M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

福邦銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

福邦銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

日本M&Aセンターやスターシップホールディングス、中小企業基盤整備機構などとの提携のもと、M&Aアドバイザリーサービスや事業承継支援サービスを提供。またクロスボーダーM&Aについては、ジェトロなどの専門機関との提携により強固な支援体制を構築しています。同行主催の海外進出セミナーも好評。

福邦銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

福邦銀行の公式HPでは、同行のM&A・事業承継支援の仲介手数料に関する情報を得られませんでした。

なお一般的なM&A・事業承継支援における仲介手数料は、紹介等を通じて最終的にM&Aアドバイザリー契約を結んだ仲介会社に対し、その仲介会社が設定する料金を支払う形となります。参考までに、福邦銀行が提携する日本M&Aセンターの手数料体系は、原則「着手金+譲渡金額×1~5%」となります。

手数料の詳細については、福邦銀行まで直接お問い合わせください。

福邦銀行のM&A/事業承継の流れ

福邦銀行の公式HPでは、同行によるM&A・事業承継支援の流れが掲載されていませんでした。以下では参考までに、一般的な仲介会社におけるM&A支援の流れについて、売り手側の視点からご紹介します。東邦銀行におけるM&A支援の流れも、おおむね以下と変わりないでしょう。

・福邦銀行(または提携機関)とM&Aアドバイザリー契約を結ぶ
まずは福邦銀行の窓口にて、M&A・事業承継に関する相談。相談者が抱える経営課題をM&Aや事業承継で解決できる可能性がある場合には、福邦銀行または福邦銀行が紹介した外部専門機関との間で、M&Aアドバイザリー契約を結びます。

・買い手候補となる企業を探す
福邦銀行(または提携機関)が持つ企業ネットワークを駆使し、買い手候補となる企業を複数ピックアップ。売り手企業側の意見・希望も採り入れる形で、最終的に交渉する相手企業を1社に絞り込みます。

・M&Aの条件交渉を行う
最終的に絞り込んだ買い手候補企業に対し、実際に東邦銀行(または提携機関)がアプローチ。M&Aによる企業買収を打診します。買い手候補企業がM&Aに前向きな場合には、売り手と買い手の双方でM&Aの具体的な条件交渉を行います。

・基本合意契約を結ぶ
売り手と買い手との交渉の結果、互いに納得できる条件に達した段階で、双方の間で基本合意契約を締結。M&Aスキーム(手法)や以後のスケジュール、譲渡価格の目安などを取り決めた契約です。

・デューデリジェンスを行う
買い手企業から売り手企業に対してデューデリジェンスを行います。デューデリジェンスとは、売り手企業の財務面や税務面、法務面、人事面などの詳細を専門家が詳しく調査すること。譲渡価格の見直しやM&A成立後の経営統合などに役立てるために行います。

・M&Aの最終条件交渉を行う
デューデリジェンスの結果を踏まえ、売り手と買い手でM&Aの最終交渉を実施。譲渡価格の再評価や各種条件の微調整などを行います。

・最終合意契約を結ぶ
最終条件交渉を経て、互いに納得できる条件に達した段階でM&Aの最終契約を締結。以後はM&Aアドバイザリー会社のサポートのもと、具体的な経営統合の実務を進めていきます。

福邦銀行のM&A・事業承継の事例・実績

福邦銀行の公式HPには、同行が手がけたM&A・事業承継の事例の紹介がありませんでした。以下では参考までに、同行が提携するスターシップホールディングスの公式HPから、同社が手がけた事業承継の事例を2つほどご紹介します。

・M&Aにより双方にとっての理想的な決着
年齢的な理由でリタイアを希望していたものの、後継者不在問題を抱えていたA社の社長。従業員のことを考えると安易に廃業もできないとの判断から、他社へ株式を100%譲渡しました。
A社の経営を引き継いだB社は、当初予想していなかったほどのシナジー効果を実現。M&Aが双方にとっての理想的な決着を導きました。

・大手スーパーへの対抗策として大手スーパーに株式譲渡
地元に愛され続けてきたスーパーC社。ところが大手スーパーの進出により経営危機に直面。最悪の事態を避けるため、大手スーパーD社に株式を100%譲渡しました。
D社にとっては好立地の店舗を獲得できるとあり、C社が求めた従業員の雇用と取引先の継続を確約。全体にとっての円満な解決となりました。

福邦銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.fukuho.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.fukuho.co.jp/contact/index.php
企業情報 https://www.fukuho.co.jp/ir/company.php
よくある質問 https://www.fukuho.co.jp/faq/index.php

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?