M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

高知銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

高知銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

高知銀行では、主に外部の専門会社との業務提携のもと、地域のニーズに応える形でM&A・事業承継支援サービスを実施。地元の公認会計士や税理士、弁護士、不動産鑑定士などとの提携に加え、大手M&A仲介会社である「株式会社ストライク」とも業務提携しているため、M&Aの相手候補企業は全国に拡大します。

なお高知銀行、および提携機関の公式HPでは、クロスボーダーM&Aに関する情報を得られませんでした。

高知銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

高知銀行の公式HPでは、M&A・事業承継支援サービスの手数料に関する情報を確認できませんでした。手数料の詳細を知りたい方は、同行の本支店まで直接お問い合わせください。

高知銀行のM&A/事業承継の流れ

高知銀行の公式HPでは、同行によるM&A・事業承継サポートの流れを確認することができませんでした。よって以下では、参考までに同行が業務提携する株式会社ストライクの公式HPから、同社が行うM&Aサポートの流れをご紹介します。なお以下は、会社の売り手側の立場からの流れを前提としています。

・相談
秘密保持に細心の注意を払いつつ、専門のアドバイザーが経営課題に関してヒアリングを実施。課題の解決法としてM&Aが有効であるかどうかを、アドバイザーが検討し助言します。

・秘密保持契約の締結
M&Aによる会社売却を決断した場合、売り手企業とストライクとの間で秘密保持契約を締結。その上で、売り手企業はストライクに対し、M&Aに必要となる基礎的な資料を提出します。

・M&A市場SMARTへの情報掲載
希望に応じ、M&A市場SMARTで売り情報を掲載。また同社が発行しているメルマガにも情報を掲載します。情報掲載料は無料です。

・M&A仲介依頼契約の締結
売り手とストライクとの間で、M&A仲介依頼契約を締結。以後は専任アドバイザーがつく形となります。

・買い手企業の探索と選定
ストライクが持つ膨大なネットワークを通じ、買い手候補となる企業を探索。当初は匿名のまま、ストライクのアドバイザーが買い手候補企業へとアプローチをし、段階的に情報開示をしながら最終的な買い手候補企業を絞り込んでいきます。

・トップ面談・条件交渉
買い手候補企業と売り手企業との間でトップ面談を実施。互いのM&Aに対する思いや目的などを確認して信頼関係を築いたうえで、M&Aに関する具体的な条件交渉をスタートさせます。

・基本合意契約の締結
M&Aスキーム(手法)や手続きのスケジュール、譲渡対価の目安、経営統合後の売り手従業員の処遇など、細かい条件が双方の合意に達した段階で、基本合意契約を締結します。

・買収監査(デューデリジェンス)の実施
買い手企業から売り手企業に対し、買収監査(デューデリジェンス)を実施します。買収監査とは、売り手企業の財務や法務、税務、ITシステムなどの詳細を専門家が調査すること。調査から得られた情報は、M&A条件の再検討やM&A成立後のスムーズな経営統合事務などに役立てられます。

最終条件の確定
買収監査を経て、M&Aの最終条件交渉を実施。状況に応じて、条件の微調整等を加えます。

最終契約の締結
売り手と買い手の双方が納得できる条件に落ち着いた段階で、M&Aの最終契約を締結します。

業務引き継ぎ等
株式・資産の移転や譲渡対価の支払い、現場レベルでの業務引き継ぎ、システム統合などの具体的な手続きを経て、一連のM&Aの流れが終了します。

高知銀行のM&A・事業承継の事例・実績

高知銀行の公式HPでは、同行が手がけたM&A・事業承継の事例や実績を確認することができませんでした。以下では参考までに、高知銀行が業務提携する株式会社ストライクの公式HPの中から、同社が手がけたM&Aの事例を2つほどご紹介します。

・関東地方にある調剤薬局同士のM&A
売り手は関東地方にある調剤薬局A社。安定的な経営が続いていたものの後継者は不在でした。ストライクが仲介し、同じく関東地方にある調剤薬局B社との間で、2020年8月にM&Aが成立。株式譲渡による第三者への事業承継でした。

・選択と集中を理由にした非中核事業の売却
売り手は関東地方で様々な事業を営むC社。資本の選択と集中の考えから、非中核事業からの撤退を決意。同じく関東地方にあるIT・ソフトウエア会社D社に対し、C社が運営する事業の中から美容・化粧品部門を譲渡しました。

高知銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.kochi-bank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.kochi-bank.co.jp/contact/contact.html
企業情報 https://www.kochi-bank.co.jp/about.html
よくある質問 https://www.kochi-bank.co.jp/question/question.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?