M&AパートナーズのM&A(事業承継・会社売却)サービスの特徴・口コミ評判

売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-06-25

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&Aパートナーズ

M&Aパートナーズ公式HP
引用元HP:M&Aパートナーズ
http://www.ma-partners.co.jp/
少数精鋭で、小売業にも特化した仲介会社

M&Aパートナーズは、2007年に設立された千代田区を所在地とする仲介会社。代表の池井 良彰氏は総合商社に10年勤めたのち、日本初のM&A専門会社として名高い株式会社レコフの創業へ参画。業界では20年以上の経験を積んでから独立した人物です。

そのためか、業界での豊富な経験を活かし、景気や時世などを考えながらサポートを行える会社として評判を集めています。2020年には創業13周年を迎える同社ですが、M&Aの仲介以外にもベンチャー企業の支援や再建支援、資金調達など幅広いコンサルティングに対応しているとのことです。

仲介面での特徴は、まず着手金が不要なのが魅力。しかも中間報酬や相談料なども一切必要なく、相手企業と交渉が始まってから「月額制」で活動費を支払うという珍しい形態となっているので、経費が分かりやすいのも信頼できるポイントと言えるでしょう。

スタッフは少数精鋭。いずれも業界で実務経験を積んでおり、親身になって相談を受けてくれます。過去に携わった業種も医療機器メーカーから小売業(スーパー)まで幅広く、規模や案件を問わず頼ることが可能です。成約後も健全に事業を継続できるか、に重きを置いた誠実なサポート力は、初めてM&Aに挑戦する企業や経営者の方にとっても心強いのではないでしょうか。

M&Aパートナーズの特徴

特徴

着手金不要、良心的な料金でM&Aが可能

M&Aパートナーズは、着手金不要、かつ良心的な料金でサポートが受けられる仲介会社。候補企業の選定までは費用がかからず、交渉に入った時点で「月額50万円」の活動費を支払うということになっています。

つまり、中間報酬も不要ということ。活動費の他は成功報酬のみ、と非常に明瞭な価格設定になっていますから、会社の規模を問わず(ある程度小規模であっても)無駄なく締結を目指すことが可能です。

特徴

医療機器や食品関係、スーパーなど小売業の実績も豊富

M&Aパートナーズは幅広い業界に豊富な実績を持っています。業種にこだわらず様々な案件の相談を受け付けていますが、特に医療機器メーカーや食品関係、スーパーをはじめとした小売業の成約が多いよう。

また、買収のみならず資本参加やTOB(株式公開買い付け)など、対応しているM&Aの方法も多岐に渡ります。事業譲渡はもちろん、その他のお悩みがある方もぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

特徴

「事業の継続性に支障をきたさない」ことを重視し、M&Aをサポート

M&Aパートナーズに所属するスタッフたちは、いずれもM&Aの実務経験に関して20年以上のノウハウを持つ精鋭ばかり。そのため、売却額をはじめとした利益面だけでなく、今後想定されるリスクを踏まえた上で堅実な結果を出すことが可能です。

重視するのは「事業の継続性に支障をきたさない」こと。成約時点では満足のいくM&Aであったとしても、その後の事業が上手くいかなかったり、相性が合わないことが判明したりすれば不幸なものとなってしまう、との考えで、安定性に重きを置いたサポートを行っています。

M&Aパートナーズは、
このような会社に
おすすめです

M&Aパートナーズは、以下のような特徴をもつ会社、経営者の方におすすめと言えます。

  1. 企業規模が小さく、対応してくれる仲介会社があるか不安を持っている方
  2. 事業の継続性を重視したM&Aを望んでいる方
  3. 少数精鋭の仲介会社で、信頼できるアドバイザーに出会いたい方

確かな経験と実績に基づいたサポート力が、M&Aパートナーズの強み。特に「会社の規模的に対応してくれる仲介会社があるか分からない」「M&Aを行った後の経営面が心配」といった不安を抱いている方にとっては、親身になってくれる会社と言えるでしょう。

また、担当者の数が多いとそれだけスキルや経験にも差が出てくる恐れがありますから、少数精鋭、限られたメンバーのみが対応してくれるというのも安心しやすいポイントですね。企業の所在地に関しては特に規定がないようですから、遠方の経営者の方も気になる場合はぜひ検討してみてください。

M&Aパートナーズの成約事例

譲渡事例

システム開発業界におけるM&A

譲渡企業
システム開発会社
譲受け企業
不明(5社の候補から選出)

65歳で趣味の事業を始めたい、と願っていたシステム会社社長のAさん。現在63歳とのことで「M&Aは早くても半年かかる。急ぎではなくてもその間に何らかのトラブルが起これば全てが水の泡になるので、早く動きましょう」とM&Aパートナーズからアドバイスされたそうです。

候補となる会社は5つほど見つかりましたが、はじめに検討していた1社目は価格条件が合わず、結果的には3社目で合意することに。お互いにシナジー効果が得られそうなM&Aが成立しました。この頃、たまたまアベノミクスの影響で景気が向上した背景も大きいとされており、そういった社会的な時世も読む力にも長けている仲介会社なのではないでしょうか。

その他、製造業関連や食品、医薬品関連、小売業、流通関連、サービス業関連など、以下のような実績があります。

  • ・医療機器メーカーの買収案件
  • ・国内医療機器会社による海外医療機器会社の買収
  • ・上場製油会社の、中国大豆製品メーカーへの資本参加
  • ・健康食品製造会社の買収
  • ・大手の食品会社子会社を惣菜会社へ売却
  • ・大手製薬会社子会社の売却
  • ・地方のコンビニを大手コンビニチェーンが買収
  • ・電鉄系の大手物流子会社を上場中堅物流会社へ売却
  • ・大手システム会社による大手化学会社のシステム子会社の買収

M&Aパートナーズへの問い合わせ方法

M&Aパートナーズへのお問い合わせは、下記公式ホームページの選択肢最下部「お問い合わせ」をクリック。入力フォームからオンラインでの相談が可能です。個人情報は厳守で対応されるので、ぜひお気軽に検討してみてください。

また、電話番号も記載されているため、何か急ぎの内容があればそちらにかけてみるのも良いでしょう。

M&Aパートナーズの
会社概要

会社名 株式会社M&Aパートナーズ
設立日 2007年11月
代表 代表取締役 池井 良彰
取締役 藤枝 政雄
資本金 1,000万円
事業内容 M&Aの仲介及びコンサルティング
URL http://www.ma-partners.co.jp/index.html
本社所在地 〒102-0083東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス
お問い合わせ先 03-3744-6211

トピック:M&A仲介

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ