M&Aマガジン HOME > 事業承継・会社売却・M&Aの仲介会社一覧 > 三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行公式HP

引用元HP:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/houjin/index.html

グループ企業と連携してきめ細かいサービスを実施

三菱UFJ銀行公式HP

引用元HP:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/houjin/index.html

三菱UFJ銀行は、日本を代表するメガバンクの1つで、MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)の中核銀行です。

三菱UFJフィナンシャルグループは、三菱UFJ銀行のほか、三菱UFJ信託銀行や三菱UFJモルガン・スタンレー証券、三菱UFJニコスなどを擁する総合金融グループ。M&A事業においても、グループとしての強みを生かし、案件ごとに柔軟な提案を行っています。

M&Aの成功だけを目的とせず、顧客の経営課題に深く踏み込み、その課題解決にはどういった戦略が必要か、ゼロベースで考えてもらえるのが魅力です。

また、海外を対象としたM&Aにも積極的で、同グループの三菱UFJ信託銀行の池谷幹男社長は、1兆円規模のM&Aを行っていくことを明言。三菱UFJ銀行をはじめ、MUFG全体の動向が注目されています。

三菱UFJ銀行の
M&Aサービスの特徴

投資銀行と商業銀行のハイブリッドサービス

大型M&Aを手掛ける三菱UFJモルガン・スタンレー証券と連携

三菱銀行を擁するMUFJには、サントリーによる米国のビーム社買収を手掛けた三菱UFJモルガン・スタンレー証券も所属しています。ビーム社買収の際、三菱UFJ銀行は、8000億円を単独でブリッジ融資するなど、スムーズなM&Aを支援しました。

銀証一体のきめ細かいサポートが期待できるのは、三菱UFJ銀行の強みと言えるでしょう。

スピーディな対応が期待できるサービス体制

東京・名古屋・大阪にM&A専門スタッフを配置

三菱UFJ銀行は、東京・名古屋・大阪の3つの拠点にM&A専門のスタッフを配置。各地域の大企業、中堅企業のM&A案件にスピーディに対応できる体制を整えています。

M&Aを行う場合、顧客の諸情報だけでなく、ターゲットとする商圏についての知識も重要となってきます。三菱UFJ銀行では、各エリアごとに専門家を配置することで、きめ細かい提案を実現しているというわけです。

クロスボーダーM&Aの実績も豊富

盤石な国内基盤をもとに日本企業による海外企業買収を支援

三菱UFJ銀行は、日本トップクラスの金融機関です。国内の企業と深いつながりを持っています。一方、同グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、外資が母体であり、国際的なネットワークを築いています。

こうしたグループ間のシナジー効果により、日本企業による海外企業(とくにアメリカの企業)の買収を数多く手掛けています。

三菱UFJ銀行のM&A関連ニュース

「M&A強化へグループ連携」 三菱UFJモルガン、新社長に荒木氏

三菱UFJFGは「再創造イニシアティブ」と名付けた構造改革を進めている。米モルガン・スタンレーとの連携も含め、「グループをあげてM&A(合併・買収)案件の獲得や国内営業の強化などに取り組む」(荒木氏)方針だ。

出典:「M&A強化へグループ連携」 三菱UFJモルガン、新社長に荒木氏:日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26532950V00C18A2EE9000/

M&Aで成果を実らせた三菱の証券戦略

三菱東京UFJ銀行はサントリーの買収資金のうち8000億円を1行単独でブリッジ融資した。M&A助言という高度で知的な投資銀行業務で手数料を稼ぎ、伝統的な大企業向け融資という商業銀行ビジネスで利ザヤを得る──。そんな「銀証」一体ビジネスが実現できたのは、三菱UFJフィナンシャル・グループが2008年のリーマン危機時、窮地にあった米モルガン・スタンレー(MS)に90億ドルを差し出し、約2割を出資することができたからである。

出典:Secial Feature!

http://www.elneos.co.jp/1502sf2.html

三菱UFJ銀行は、このような会社におすすめです

三菱UFJ銀行は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と連携して、中堅・大手企業を中心にM&A仲介業務を行っています。

2018年7月2日に、三菱UFJ銀行は中小企業の事業承継ニーズ支援を強化するため、株式会社日本M&Aセンターとの提携を発表しました。

得意なのは大手企業の大型M&A案件の支援

三菱UFJ銀行と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が支援したM&Aの実績案件は、その多くが1000億円単位の買収になります。今までのM&A仲介実績から、当銀行は大手企業のM&A仲介を得意としています。

加えて、株式会社日本M&Aセンターとの提携により、中小企業の事業承継のためのM&A仲介を強化する方針です。

多くの中小企業は三菱UFJ銀行と取引をしていますので、当銀行は事業承継に課題を持つ企業の有力な支援先になります。

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

海外企業とのM&A仲介・支援に強み

経営コンサルタント 山本 雅暁

経営コンサルタント

山本 雅暁

三菱UFJ銀行は、上記のように、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と連携していますので、数多くの海外企業とのM&A仲介を行ってきた実績をもっています。

同銀行は、中堅・大手企業だけでなく、海外展開を考えている中小企業も、まずは相談すべき有力なパートナーになります。

三菱UFJ銀行の会社概要

会社名 株式会社三菱UFJ銀行
設立日 1919年8月15日
代表 三毛 兼承
資本金 17,119億円
事業内容 金融業及びその他付帯業務
URL http://www.bk.mufg.jp
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
お問い合わせ先 0120-860-777

サポートが手厚い
M&Aおすすめ企業

ひとくちにM&A会社といっても、相談する企業の事業規模や経営状況によって、選び方は変わってきます。ここでは、私たちが最も重要と考える「経営者が納得のいく情報・サポートを提供できる」仲介会社2社を比較して紹介します。

             
比較項目 日本M&Aセンター M&Aネットワークス
相談料 無料 無料
企業価値算定
(売却額の見積り)
有料(成約すれば無料) 無料
着手金 有料(要問合せ) 無料
中間報酬 不明(要問合せ) 無料
成功報酬 対象資産額の1~5% 譲渡対価より算定
※総資産からの算定よりもリーズナブル
成約までの
スピード
6ヵ月~数年 2ヵ月~数年
公式HP日本M&Aセンター公式サイト
https://www.nihon-ma.co.jp/
M&Aネットワークス公式サイト
https://es-ma-networks.jp/