の手続きが完了できるM&Aの仲介会社もあります。

デリケートな問題でもあるので、顔を合わせずに相談したい、時間がないという人には、一見便利かもしれないでしょう。

しかしながら、インターネットという特性上、会社の情報が外に漏れるリスクが高いというのも事実です。インターネット型の仲介会社に依頼して、思わぬ情報が外部にさらされてしまったという人も、残念ながら少なくないのです。

それでも顔を合わさず迅速にと考えるのであれば、インターネット型の仲介会社におけるメリットだけでなく、デメリットもしっかり確認しておきましょう。

また、仲介会社には、グループ企業の系列に所属しているところと、独立系のところがあります。

系列に属している会社の場合、そのグループのネットワークを生かし、グループ特有の情報が得やすいというメリットが、独立系の会社の場合、グループや系列会社における縛りがないので、自由に動くことができるという利点があります。

いずれにせよ、自分たちが築き上げてきた資産や従業員を継続したいと願うなら、依頼者と直接顔を合わせて十分な話し合いをし、相手企業探しや、相手候補企業への情報開示、またM&Aに対する考え方のすり合わせ等も慎重に行う会社を選ぶようにしましょう。

サクシード編集部より

編集部では「事業承継」と「M&A」について調査。後継者問題にお悩みの個人事業主、中小企業経営者の方々に、事業承継の基本知識やM&Aの仲介会社情報などを発信しています。なお、掲載記事はすべて独自に調査したものですので、公式ページは必ずご確認ください。〈2015年12月〉