かえでファイナンシャルアドバイザリー

M&Aマガジン

 
M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > かえでファイナンシャルアドバイザリー

かえでファイナンシャルアドバイザリー

かえでファイナンシャルアドバイザリー公式HP

引用元HP:かえでファイナンシャルアドバイザリー
http://www.kaedefa.com/

膨大な情報力を持つ完全成功報酬制のM&A仲介サービス

かえでファイナンシャルアドバイザリー公式HP

引用元HP:かえでファイナンシャルアドバイザリー
http://www.kaedefa.com/

日本の独立系M&Aアドバイザリー会社の中では数少ないクロスボーダーM&Aを実施しているかえでファイナンシャルアドバイザリー。

完全成功報酬制で、着手金中間金は一切不要。成約した場合にはじめて成功報酬が発生します(クロスボーダーのM&Aの場合は中間手数料あり)。

1,000社以上の買い手候補のデータベースと幅広いネットワークを持ち、豊富な実績と高い成約率を持っています。

公認会計士、税理士などの専門家をはじめ、金融機関、商社、コンサルティング会社の出身者などで運営され、資金の調達や相続対策などの課題も解決できるワンストップサービスを提供。

日本の主要都市に拠点があり、エリアを問わず幅広いM&A案件を手掛けています。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&Aサービスの特徴

完全成功報酬制で無駄なコストが発生しない

最小限のコストでM&Aを行うことができる

かえでファイナンシャルアドバイザリーでは、国内のM&Aの場合の料金は、完全性報酬制となっています。

着手金・中間金などが発生しないため、求められるのは成果に対する対価のみ。スタッフが地方へ出向かねばならない場合には実費が発生しますが、基本的には必要最小限のコストでM&Aを行うことが可能となっています。

幅広いネットワークに基づく高い成約率

豊富な実績に基づくマッチング力に定評

かえでファイナンシャルアドバイザリーには、1,000社を超える買い手のデータベースと、国内はもとより海外にも及ぶネットワークがあります。

世界展開するM&Aネットワーク組織、グローバルスコープパートナーズの国内代表でもあり、情報力は折り紙付き。
豊富な選択肢が用意されているため成約率も高く、顧客からの評判も上々のようです。

スペシャリスト揃いのスタッフ陣

幅広い経営課題の解決をワンストップでサポート

かえでファイナンシャルアドバイザリーが抱えるスタッフは、公認会計士、税理士をはじめ、金融機関や商社、コンサルティング会社出身のスペシャリストばかり。

また、グループ内に会計事務所もあり、資金調達や企業再生、相続対策といったM&Aに留まらない幅広い課題解決をワンストップで請け負ってもらうことができます。

かえでファイナンシャルアドバイザリーのM&A事例

【譲渡事例1】業界非公開のM&A事例

M&A事例

非公開 非公開

事業承継のため外資系企業に事業譲渡

親族に事業承継できる人物がいなく、買い手候補を探していた会社オーナー。買い手候補とともに海外へも展開したいという希望もあったことから、かえでファイナンシャルアドバイザリーは実績豊富な外資系企業を紹介しました。

会社の業績がいいときに株式の承継を進め、「売却後も5年後は経営者として残りたい」というオーナーの希望通りの条件で、株式譲渡が完了しました。

【譲渡事例2】業界非公開のM&A事例

M&A事例

非公開 非公開

事業再生のためM&Aを決意

利益が大幅に減少しているメーカーのオーナーは、事業と従業員だけでも守りたいと、民事再生法の申請も視野に入れたスポンサー候補を探していました。

まもなくスポンサーが見つかり、プレパッケージ型民事再生手続きという方法で手続きを進めることに。スポンサー企業の信用補完もあり、取引先や顧客もそのままで、事業の再生と雇用を維持することができたそうです。

【譲渡事例3】業界非公開のM&A事例

M&A事例

非公開 非公開

大手企業からの申し出を受け再出発

父親から機械部品メーカーを引き継いだ2代目社長は、将来の成長に限界を感じ、新規事業を模索していたと言います。そんな折、大手同業者から事業を譲り受けたいという提案が。

条件もよく、4ヵ月で売却手続きは完了しました。その後、新規事業のための案件を探索し、買い手候補をリストアップ。M&A手続きもスムーズに進んで3ヵ月で新規事業進出を実現されました。

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、このような会社におすすめです

かえでファイナンシャルアドバイザリーの最大の特徴は、成約するまで一切報酬を取らない完全な成功報酬制度を採用していることです。着手金、月額報酬、中間報酬が一切かかりません。また、同社の成功報酬の計算方法もホームページ上に明確に記されており、わかりやすく説明されています。このことは、同社がM&A仲介事業を専門企業として自信を持っていることの表れと言えるでしょう。

幅広い経営課題の解決策の提供が可能

かえでファイナンシャルアドバイザリーは、公認会計士、税理士、コンサルティング会社出身者など多彩なスタッフで運営されています。また、グループ内に会計事務所(監査法人、税理士法人)を有しています。このため、事業承継、事業再生、資金調達、相談対策、M&A後の組織融合、財務デューデリジェンスなど、多方面の支援を受けられます。 債務超過に陥っている事業は、一般的にM&Aが難しくなります。このようなケースにも同社は柔軟に対応可能です。各種専門家がいるため、再生スキームの策定やスポンサーの獲得など、事業再生に向けた支援が期待できます。

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

海外展開M&Aにも強みを持つ

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

日本市場は少子高齢化と人口減少から、今後縮小していくことが予想されています。この状況下で、多くの中小・中堅企業が海外の販路開拓・集客などを積極的に行っています。この海外展開の方法の一つとして、海外企業のM&Aや海外企業とのJV(ジョイントベンチャー)設立などがあります。

同社は、世界各国から年におよそ250件もの案件を引き受けており、独立系M&Aアドバイザリー会社としては日本で数少ない海外展開M&Aを実行できるノウハウを持っています。

海外展開を積極的に行いたい企業には、かえでファイナンシャルアドバイザリーは数少ない支援企業になります。

かえでファイナンシャルアドバイザリーへの問い合わせ方法

かえでファイナンシャルアドバイザリーへの主な問い合わせ方法は、電話を掛けるか、公式サイトの問い合わせフォームを利用するかの2つです。

ただかえでファイナンシャルアドバイザリーでは、定期的なセミナーや無料相談会なども実施しているため、そうしたイベントを利用して直接相談を持ち掛けてみるのもよいでしょう。

かえでファイナンシャルアドバイザリーの会社概要

会社名 かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社
設立日 2005年1月21日
代表 佐武 伸
資本金 2,000万円
事業内容 M&Aアドバイザリー/事業再生コンサルティング/組織再編コンサルティング/企業・事業評価/財務調査 (デューデリジェンス)
URL http://www.kaedefa.com
本社所在地 東京都千代田区永田町2-13-10 プルデンシャルタワー4階
お問い合わせ先 03-6205-7994

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/