M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

みちのく銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

みちのく銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

みちのく銀行は、青森県を本拠地とする地方銀行。大正10年設立と非常に歴史ある銀行で、国内に94店舗もの本支店を展開しています。「家庭の銀行」というスローガンのもと運営されていますが、M&Aや事業承継、ビジネスマッチング、財務診断など企業を対象とした経営サポートも積極的に行っており、地元を中心に信頼を集める金融機関です。クロスボーダーM&Aについては記載がありませんが、上海にも支店があるため、対応している可能性もあります。希望される方は一度お問い合わせください。

特にM&Aの提案や事業承継は外部の専門機関とも連携し、提案から実行まで円滑な支援を心がけています。近年は特にM&A支援に力を入れているようで、一般社団法人金融財政事情研究会によって認定される「M&Aシニアエキスパート」およびその前資格である「事業承継・M&Aエキスパート」資格保有者も多数在籍。2020年には、地域金融機関との繋がりを活かして中小企業支援を手掛けるインクグロウとも業務提携が発表されました。

また、後継者や若手経営者を対象とする「みちのく銀行経営塾」も主催。これは財務や事業戦略、人事など経営に必要な知識について次世代の経営者に教授すると共に、業種や地域を問わない若手経営者同士のネットワーク形成に繋がるカリキュラムも用意しているとのこと。後継者は決めているものの、任せて良いか不安があるという経営者の方や、改めて学び直したいという若手経営者の方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

みちのく銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

みちのく銀行のM&A、および事業承継サービスに関する報酬体系については、記載がありませんでした。案件の規模や内容によって変動することもありますので、希望される方は一度窓口にてご相談ください。後継者が決まっている方や若手経営者の方は、まずは定期的に開催されている「経営塾」への参加を検討してみるのもおすすめです。

みちのく銀行のM&A/事業承継の流れ

M&Aや事業承継サービスに関する流れは公開されていないようです。まずはお電話の上、窓口までご相談ください。

みちのく銀行のM&A・事業承継の事例・実績

具体的な事例は公開されていないようですが、支援例としては「自社株の譲渡に係る提案」や「M&Aの提案」「資産管理会社の活用に関する提案」が挙げられていました。守秘義務の観点から詳細を掲載していないものと思われますので、気になる方は直接お問い合わせください。

みちのく銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.michinokubank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.michinokubank.co.jp/pickup/otoiawase.html
企業情報 https://www.michinokubank.co.jp/about/company/gaiyo/profile.html
よくある質問 https://www.michinokubank.co.jp/qa/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?