M&Aクラウド

M&Aマガジン

 
M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > M&Aクラウド

M&Aクラウド

M&Aクラウド公式HP

引用元HP:M&Aクラウド
https://macloud.jp/

バイアウトの経験と後悔の念から生まれた企業

M&Aクラウド公式HP

引用元HP:M&Aクラウド
https://macloud.jp/

2015年の12月に創立したばかりの後発の企業である株式会社M&Aクラウド。

CEOの及川は大学在学中に教育系SNSを運営するMacropusを立ち上げ、4年で経常利益を数千万円にさせた後、バイアウトした経験をもっています。その際、「いくらで売るべきか、相場はどこで分かるのか?」というM&Aの効率性に対する疑問を感じたことがきっかけとなり、株式会社M&Aクラウドを設立したそうです。設立後はアドバイザリーとしても活動し、メディア事業のM&Aを成約させるといった実績を残しています。

COOの前川は実家の廃業をきっかけにM&Aに関心を抱いたようです。「会社を売却していれば、経営者が変わっていれば、事業・社員の雇用は守られた」という後悔の念から、CEOの及川と共に株式会社M&Aクラウドを立ち上げました。

M&Aの重要性を知っている2人が考案したプラットフォームなので、信頼して利用できると言えます。またインターネットを活用してM&Aをするので、幅広い業種とのマッチングが可能です。

M&AクラウドのM&Aサービスの特徴

売却完了まで完全無料で利用可能

最低限のコストで売却できる

M&Aクラウドはネット上に掲載されている買い手情報から候補を探し、直接売却の打診ができ、売却完了まで行えるサービスです。仲介業者が入ることがないので、売却完了までを完全無料で利用できるのだそうです。

公式ホームページのフォームからアドバイザリーに無料相談も可能。アドバイザリー契約を結んだ後に利用料金が発生しますが、契約する前までなら無料でサービスを使えます。また一般的なM&A仲介業者に依頼した場合に発生する、着手金や中間金がありません。成功手数料も業界では最安基準を謳っているので、最低限のコストで売却できるでしょう。

M&Aを大々的に進めたいと考えている企業向き

スピーディーなM&Aが可能

M&Aクラウドは買い手企業のニーズをオープンにし、ネット上に掲載することで売り手を集める方法を取っています。そして、売り手企業から直接コンタクトされるという仕組みです。

これまでのM&A仲介業者を経由して、売り案件を受け取る方式よりもはるかにスピーディーなやり取りが可能。仲介業者を通さないので、手数料もあまりかかりません。 また、売り手側が買い手のニーズを理解した上でコンタクトしてくれるので、案件のマッチング度合いも高くなります。M&Aを大々的に行いたいと考えている企業向けのサービスだと言えるでしょう。

案件ソーシングサービスだけの利用が可能

買い手主導でM&Aを進められる

企業の中には自社にM&A担当がすでにおり、アドバイザリー業務を依頼する必要がない場合もあります。M&Aクラウドではアドバイザリー業務を依頼することもできますが、利用必須ではありません。そのため、依頼が不要であればその分のコストを抑えることができ、買い手主導でM&Aを進めることが可能です。

実際、ユーザーの50%以上が買い手企業に直接メッセージを送り、売却検討に移っているようですので、スピーディーな売買ができます。

M&AクラウドのM&A事例

M&AクラウドのM&A事例は見つかりませんでしたが、公式ホームページにはM&Aに関するインタビュー記事が掲載されていました。M&Aに対する情報をチェックしたい方は記事を確認してみると良いでしょう。

M&Aクラウドへの問い合わせ方法

M&Aクラウドへの問い合わせ方法は、電話とメール、公式ホームページのフォームの3種類です。買い手として登録したい方はまず、公式ホームページのフォームから資料を請求してみましょう。利用できるサービスや料金などは資料に記載されているので、まずは資料請求をしてみていかがでしょうか。

また売り手は完全無料で利用可能です。まだ検討中の段階でもまずは会員登録だけを済ませ、買い手企業にどんな会社があるのかを探すツールとして利用してみてはいかがでしょうか。

M&Aクラウドの会社概要

会社名 株式会社M&Aクラウド
設立日 2015年12月7日
代表 及川 厚博
資本金 公式ホームページに記載なし
事業内容 M&A関連事業
URL https://macloud.jp/
本社所在地 東京都品川区西五反田8-2-2喜助西五反田ビル6F
お問い合わせ先 03-6431-8460

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/