M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > ビズリーチ・サクシード

ビズリーチ・サクシード

ビズリーチ・サクシード公式HP

引用元HP:ビズリーチ・サクシード
https://br-succeed.jp/

国内外で企業の雇用・生産をサポートしている会社

ビズリーチ・サクシード公式HP

引用元HP:ビズリーチ・サクシード
https://br-succeed.jp/

ビズリーチ・サクシードは、2009年、管理職やグローバル人材の転職支援会社「ビズリーチ」が運営するM&A仲介サイト。2017年に立ち上げられた比較的若い仲介サイトです。

仲介サービスの形態は完全プラットフォーム型。M&A成約までのプロセスには、基本的にビズリーチ・サクシードは関わりません。あくまでも、譲渡企業(会社を売りたい)と譲受企業(会社を買いたい)の双方のマッチングの場・交渉の機会を提供するのが、ビズリーチの立ち位置です。

サービスの利用の流れの概要は次の通り。まず、譲渡企業と譲受企業、それぞれの希望や条件をビズリーチ・サクシードの画面上に登録します。それぞれの企業は検索システムを使い、自社が希望する条件の企業を物色。気になる企業があれば、ビズリーチ・サクシードのシステムを通じて、その企業にメッセージを送ります。 メッセージのやり取りを通じて双方が合意すれば、互いに企業情報の詳細を当事者のみの間で開示。次のステップへと進みたい場合には個別面談・交渉をセッティングし、具体的なM&Aの話し合いを始めます。

話し合いを通じてM&Aが成約すれば、成約した旨をビズリーチ・サクシードに報告。譲受企業が、譲受金額の1.5%(最低仲介手数料100万円)をビズリーチ・サクシードに支払う、というシステムです。

ビズリーチ・サクシードは、登録時も利用時も一切料金が発生しません。あくまでも、M&Aが成約した際にのみ、譲受企業が仲介手数料を支払う仕組みです。よって譲渡企業が負担する費用は一切なし。費用を気にせずにM&Aを進めることができる点において、譲渡企業にとって非常に有利なサービスと言うことができるでしょう。

ビズリーチ・サクシードのM&Aサービスの特徴

累計譲渡案件数1,000件突破

7,200社以上から得てきた信頼

株式会社ビズリーチが運営しているM&A プラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」は、正式にサービスが開始されてから、約6ヶ月間で累計譲渡案件数が1,000件を突破したサービスです。

2017年11月下旬にスタートしたサービスでありながら、事業承継M&Aプラットフォームにおいて日本最大級の案件数となっています。これはビズリーチが8年以上もの転職サイト運営で得た、7,200社以上からの信頼の結果です。

多数の企業が信頼してM&Aを進めているので、安心してM&A プラットフォームを活用することができるでしょう。

効率的なマッチングをサポート

ネットを活用した効率的なマッチング

株式会社ビズリーチが運営しているプラットフォーム「ビズリーチ・サクシード」はM&Aを希望する企業同士をマッチングさせるサービスです。会社や事業の内容を匿名で登録し、譲り受け企業が興味を持った譲渡企業に直接アプローチすることで、M&Aを進めていきます。

事業を譲渡する企業にとっては、自社の市場価値を把握するツールにもなるので、経営の選択肢として事業継承M&Aを早期から検討することができます。現状M&Aを考えていない企業でも、経営の選択肢を増やすために登録するのも、ひとつの手だといえるでしょう。

譲渡企業は完全フリーで譲り受け企業に出会える

案件成約まで料金が掛らない

譲渡企業がビズリーチ・サクシードを使用する場合、基本的に費用が発生しないため、コストを気にせずに譲り受け企業を探せます。また、譲渡企業から相談を受けたM&A仲介会社や金融機関も同様にプラットフォームを無料で使用可能です。

譲り受け企業が案件紹介料として譲り受け金の1.5%または、最低金額として100万円のいずれかをビズリーチに支払う流れになっているので、譲渡企業は費用を意識せず利用できます。

ビズリーチ・サクシードのM&A事例

ビズリーチのM&A事例は公式ホームページに掲載されていませんでした。公式ホームページにはM&A以外にも、企業の生産性を向上させるための情報が掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ビズリーチへの問い合わせ方法

電話か公式ホームページの問い合わせフォームから問い合わせることができます。電話から問い合わせる際には平日の10~17時の間のみ受け付けているので、M&Aを検討している担当の方は、この時間帯に連絡するように注意しましょう。

ビズリーチ・サクシードは登録するだけでは、料金は発生しません。早急にM&Aの必要がない企業でもまずは登録し、自社の市場価値を図るためのツールとしての活用からはじめても良いでしょう。

ビズリーチの会社概要

会社名 株式会社ビズリーチ
設立日 公式ホームページに記載なし
代表 南 壮一郎
資本金 41億円
事業内容 事業承継M&Aプラットフォーム/即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト/挑戦する20代の転職サイト/戦略人事クラウドサービス/求人検索エンジン/OB/OG訪問ネットワークサービス/お腹を空かせた学生のための肉食就活サイト/キャリア女性のための転職サイト/「BizHint(ビズヒント)」 伸びる会社は知っている/シンガポール、香港を中心としたアジア太平洋地域のハイクラス人材転職サイト
URL https://www.bizreach.co.jp/
本社所在地 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー12F
お問い合わせ先 03-6450-5256

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/