滋賀銀行のM&Aサービスの評判

売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-08-07

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

滋賀銀行

滋賀銀行
引用元HP:滋賀銀行HP
https://www.shigagin.com
専門的なノウハウとネットワークを生かした提案

1933年に百三十三銀行と八幡銀行が合併したことにより設立された滋賀銀行は、滋賀県に本店を置く金融機関です。

滋賀県内に本店をおいている金融機関としては最大の規模を誇り、滋賀県内の融資に関しては、4割のシェアを占めています。店舗は滋賀県内全域のほか、東京都・大阪府・京都府・愛知県・岐阜県・三重県に加え、海外(香港支店)があります。

滋賀銀行は事業承継やM&Aの支援にも力を入れており、金融機関ならではの高い専門性と、地域に根ざした幅広いネットワークを生かせる点が大きな強み。2018年には日本M&Aセンターとの協業において顕著なM&A実績などを残した銀行を表彰する「バンクオブザイヤー」を受賞していることからもわかるように、積極的にM&Aや事業承継に取り組んでいます。

このように、日頃から滋賀銀行と取引のある地元の中小企業にとっては、心強い味方であるといえます。地域の発展に力を尽くしてくれる地方銀行は、M&Aに限らず身近な相談役として最適な存在。経営に関する悩みを抱えてしまった場合にも気軽に相談でき、親身になって解決策を提案してくれるでしょう。

滋賀銀行の特徴

特徴

日本M&Aセンターと提携

実績No.1のリーディングカンパニーとともにM&Aに取り組む

滋賀銀行はM&Aアドバイザリー業務に関して、日本M&Aセンターと提携している点が特徴といえるでしょう。

M&Aに関する一連の流れの対応はもちろんですが、日本M&Aセンターとコラボしたイベント「M&Aカンファレンス」を開催しています。イベントでは、実例をもとにしたM&Aの解説や、事業承継・M&Aの体験談などを知ることができ、これまでM&Aについて何となくしか理解していなかった、という人もしっかりと知識を得られます。

特徴

専門的なノウハウを駆使した提案

金融機関ならではの豊富なノウハウを持つ

単なる候補先の選定・紹介や資金面の相談のみならず、滋賀銀行が持っている専門的なノウハウを十分に生かすことによって企業が持っている課題などを明確にし、最適な手段を提案して解決に導きます。

特徴

アドバイザーとしてさまざまな課題を解決

M&Aの課題にひとつひとつの真摯に取り組む

M&Aの相手先の選定や対価の授受はもちろんのこと、他にも専門的に解決しなければならない課題がさまざまあります。

例えば、買い手側企業で考えられる課題としては「従業員の労働条件の違い」や「取引先との決済条件の違い」などがありますし、売り手側の課題としては「会社がいくらで売却できるか」「相続を考えた資金プラン」などが考えられます。また、企業再編に関する課題としては、「社長や役員には誰がなるのか」「合併時の株式の比率はどうするのか」「分社時における資産の引き継ぎはどうするのか」といった課題が出てきますが、滋賀銀行ではアドバイザーとして解決のために積極的に取り組んでいきます。

滋賀銀行のM&A事例

滋賀銀行のM&A事例は、公式HPには掲載されていませんでした。実際にどのような事例があったのかを知りたい、場合には、直接滋賀銀行までお問い合わせをお願いします。

着手金

着手金に関する記載は公式HPには記載されていませんでした。着手金に関する情報が知りたい、と考えている方は直接問い合わせを行う必要があります。

成功報酬

成功報酬に関する記載は公式HPには記載されていませんでした。成功報酬に関する情報が知りたい、と考えている方は直接問い合わせを行う必要があります。

最低手数料

最低手数料に関する記載は公式HPには記載されていませんでした。最低手数料に関する情報が知りたい、と考えている方は直接問い合わせを行う必要があります。

その他付帯サービス

M&Aの相談以外にも、金融機関という特性を生かして企業の経営相談や財務診断など幅広い相談に対応してくれます。

口コミ・評判

滋賀銀行のM&Aアドバイザリーサービスを利用した人の口コミは見つかりませんでした。

滋賀銀行の事業を徹底分析!

地方銀行のネットワークを最大限に生かしたM&Aを提案

企業同士の買収のみではなく、地方の企業が悩む後継者不足にまつわる事業承継・M&Aにも対応。近年では、中小企業におけるM&A案件の多くをこの後継者不足の問題が占めているようです。

滋賀銀行は、滋賀県に本店を置く金融機関としては最大の規模。融資は県内シェア4割を占めていることから、県内のネットワークに非常に強いといえるでしょう。滋賀銀行のM&Aアドバイザリーサービスは、このネットワークを最大限に活用することで、より良いM&Aの提案を行ってくれます。

滋賀銀行のM&Aアドバイザリーサービスの流れ

滋賀銀行では、次のような流れでM&Aアドバイザリーサービスを提供しています。ここでは、それぞれのステップにおいて買い手側企業・売り手側の企業それぞれにおける対応、また滋賀銀行で対応する内容についてご紹介しています。

1.コンサルティング(事前準備)

M&Aを検討している場合は、まず買い手側企業、売り手側企業ともに経営課題の分析・解決策の検討を行っていきます。加えて、売り手側の企業は、その企業にどれだけの価値があるかを算定する「企業評価」を行います。

この段階では、滋賀銀行は事業戦略策定のアドバイスや、M&Aに関する戦略の策定を実施します。

2.マッチメイキング(選定)

続いて「マッチメイキング」の段階に移ります。買い手側企業の場合は、候補先の選定や接触、秘密保持契約の締結を行います。また、売り手側企業は候補先の選定・接触を行います。

この段階では、滋賀銀行では地域に根ざした情報ネットワークを活用して相手企業を選定。同行では万全を期した秘密保持体制を整えているため安心してお任せできます。

3.エクセキューション(交渉)

「エクセキューション」の段階では、売り手側企業・買い手側企業ともに買い取り価格の条件交渉や基本合意を行います。さらに、買い手企業が買収対象企業の事業リスクや財務の状況などにおいて調査を行う買収監査(デューデリジェンス)を実施し、最終条件の交渉を行います。

この段階では、滋賀銀行では中立的立場でのアドバイスや買収監査の支援を行います。

4.クロージング

最終的に両者が合意すると「クロージング」のステップに進み、最終契約書の締結や対価の授受が行われます。

この段階では、滋賀銀行は契約書作成の支援や資金需要への対応、事業引き継ぎに関わるさまざまなアドバイスを行います。

滋賀銀行の魅力ポイントは?

地方の銀行ならではの豊富なネットワークと専門的な知識を駆使したM&Aの提案をしてくれる点が魅力といえるでしょう。単純にM&Aの相手の選定や紹介だけを行うわけではなく、M&Aにまつわって発生するさまざまな課題に対し、ひとつひとつ丁寧に対応し、より良い方向に導いてくれます。

また、地方に根ざした銀行にM&Aの相談ができる点も大きな魅力。普段から取引のある担当者に相談ができるということから、これまでの関係を生かし、スムーズな打ち合わせや交渉ができる可能性が高い点が魅力といえるのではないでしょうか。

滋賀銀行への問い合わせ方法

滋賀銀行のM&Aアドバイザリーサービスへの問い合わせは、取引店の店長席まで行います。また、普段から取引のある担当者に相談してみても良いでしょう。

滋賀銀行の会社概要

会社名 株式会社 滋賀銀行
設立日 1933年10月1日
代表 取締役頭取 高橋 祥二郎
事業内容 普通銀行業務(預金、貸出、国内・外国為替、証券、その他付随業務)
URL https://www.shigagin.com
本社所在地 滋賀県大津市浜町1番38号
お問い合わせ先 取引店の店長席まで

トピック:M&A仲介

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ