経営承継支援

目次

経営承継支援

経営承継支援公式HP
引用元HP:日本経営承継支援
http://jms-support.jp/
全国1,000超のネットワークを完備するM&Aアドバイザリー

経営承継支援は、M&A経験10年以上、成約件数30件以上を誇るベテラン専門家によって組織されています。

全国1,000超に及ぶ商工会議所や地方銀行、税理士事務所のネットワークを駆使し、買い手情報をリサーチ。譲渡企業にとって理想的な形で取引をまとめられるよう、尽力しています。

最初からM&Aを前提とせず、事前に「事業承継・M&A無料診断」を行い、最適な選択肢を模索してくれるのも同社の特徴。これは、課題解決において、親族内承継か、従業員承継か、それともM&Aか、その企業の内情を踏まえて検討してくれるサービスです。

M&Aに限らず、その企業にとって最善と思われる選択肢を提案してくれるわけです。

経営承継支援の
M&A形態について

特徴

M&A以外の選択肢も提案してくれる

独自の「事業承継・M&A無料診断」で最適な選択肢を提示

M&Aが本当に最善の選択肢なのかがわからない、という経営者のために、専門家ならではの知見を結集した診断テストを完備。あらゆる選択肢を検討し、経営オーナーの判断基準となる情報を提示してくれます。

特徴

優秀なコンサルタントがM&Aを支援

中小企業の価値向上を見据えたきめ細かいサポート

経営承継支援では、これまで日本経済を支えてきた中小企業の価値を次世代に引き継ぐため、優れた道徳観念と専門性を兼ね備えた人材を確保。M&Aのプロフェッショナル集団として、きめ細かいサポートを実践しています。

特徴

無駄なコストの発生しない完全成功報酬制

仲介手数料、着手金等が無料

M&A仲介会社の多くは、着手金や月額報酬といった費用項目をプランに組み込んでいます。その点経営承継支援は、着手金、月額報酬が無料の完全成功報酬制を導入。なるべく負担の小さい形でM&Aを実施できるよう、図らっています。

経営承継支援のM&A事例・実績

経営承継支援が手掛けたM&Aの事例を紹介します。

譲渡事例

経営承継支援におけるM&A事例

譲渡企業
クリニック
譲受け企業
新規開業医
閉院するクリニックを次世代へ引き継ぎ

70代半ばのA医師は、地域のかかりつけ医として長年クリニック経営を行ってきました。しかし、体力的な問題から診療を続けるのが困難に。閉院を決意したものの、地域医療が損なわれることを危惧し、ギリギリのタイミングで経営承継支援に相談。

一まもなく、新規開業を検討している独立希望の勤務医が現れ、お互いの需要がぴったりマッチしたことから、無事契約が成立したと言います。

譲渡事例

機械製造業におけるM&A

譲渡企業
機械メーカー
譲受け企業
機械メーカー
特殊分野に特化した老舗メーカーを同業に譲渡

相談企業は、大手企業から5名で独立し、30年かけて会社を大きくしてきたという老舗の機械メーカーです。創業メンバー全員が60代となり、後継者問題が顕在化したことで、M&Aを決意。

一分野に特化していたこともあり、なかなか買い手が見つからなかったものの、経営承継支援の専門家ネットワークによって隣県の小型機械メーカーをマッチング。譲渡企業の技術は新しい分野へ進出する足掛かりとなり、譲渡企業、譲受企業ともに納得の形で取引が成立したとのことです。

譲渡事例

介護業界におけるM&A

譲渡企業
大手の在宅介護事業部門
譲受け企業
介護事業会社
大手事業会社の介護事業を介護事業専門会社に譲渡

事業所の収支目標が達成できなかったことから、大手企業の在宅事業部門がM&Aで売却されることになりました。相談を受けた経営承継支援は、複数の候補先をピックアップし、次々アプローチ。

なかなか買い手が見つからなかったものの、一度断られた候補から、譲受企業エリアへの進出が決定したとの連絡を受け、再度マッチング。無事契約成立となりました。

経営承継支援は、
このような会社に
おすすめです

経営承継支援をおすすめしたいのは、さまざまな事業承継の選択肢から最善の方法を選びたい、さらに安いコストでM&Aを行いたい経営オーナーです。

事業承継を幅広い選択肢から考えたい中小企業にお勧め

経営承継支援の支援サービスは、中小企業の経営承継・事業承継自体をサービスメニューにしている点が特徴です。

事業承継の解決策はM&Aだけでなく、後を継ぐ子どもがいなくても親族内承継、従業員承継といったその他の選択肢のメリット、デメリットを提示してくれることにあります。

各種選択肢から最善の方法で、事業承継を支援してくれる心強いパートナーになります。

完全成功報酬制という料金体系

経営承継支援は、上記の事業承継支援の視点から着手金や月額報酬を必要としない、完全成功報酬制でアドバイザリー業務を請け負っています。

この成功報酬も業界最安水準と言われている500万円に設定されていることは嬉しいことです。

相談企業は、事業承継のさまざまな選択肢を比較検討して、最も合理的な方法を低コストで支援を受けられるでしょう。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

経営承継支援の
会社概要

会社名 株式会社経営承継支援
設立日 2015年4月16日
代表 笹川 敏幸
資本金 1億4,018万円
事業内容 中堅・中小企業の円滑な事業承継のためのコンサルティング業務/中堅・中小企業の継続・発展に資するM&A仲介・助言業務
URL http://jms-support.jp
本社所在地 東京都千代田区霞が関三丁目2番1号 霞が関コモンゲート西館 20階
お問い合わせ先 03-6279-0457

経営承継支援を確認する

公式サイト http://jms-support.jp

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?