M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

京葉銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

京葉銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

京葉銀行では、同行法人営業部法人営業グループが中心となり、中小企業診断士等の専門資格を持つ行員や提携する専門機関により、経営者のさまざまな課題に対応。業務の一環として、M&Aアドバイザリーサービスや事業承継支援なども行っています。

また同グループは、海外の現地法人等とのネットワークを通じ、企業の海外進出支援や海外への販路拡大支援等も実施。クロスボーダーM&Aにも対応可能です。

京葉銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

京葉銀行の公式HPでは、M&A・事業承継支援の手数料に関する記載がありませんでした。なお一般的には、M&A・事業承継支援の契約を結んだ機関(京葉銀行または紹介された 専門機関)が設定する手数料システムが適応されます。

手数料の詳細を知りたい方は、京葉銀行まで直接お問い合わせください。

京葉銀行のM&A/事業承継の流れ

京葉銀行の公式HPでは、同行が行うM&A・事業承継支援の流れが掲載されていませんで した。以下、参考までに一般的な金融機関が行っているM&A・事業承継の流れをご紹介します。京葉銀行においても、おおむね以下の流れで支援が行われるものと思われます。

・京葉銀行とM&Aアドバイザリー契約を結ぶ
京葉銀行の窓口を訪ね、M&Aを検討していることを相談。何度かの相談や打ち合わせを経てM&Aを行う決断に至ったならば、京葉銀行とM&Aアドバイザリー契約を結びます。案件によっては、京葉銀行が専門会社を紹介する形になるかもしれません。その場合には、紹介された専門会社とM&Aアドバイザリー契約を結ぶ形になるでしょう。

・M&Aの相手企業を探す
京葉銀行のネットワークを通じ、M&Aの相手方候補となる企業を探します。まずは形式的な条件が一致する候補企業を複数ピックアップし、その後、依頼者と京葉銀行が相談をしながら、最終的な1社へ絞り込んでいく形です。

・相手企業とM&Aの条件交渉を始める
絞り込んだ1社に対して京葉銀行がアプローチ。先方がM&Aに関心を示した場合、依頼者を紹介してM&Aの条件交渉を進めます。この間、通常は売り手企業と買い手企業のトップ面談も行われます。

・相手企業と基本合意契約を結ぶ
売り手と買い手の双方が納得できる条件を得られた段階で、双方の間に基本合意契約が締結されます。大体の譲渡価格、M&Aの手法、M&Aのスケジュール、M&A成立後の売り手従業員の処遇などを明記した契約です。

・デューデリジェンスを実行する
買い手企業から売り手企業に対し、デューデリジェンスを実施します。デューデリジェンスとは、売り手企業の内情や実態(財務、法務、人事、取引先、ITシステムなど)を専門家が詳細に調査をすること。調査結果は、譲渡価格の再評価やM&A成立後の統合実務などに利用されます。

・条件の最終交渉を行う
デューデリジェンスの結果に基づき、改めて双方で最終的な条件交渉を実施。譲渡価格を始め、この段階で各種条件の微調整が行われます。

・最終合意契約を結んでクロージングする
最終交渉を経て双方が納得できる条件に落ち着いた段階で、M&Aの最終合意契約を締結。売り手から買い手への株式の移転、買い手から売り手への譲渡対価の支払い、現場におけるシステム統合などのクロージングを経て、M&Aの一連の手続きが終了となります。

京葉銀行のM&A・事業承継の事例・実績

京葉銀行の公式HPには、同行が行った事業承継・M&Aの事例が掲載されていませんでした。よって参考までに、以下、京葉銀行が提携している株式会社日本M&Aセンターの公式HPから、過去に同社が手がけたM&A事例をご紹介します。

・後継者不在の会計事務所をM&Aで譲渡
売り手は名古屋市内の会計事務所。後継者が不在であることを自覚したまま運営していたものの、クライアントから先々のことを尋ねられるうちに、徐々にM&Aが現実的な視野に入ってきました。
買い手は高山市の会計事務所。ちょうど名古屋への進出を図っていたこと、また売り手事務所の評判をよく聞いていたことから、日本M&Aセンターを通じて譲受を決断。双方の懸念事項が同時に解決する円満なM&Aが実現しました。

・シナジー効果が期待できる学習塾同士のM&A
売り手は岐阜県内にある学習塾A社。経営者には2人の息子がいたものの、それぞれ自分の道を順調に歩んでいることから、後継者が不在の状態でした。
買い手は名古屋市にある、同じく学習塾B社。個別指導を専門するB社でしたが、集団指導を専門にするA社との統合によりシナジー効果が生まれると判断。日本M&Aセンターの仲介により、円満なM&Aが成立しました。

京葉銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.keiyobank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.keiyobank.co.jp/common_html/contact.html
企業情報 https://www.keiyobank.co.jp/ir/about/
よくある質問 https://faq-keiyobank.dga.jp/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?