山田コンサルティンググループ

M&Aマガジン

 
M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > 山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループ株式会社

山田コンサルティンググループ公式HP

引用元HP:山田コンサルティンググループ株式会社
https://www.ycg-advisory.jp/

財務・税務・会計の分野で高い専門性を発揮

山田コンサルティンググループ公式HP

引用元HP:山田コンサルティンググループ株式会社
https://www.ycg-advisory.jp/

豊富なコンサルティング実績をもち、その数は年間360社にも及びます。経営機能強化や損益・財務改善などの多くの経験や実績に基づいた推進力をもっていて、金融機関からの評価も確か。

また、税理士法人山田&パートナーズが母体であるため、財務や税務、会計などの分野で高い専門性を発揮します。

スピードとフットワークの軽さも特徴のひとつで、さまざまな要望に対し、組織力を生かした柔軟な対応をしてくれるのは、同社ならではの特徴。報告書を提出するだけではなく、クライアントの中に入り込んだ役務提供を行っています。

東京本社のほか、大阪、名古屋、仙台、福岡に支店を、京都、神戸、シンガポール、上海、バンコク、クアラルンプールに事業所を展開するなど、豊富なネットワークにも要注目です。

山田コンサルティンググループのM&Aサービスの特徴

独立系で国内最大規模を誇る日系総合ファーム

グループ内の独自ネットワークで課題解決をトータルサポート

山田コンサルティンググループは、国内最大規模を誇る日系総合ファーム、山田グループの中核企業です。山田グループは、経営支援を請け負う山田コンサルティングループ、会計監査を請け負う優成監査法人、税務を担う税理士法人山田&パートナーズの3社で構成され、M&Aをはじめ、企業経営の課題解決をトータルにサポートしています。

幅広い業界を網羅するプロフェッショナル集団

豊富な人材力をもとにワンストップな経営支援サービスを完備

山田コンサルティンググループには、総勢1,686名(2018年5月時)のプロフェッショナルが在籍。豊富な人材をもとに、マーケティングリサーチに不動産、法務、教育研修といった、M&Aに留まらない豊富なサービスを用意しています。

高齢化社会を背景にした日本企業の後継者不足に危機意識を抱いており、特に中堅・中小企業の経営支援に力を入れています。

海外企業のM&Aも積極的にサポート

グループ傘下に海外企業を持ち、きめ細かいサポートを実現

国内に11か所、海外に3か所の拠点を持っているほか、アジアに豊富な拠点を持つSPIRE Research and Consultingをグループに収めているというのも、山田コンサルティンググループの魅力。日本国内だけでなく、現地企業のM&Aを考える際にも、心強い味方となってくれるはずです。

山田コンサルティンググループのM&A事例

山田コンサルティンググループがサポートしたM&A事例を3つピックアップして紹介します。事業拡大や事業承継の選択肢としてM&Aを検討している方は、チェックしてみてください。

【譲渡事例1】食品製造業界におけるM&A事例

M&A事例

食品製造業 食品製造業

破産した優良企業を適正価格で落札し、再建

譲渡会社は、資金繰りに行き詰って破産した食品製造業会社。譲受会社は、早急に会社の規模を拡大すべくM&Aを検討していた食品製造業会社です。

譲渡企業がもっていた製造工場は立地も設備も良好で、譲受希望企業が多かったのですが、適切な投資回収が可能な入札価格を算定し、適正価格での落札が実現。破産によって解雇された従業員も、一部、再雇用することができました。

【譲渡事例2】建設業界におけるM&A事例

M&A事例

ホテルの開発準備会社 建設会社

傾いた子会社を同業他社に売却して整理

建設業を営む親会社が、子会社としてリゾートホテルの開発準備会社を設立したのですが、子会社の融資増加により親会社の資金調達が滞り、またホテル建設資金の調達も難しくなったため、子会社の売却を決断。

開発に絡む利害関係者は多かったものの、山田ビジネスコンサルティングの仲介により、地元の有力建設会社に無事譲渡することができました。親会社は投資分以上のリターンを得ることができ、金融機関との関係も良好に。また買主である建設会社も、スムーズに大きな事業開発を進めることができたと言います。

【譲渡事例3】金型業界におけるM&A事例

M&A事例

金型メーカー 金型メーカー

同業が合併することにより業界大手に躍進

買収企業は自動車用プレス金型やプレス用各種金型を製造している公開企業。被買収企業は自動車用プレス金型や内装部品金型を製造している非公開企業です。

経済産業省/企業再生支援機構がリードし、国内金型メーカー2社の事業を統合することで、国内最大級の金型専業メーカーが生まれました。

山田コンサルティンググループは、このような会社におすすめです

山田コンサルティンググループは、会計・税務・法務・事業の専門家が集結する総合コンサルティングファームです。

幅広い業種に数多くのM&A実績があり、多くのノウハウを持つ

山田コンサルティンググループは、1989年から事業を行っており、製造業、卸売業、小売業、建設業などの多方面の分野で多くのM&A実績を有しており、これらの実績に裏付けられた成功するための多くのノウハウを持っています。

同社は、グループ内にM&A仲介の専門家、経営コンサルタント、税理士・公認会計士を擁しているため、相談企業のニーズに合わせて柔軟な支援を可能にしています。たとえば、M&A前だけでなく、M&A後の経営改善や組織対応などの課題についても、支援を受けられます。

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

本当に必要な部分にだけコストを掛けられる

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

山田コンサルティンググループは着手金を取らないので、相談企業は納得のいくまで無料で検討支援サービスを受けられます。

相談時に着手金を払う必要がないので、M&Aに余分なコストをかけたくない企業には、多方面からのアドバイスを受けられるメリットがあります。

さらに同社は国内だけでなく、海外にも拠点を持っており、事業承継のような国内案件だけでなく、海外での新規事業立ち上げや海外販路開拓などのためのM&Aについても、支援が受けられる頼もしいパートナーになります。

山田コンサルティンググループへの問い合わせ方法

山田コンサルティンググループへの問い合わせ方法は、代表電話に直接問い合わせるか、公式サイトの問い合わせフォームを利用するかの2パターンです。

ただ、山田コンサルティングは全国各地でセミナーを開催しているため、興味のあるテーマを受講して直接話を聞いてみる、という手も。ほか、メールマガジンも配信されているので、手軽に情報を仕入れたい場合はそうしたサービスを利用するのもよいでしょう。

山田コンサルティンググループの会社概要

会社名 山田コンサルティンググループ株式会社
設立日 1989年7月10日
代表 増田 慶作
資本金 15億9,953万円
事業内容 事業承継・M&A事業/経営コンサルティング事業/組織・人事コンサルティング事業/海外事業コンサルティング事業/株式報酬コンサルティング事業/医療・介護・福祉事業者向けコンサルティング事業/事業再生コンサルティング事業/不動産コンサルティング事業/相続手続きサポート事業/教育・研修事業
URL https://www.y-bc.co.jp/ma/
本社所在地 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館10階(受付9階)
お問い合わせ先 03-6212-2510

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

                                                           
比較項目日本M&AセンターFUNDBOOK
(ファンドブック)
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
WEB掲載
登録料
WEBプラット
フォームなし
無料
成功報酬 対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
対象資産額の1~5%
(レーマン方式)
成約までの
スピード
6ヵ月~数年2ヵ月~数年
交渉先選定に
対する自由度
基本的に全てコンサルティング担当者の紹介にゆだねる形 コンサルタントによる紹介を待ちつつ、Web上で自ら探してコンサルタントに相談もできる形
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
株式会社FUNDBOOK公式サイト
https://fundbook.co.jp/