M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > インテグラル

インテグラル

インテグラル公式HP

引用元HP:インテグラル株式会社
https://www.integralkk.com/

M&A業界の重鎮といえる存在

インテグラル公式HP

引用元HP:インテグラル株式会社
https://www.integralkk.com/

インテグラル株式会社は、日本の独立系投資会社。代表取締役の一人・佐山氏は、1997年当時最大の1兆円を超える負債を残して破産したクラウン・リーシングの営業譲渡を制約させた、M&A界の重鎮ともいえる存在です。

「ハートのある信頼関係」を基礎として事業を行うインテグラル。顧客との信頼関係をもとに、企業の潜在能力を最大限発揮して発展していくサポートをしています。

また、長期的な企業価値の向上を目的に、じっくり時間をかけて挑戦し続けることで、着実に改革を進めていくことを目標としています。

常に新しいことに挑戦する姿勢のインテグラルは、これまで前例のないM&Aでも、経営や財務など多角的なサポートを行います。

インテグラルのM&Aサービスの特徴

密なコミュニケーションで信頼関係を構築

日本の独立系企業だからできること

インテグラルは、日本の独立系投資会社であり、海外の親会社や金融系列などに属していません。メンバーは日本のM&A事情に明るいプロフェッショナル。

企業の悩みや問題点を理解し、最善の策は一体何なのかという点に着目して業務を行います。表面的ではなく、意味のあるコミュニケーションを積み重ね、信頼関係を築き上げることを得意としています。

経験豊富な人材がM&Aをサポート

日本のM&A市場を切り開いてきた2人

経営と財務という重要な2つの要素に関して、経験豊富な人材を有していることが強みになります。インテグラルの代表取締役を務める佐山氏・山本氏は、それぞれM&Aや投資、ファイナンスなど、日本の市場を切り開いてきた貴重な人材。これまでの英知の積み重ねによって、多角的なビジネス支援を行っています。

将来を見据えたきめ細かい提案

成約の先を見据えた長期的な事業成長をサポート

インテグラルでは、常に「経営と同じ目線・時間軸」に立って、長い目で事業の将来性を考えているとのこと。単純に契約の成約を目指すのではなく、企業価値の最大化という目的を見据えて、経営・財務両面からきめ細かいサポートを実践。

信頼関係を重視した二人三脚の施策で、企業の潜在能力を引き出してくれます。

インテグラルのM&A関連ニュース

インテグラル、ファンドを通じて大泉製作所に対する公開買付け開始

エクイティ投資を手掛けるインテグラルが助言するファンドのインテグラル・オーエス投資事業組合1号とSpring L.P.(以下「公開買付者ら」)は、共同で大泉製作所【6618】の普通株式及び新株予約権に対する公開買付けを開始すると発表した。なお、大泉製作所は、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明している。

出典:M&A Times

https://ma-times.jp/44782.html

投資ファンドのインテグラル、ヘアカット専門店「QBハウス」を買収

投資ファンドのインテグラル(株)は、へアカット専門店「QBハウス」を運営するキュービーネット(株)を買収する事が分かった。買収額は、約100億円規模のようだ。

出典:M&A Times

https://ma-times.jp/10129.html

アデランスがMBO 「再建請負人」とタッグ

かつらメーカー大手のアデランスは14日、MBO(経営陣が参加する買収)を実施すると発表した。投資会社のインテグラルが子会社を通じてアデランス株にTOB(株式公開買い付け)を実施し、株式を取得する。アデランスは業績低迷が長引いており、企業再建の経験が豊富なインテグラルの支援を受けて経営再建を目指す。

出典:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ14HJU_U6A011C1000000/

インテグラルは、このような会社におすすめです

インテグラルは非上場・上場企業のエクイティへ投資を行っている投資会社です。当社は投資後の事業の成長を目標にして、投資先経営陣と共に長期的なゴールを設定し、実行します。当社の投資後の支援策の中に、M&A・事業提携のプラン構築があります。

インテグラルは他の投資会社にない特徴として、機関投資家や個人投資家などから資金を集めるだけでなく、自己資金も投入しています。

事業の立て直しや事業承継を行いたい企業を経営内部から支援

インテグラルが利益を確保するには、投資した企業の事業を再生・成長させることが必要です。そのことを実現した後に、当該事業や会社を必要とする企業に売却します。

したがって、どの企業でも支援を受けられるわけではありません。しっかりとした事業展開能力を持つ企業の利用が望ましいと言えます。このような企業が資金提供と経営支援を内部から得て、自社事業を再成長させ、M&Aで売却したい場合、インテグラルは最適なパートナーになります。

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

信頼関係を重視したM&Aパートナー

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

インテグラルは「Trusted Investor」という経営理念をうたっています。この経営理念は、短期的な成果を求めるのではなく、私利私欲を捨て、会社や従業員を愛する経営を行うことを意味しています。

中期的な視点で、事業再生・再成長・M&Aを行いたい企業には、頼れる相談先となるはずです。

インテグラルへの問い合わせ方法

インテグラルへの問い合わせ方法は、電話とメールの2つの方法が用意されています。メールは問い合わせ内容によってアドレスが分けられていますので、M&A関連のアドレスにメールを送るようにしましょう。

インテグラルの会社概要

会社名 インテグラル株式会社
設立日 2007年9月
代表 佐山 展生、山本 礼二郎
資本金 公式サイトに記載なし
事業内容 エクイティ投資
エクイティ投資に付随する経営および財務に関するコンサルティング
URL https://www.integralkk.com/
本社所在地 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル19F
お問い合わせ先 03-6212-6100

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/