M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

北都銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

(引用元)北都銀行公式HP https://www.hokutobank.co.jp/

北都銀行のM&A・事業承継の特徴

※提携先の日本M&Aセンターを参考に記載

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

北都銀行は、秋田県を本店とする地方銀行のひとつ。山形県を拠点とする荘内銀行とも経営統合しており、主に個人や県内企業を対象として地域に根付いた運営を行っています。

M&Aや事業承継に関しては、2009年より大手仲介会社として知られる日本M&Aセンターと提携。それぞれのノウハウやネットワークを共有し、取引先の発展に努めているとのことです。

北都銀行のM&Aサービスについては詳しい記載がないようですが、提携先の日本M&Aセンターは「最高のM&A」をテーマにアドバイザリーから事業承継、クロスボーダーM&Aなど幅広く対応しており、全国的に実績が豊富なので、秋田県を拠点とする企業の方で後継者や第三者への引継ぎを検討している場合は、ぜひ一度ご相談ください。

また、2020年には地域金融機関とのネットワークにより、中小企業の事業承継を支援する「事業引継ぎ.net」を運営しているインクグロウ株式会社との提携も発表されています。秋田県は特に後継者不在に悩む企業が多いと言われていますが、このタッグにより今後はより一層スピーディー、かつ双方が納得できる地域内承継の輪が広がることでしょう。

北都銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

※提携先の日本M&Aを参考に記載

報酬種別 費用
着手金 あり(金額は非公開)
中間金 不要
月額報酬 不要
成功報酬 譲渡企業の時価総資産額を参考に、レーマン方式にて算定

北都銀行のM&Aについて具体的な報酬体系は明かされていませんが、日本M&Aセンターを介しての取引となる場合は上記のように、基本的には「着手金+成功報酬」の支払い義務が生じます。成功報酬は売り手(譲渡)企業の時価総資産額を参考に、レーマン方式によって5~1%の仲介手数料が請求される仕組みです。

昨今では着手金無料の会社も多いですが、あえて有料にすることで担当者の成約に対する焦りを少なくし、確実に希望に沿った候補先を提案、および対等な交渉ができるようにとの配慮があるよう。とはいえ、銀行独自の金額が設定されていることもありますので、詳しくはお問い合わせください。

北都銀行のM&A/事業承継の流れ

北都銀行公式サイトには詳しい記載がないようでしたが、提携先の日本M&Aセンターを参考に、受けられるサービスを中心としたM&Aの流れをまとめてみました。事前計画から戦略立案、交渉、アフターサービスまで、一貫したサポートが行われていることが分かりますね。

1.事前コンサルティング

こちらのサービスはすべてオプションとなりますが、M&Aを検討するにあたって必要な情報の整理や、戦略の提案などが行われます。事業承継診断によって「親族内承継か、従業員への承継か、M&Aか」を考え、成長戦略コンサルティングで将来的な成長のための戦略をスタッフと共に熟考。株価算定では、売り手側にとって特に気になる適正な自社株の価値を算定することが可能です。

2.M&Aサービス(戦略立案)

M&Aサービスの中でも、こちらは戦略と立案がメイン。株価に留まらない企業の収益性や将来性などを詳しく評価し、業界の状況を踏まえた企業レポートを作成します。譲渡希望情報が出来上がったら、それを全社で共有してマッチングスタート。外部とのネットワークを前提としない単独での情報量業界ナンバーワンを自負する日本M&Aセンターならではの手腕が光るところです。

3.M&Aサービス(マッチング)

まずは情報漏洩を防ぐためノンネームでの提案が行われたのち、秘密保持契約が済んだら詳細資料が提示されます。それが完了すれば、いよいよ「お見合い」とも呼ばれるトップ面談です。もちろん一度で上手くいくとは限りませんが、互いの条件をすり合わせながら丁寧に交渉が行われます。その後は基本合意締結、買収監査を経て、最終条件の交渉を終えると無事成約式です。

4.アフターサービス

成約したからといって、まだ100%安心はできません。オプションにはなりますが、従業員や取引先への開示や経営統合など、その後を左右する事柄についても日本M&Aセンターはしっかりとサポートしてくれます。いかに互いの強みを活かして相乗効果を得るか、譲り受けた事業や従業員をどう活用するかなど、少しでも不安があれば6か月間でのコンサルティングを目安とした「100日プラン」をご相談ください。

北都銀行のM&A・事業承継の事例・実績

北都銀行におけるM&Aや事業承継の成功事例については、詳しい記載がありませんでした。守秘義務の観点から掲載を控えているものと思われますので、気になる方はお問い合わせください。

また、提携先である日本M&Aセンターにも事例が多数紹介されています。今のところ秋田県の事例はないものの、全国の企業に対して豊富な実績があることが窺えるため、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参照元:日本M&Aセンター|日本M&Aセンター成功事例集

北都銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.hokutobank.co.jp/index.htm
お問い合わせフォーム https://www.hokutobank.co.jp/quest/index.htm
企業情報 https://www.hokutobank.co.jp/profile/index.htm
よくある質問 https://www.hokutobank.co.jp/faq/index.htm

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?