M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > フォーバル

フォーバル

フォーバル公式HP

引用元HP:フォーバル
https://www.forval.co.jp/

後継者不在の事業売却を得意とする仲介会社

フォーバル公式HP

引用元HP:フォーバル
https://www.forval.co.jp/

フォーバルは、中小企業の経営支援を中心に幅広い事業を展開する東証1部企業「株式会社フォーバル」の事業承継部門。創業以来20,000社を超える中小企業支援事業の蓄積を背景に、売却企業・買収企業の双方に最適なマッチングを提案している会社です。

上場を目指すような大規模なM&Aも手がけるフォーバルですが、案件の大半は小規模な中小企業のM&A。特に、後継者不在を理由とした事業売却には豊富な実績とノウハウがあります。

売却側・買収側の条件が合致した場合、M&Aを進めていくかどうかを双方に確認。具体的に話し合いを開始する場合には、事業規模に応じた着手金を支払います。M&Aが成立した場合に限り、加えて成功報酬を支払う仕組みです。

フォーバルのM&Aサービスの特徴

仕組化された企業マッチングでスピーディーM&Aを実現できる

社内で常時抱えている経営相談の件数は20,000件以上

フォーバルが常時抱えている経営相談の顧客数は、実に20,000件以上。多くの企業からのさまざまな経営相談の案件を抱えているため、事業承継・M&Aを提案できる相手方も豊富にあります。企業マッチングが仕組化されているため、スピーディーな企業マッチングを提案することができます。

お急ぎの要望がある経営者の方には、とても力強いパートナーとなることでしょう。

小規模・中規模企業のM&Aを中心に手がけている

報酬面でオーナーが満足できるM&Aを数多く実現

形式的には、中小企業から大企業まで幅広い規模のM&A仲介を謳うフォーバル。しかしながら実質的にフォーバルが手掛けているM&Aは、中規模・小規模企業が中心です。

売上高3億円未満の小規模企業の場合、メガバンクや証券会社にM&A仲介を依頼すると、報酬面で折り合わないこともしばしば。フォーバルでは、売上高が数千万円規模の小規模企業でも、オーナーが満足できるM&Aを数多く実現しています。

M&A以外にもさまざまな事業承継の方法を模索する

オーナーにとっての最適な事業承継方法を提案

事業承継の方法は大きく分けて4つ。親族承継、親族外承継、第三者承継(M&A)、株式上場。加えて、廃業も一つの選択肢となるでしょう。多くのM&A仲介会社は、これらのうち、いずれかの方法に特化しているのが現状。

一方でフォーバルはクライアントファーストの理念を掲げ、オーナーにとっての最適な事業承継方法を検討します。豊富な経験を持つ社内の専門家たちが、知恵を出し合って個別の事業承継の課題に対応しています。

フォーバルのM&A事例

フォーバルが手掛けたM&Aの成約事例についてご紹介します。
なお、同社の公式HPに掲載されていたM&A事例はご紹介する1件のみでしたが、同社では他にも以下のような業界のM&Aを手掛けています。

  • 調剤薬局ドラッグストア
  • 医療福祉
  • ITソフトウェア関連
  • 不動産業、物品賃貸業
  • 製造業
  • 飲食
  • アパレル
  • 人材関連
  • 自動車整備関連
  • 卸売業小売業
  • 運輸業、郵便業
  • 美容化粧品健康食品
  • 電気ガス水道業
  • 教育、学習支援業
  • 出版印刷
  • ホテル旅館
  • 建設業
  • 学術研究、専門技術サービス業
  • 卸売業、小売業
  • 生活関連サービス業、娯楽業
  • その他

すでにご紹介した通り、実質的には中規模・小規模会社のM&A案件に特化しています。なお、国内企業だけではなく海外企業にも対応可能です。

【譲渡事例1】ITシステム業界におけるM&A事例

M&A事例

システムコンサルティング企業 システム受託開発企業

上場を目指した第一歩としての円満なM&A

コンサルティング部門を推進していきたいと考えていたシステム受託開発企業のS社。一方で、マンパワー不足等の問題で受注できる業務が限られていたシステムコンサルティング企業のT社。上場を目指した組織拡大と業務範囲の拡大いう互いのニーズが一致し、円満なM&Aが成立しました。

両企業に在籍する若手社員にも、他のさまざまな業務に携わって自身のスキルを上げたいとの希望があり、今回のM&Aを通じて仕事へのモチベーションもアップしたようです。

フォーバルへの問い合わせ方法

公式ホームページ上段の「M&Aニーズ登録」画面に必要事項を入力のうえ送信。ニーズに合致する案件が見つかり次第、担当者から連絡が入る流れとなります。登録画面とは異なる相談をしたい場合には、電話(0120-37-4086)にて問い合わせを受け付けています。

無料相談と秘密厳守を徹底しているため、M&Aを検討中の方は気軽に連絡をしてみましょう。

フォーバルの会社概要

会社名 株式会社フォーバル
設立日 1980年9月18日
代表 大久保 秀夫
資本金 41億5,000万円
事業内容 情報通信コンサルティング/経営コンサルティング
URL https://www.forval.co.jp/
本社所在地 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル14F
お問い合わせ先 03-3498-1541

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/