M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

三井住友銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

三井住友銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

三井住友銀行は、日本を代表する金融会社である「三井住友フィナンシャルグループ」の中核を担う存在として運営されています。M&Aに関してはアドバイザリーから事業承継、投資ビジネスまで幅広く取り扱っており、クロスボーダーM&Aにも対応しているため、大手企業にとっても中小企業にとっても心強い仲介業者と言えるでしょう。

グループ内には信託商品を取り扱うSMBC信託銀行や、日本三大証券会社にも数えられるSMBC日興証券、システムコンサルティングをメインとする日本総合研究所なども傘下として名を連ねています。それぞれの連携により、金融機関と証券会社双方が一体となったサービスを提供することが可能です。

また、事業承継については、顧問税理士をはじめとした専門家とのネットワークも活かし、現状把握から計画実行まで丁寧にサポート。顧客のニーズやその後の環境の変化に合わせて末永く相談できますから、初めての方も安心です。後継者が親族の場合や従業員の場合、他社資本の導入を検討している場合、上場したい場合など、様々なケースごとに適切なアドバイスを受けられますよ。

三井住友銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

三井住友銀行の報酬体系に関しては、詳しい記載がありませんでした。大企業から中小企業まで幅広く対応していることを踏まえ、案件の規模や内容に応じて変動するものと思われます。

M&Aを仲介業者に依頼する場合、一般的には成功報酬の最低手数料が決まっていることが多いので、まずは自社の規模や帳簿などを確認の上、窓口までご相談ください。

三井住友銀行のM&A/事業承継の流れ

三井住友銀行では、主にM&Aアドバイザリーと事業承継サービスが行われています。それぞれの流れをまとめてみましたので、ご依頼を検討されている方はご参考ください。

### M&Aアドバイザリー
M&Aアドバイザリーは、大きく分けて3つの過程が紹介されています。売却や買収、合併、資本提携、マネジメントバイアウトなど数多くの手法に対応しているため、目的に合ったM&Aが可能です。

1.オリジネーション(企画・立案)
- 戦略立案・調査
- マーケティング

ここでは主に業界や競合他社、顧客企業(売り手/買い手)などを分析し、ディスカッションを踏まえながら企業戦略に沿った候補先企業を選定します。

2.エグゼキューション(交渉・実行)
- 候補先へのアプローチ
- 秘密保持協定書の締結
- 企業評価・条件交渉
- 基本合意書交渉/締結
- デュー・ディリジェンス支援
- 最終契約交渉/締結

企業評価やデュー・ディリジェンス、条件・契約交渉などがメインとして行われる段階です。事前に秘密保持協定書が締結されるため、業界や従業員、顧客などへの情報漏洩リスクも最大限配慮されます。デュー・ディリジェンスでは企業内容の調査チームを結成した上で、法務や会計、税務といった専門的な観点から徹底的に監査。条件交渉や契約交渉におけるアドバイス、交渉後の対応協議まで一貫したサポートを受けることが可能です。

3.クロージング/資金決済
- 最終契約締結/資金決済

ここまでスムーズに完了すれば、あとはクロージングに向けての支援です。最終契約書作 成サポートや決済スキームなど、細やかなサポートが受けられます。

・事業承継
事業承継支援についても、現状把握→計画策定サポート→対策立案実行とメリハリのあるサポートが特徴です。

- 現状把握/想いの整理
顧客の最終的な目的に寄り添い、「どうしたいか」「何を優先するか」を考えながらシミュレーションを行います。親族に承継するか、従業員に承継するかなどでも内容が変わってきますから、今の想いをお伝えください。

- 計画策定サポート
上記を参考に、その希望が叶う可能性が高い解決策が複数提案されます。専門知識豊富なスタッフと、国内外を問わず幅広いネットワークを誇る三井住友銀行ですから、信頼して任せられそうですね。

- 対策立案実行
顧問税理士をはじめとした専門家と共にスキームを構築し、必要なファイナンス(資金調達)を提供します。対象が親族の場合は経営承継のみならず、家族への資産承継も含めたアドバイスが行われるため、様々な立場から見ても理想的な事業承継が期待できるでしょう。

三井住友銀行のM&A・事業承継の事例・実績

三井住友銀行では、具体的なM&A事例についての記載がありませんでした。守秘義務の観点から掲載していないものと思われますので、気になる方は窓口にてお問い合わせください。
しかし、今秋には中小企業への支援を強化すべく、ネットでセルフサービス的にマッチングを行える新サービスを今秋(2020年)にも提供するとのニュースが発表されています。
参考:https://www.sankeibiz.jp/business/news/200219/bse2002190500002-n1.htm
(三井住友銀、中小支援へM&A情報提供 事業承継、ネットで「縁結び」)
これが実現すれば、オンラインでの事例数もより一層増加するかもしれませんね。今後の動向をこまめに確認したいところです。

三井住友銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.smbc.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.smbc.co.jp/contact_list.html(お問い合わせ先一覧)
企業情報 https://www.smbc.co.jp/aboutus/profile/gaiyo.html
よくある質問 https://qa.smbc.co.jp/?site_domain=default

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?