M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > 日本M&Aマネジメント

日本M&Aマネジメント

日本M&Aマネジメント公式HP

引用元HP:日本M&Aマネジメント
http://j-mam.co.jp/

総合的なアドバイスで解決策を提案

日本M&Aマネジメント公式HP

引用元HP:日本M&Aマネジメント
http://j-mam.co.jp/

契約当事者同士の友好的M&Aの仲介や斡旋を行っている日本M&Aマネジメント。潜在的なニーズを発掘して、解決策としてのM&Aの提案や、事業の目的を達成するための戦略的M&Aの総合的なアドバイス、具体的な解決案を提案してくれます。

また、企業を再生するための総合的なアドバイスや解決策を提供し、企業再生の支援も行います。

交渉戦術立案のための助言、弁護士や公認会計士などの専門家によるプロジェクトチームの組成、デューデリジェンスの実施、相手方企業の価値評価など、総合的なM&Aアドバイザリーサービスを行っています。

日本M&AマネジメントのM&Aサービスの特徴

中堅・中小規模の会社をサポート

業界問わず多くの実績がある

日本M&Aマネジメントは、中堅・中小規模のM&Aを中心に行う仲介会社です。会社の規模の大小にかかわらず、多数の買収希望が寄せられているため、飲食業・アパレル・印刷会社・寝具通販・外食チェーン・調査会社・保険代理店・薬局などとても幅広い分野のM&A実績があります。

案件ごとにプロジェクトチームを組成

専門知識が必要な分野にもスムーズに対応

日本M&Aマネジメントでは、顧客ごとに弁護士・公認会計士などの専門家でプロジェクトチームをつくり対応しています。

契約実務、会社法・金融商品取引法、独占禁止法、税法、知的所有権保護など専門的な知識が必要な内容にも、それぞれの専門家が対応してくれるため安心して任せられます。

デューデリジェンスの実施

相手企業を調査し査定する

デューデリジェンスとは、投資対象となる企業、投資先を様々な面から調査し、価値やリスクを査定するというもの。日本M&Aマネジメントでは、組成されたプロジェクトチームが、M&Aの相手企業の資産や財務などの調査を実施します。

日本M&AマネジメントのM&A事例

日本M&Aマネジメントが手掛けたM&A事例をまとめました。業種は非公開のところもありますが、M&Aをご検討中の方は参考にチェックしてみてください。後継者不在によるM&Aの事例を中心に紹介しています。

【譲渡事例1】業界非公開のM&A事例

M&A事例

非公開 非公開

複数の買収候補先から選択

65歳になった社長が後継者を探したときに、優秀な技術者はいるものの、経営者にふさわしい人物がいませんでした。また、社員の高齢化が進み、会社の将来を考えたときに、M&Aを検討。

社長退任後、従業員の退職や会社の離散を避けるべく、1年間は社長として留任。複数の買収候補先がありましたが、その思いをくんでくれる企業に引き継ぐことができました。

【譲渡事例2】業界非公開のM&A事例

M&A事例

非公開 非公開

すべての条件を満たす会社に出会えた

後継者の不在により、事業承継を検討しはじめた会社。M&Aの担当者と面談した上で、複数の買収候補先を紹介され検討を続けていました。

価格や条件はもちろん、それ以上に、顧客や従業員、株主の理解を得られるかが不安でしたが、現状のまま引き継いでもらえることになり、満足できる結果となりました。

【譲渡事例3】電気工事業界のM&A事例

M&A事例

電気工事会社 建材リース会社

なかなか見つからなかった買い手が見つかった

経営資源の集中により、管、空調、土木工事を担う非中核事業の子会社の売却を検討していた電気工事会社。証券会社や大手M&A専門会社に売却依頼をしていたものの、買い手が見つからず、日本M&Aマネジメントへ依頼。

子会社の事業分析を重ねた結果、大手商社系の建材リース会社との交渉がまとまりました。

日本M&Aマネジメントは、このような会社におすすめです

日本M&Aマネジメントは、中小・中堅企業のM&A案件に対して、弁護士・公認会計士などの専門家でチームを組んで、初めから終わりまで寄り添ったきめ細かな支援することに力を入れているM&A仲介会社です。

事業承継や事業拡大などの課題を持っている中小・中堅企業は、幅広い分野から専門的なアドバイスや支援を受けることができます。

多岐にわたる事業分野での実績あり

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

同社のホームページに掲載されていますM&A実績は、印刷会社、音楽・映像ソフト卸の会社、寝具通販会社など多岐にわたる事業分野で結果を出していることを示しています。

このことは、同社が特定の事業分野に限らないで、多方面からの相談・支援案件に対する対応能力を持っていることがわかります。たとえば、後継者不在による事業承継課題解決のためM&Aを想定していた企業が、同社に相談した結果、後継者不在自体の課題を解決する企業再生支援を受けることも可能です。

このように、自社の経営課題に対して寄り添って伴走してくれる支援を受けたい企業には、日本M&Aマネジメントは頼もしいパートナーになります。

日本M&Aマネジメントへの問い合わせ方法

日本M&Aマネジメントへの問い合わせは、電話もしくは公式ホームページの問い合わせフォームから行うことができます。

電話での問い合わせは、平日9:00~19:00。メールでの問い合わせは受付フォームから24時間可能です。簡単なアンケートと連絡先を入力するだけなので気になる方はこちらから問い合わせすることをおすすめします。

日本M&Aマネジメントの会社概要

会社名 日本M&Aマネジメント株式会社
設立日 2003年4月
代表 角田幸治
資本金 9975万円
事業内容 M&Aの仲介、斡旋
企業再生コンサルティング
中堅・中小企業の再生・成長資金を提供するファンドの運営
URL http://j-mam.co.jp/
本社所在地 東京都港区芝大門1-10-11 芝大門センタービル10F
お問い合わせ先 03-6435-0029

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

             
比較項目 日本M&Aセンター M&Aネットワークス
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
中間報酬 不明(要問合せ) 無料
成功報酬 対象資産額の1~5% 譲渡対価より算定
※総資産からの算定よりもリーズナブル
成約までの
スピード
6ヵ月~数年 2ヵ月~数年
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
M&Aネットワークス公式サイト
https://es-ma-networks.jp/