M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

沖縄銀行‗公式HPキャプチャ

沖縄銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

沖縄銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

沖縄銀行は、文字通り沖縄県に本店を置く地方銀行。琉球銀行と隔年で県の指定金融機関を担当しており、信託業務との併営を行っているのが特徴です。法人向けコンサルティングはもちろんリテール部門にも力を入れており、全国初の三大疾病保障付住宅ローンを取り扱っていることでも知られています。

M&Aや事業承継については、専門会社をはじめとする独自ネットワークを活かし、アドバイザーとしての経験豊富なスタッフが対応してくれるのが特徴。日本M&Aセンターとも提携し、同社との協力によって達成した案件も多数紹介されているため、信頼度が高い仲介業者と言えるでしょう。

クロスボーダーM&Aを取り扱っているかは不明ですが、確かな実績を誇る銀行ですから、希望される方は一度お問い合わせください。

沖縄銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

沖縄銀行の具体的な報酬体系については、記載がありませんでした。案件の規模や内容に応じて変動するものと思われますので、事前に確認したい方は一度窓口までお問い合わせください。

沖縄銀行のM&A/事業承継の流れ

沖縄銀行では、M&Aや事業承継の詳しい流れについて記載していないようです。事業承継のみ、サービス内容として以下が紹介されていましたので、ご参考ください。

事業承継サービスの内容

M&Aに関しても、外部の専門家とも連携しながら実行までしっかりとサポートしてもらえるとのこと。気になる方は、ぜひ窓口にてご相談ください。

沖縄銀行のM&A・事業承継の事例・実績

沖縄銀行には、提携企業と協力しながらサポートを行った事例が3件紹介されています。日本M&Aセンターだけでなく、地域にも強固なネットワークがあることが窺えますね。

M&A:飲食業A社による、飲食業B店の事業引継ぎ

B店は、日本そばを取り扱うお店として那覇市で運営されていましたが、3年ほど前に後継者問題が浮上。事業承継の方法を検討していたそうです。そこで縁が結ばれたのが、新規事業展開を模索していたステーキハウス経営A社。

M&Aシニアエキスパートの資格保有者である沖縄銀行支店長を主体に、日本M&Aセンターとも連携しながら円滑なM&Aを完了しました。そば店はステーキハウスの2階にリニューアルオープンする運びとなり、今後も継続して運営されるようです。

M&A:不動産業C社による、建築設計業D社の事業引継ぎ

建築や内装の設計・デザインをメイン事業として活躍するD社。しかし、将来に向けて確実な事業承継を行うため、沖縄銀行に相談を行いました。

結果、同行のネットワークにより、隣接業界への事業拡大を検討していた不動産業C社とのM&Aが決定。双方のニーズを正確に把握することで、円滑な交渉となったそうです。

事業承継:酒卸業E社による、酒販売業F社の事業引継ぎ

地域密着型の酒店として愛されていたF社。しかし、店主の体調不良により事業承継を検討するようになったそうです。そこで沖縄銀行に相談したところ、紹介されたのが新規事業展開を考えていたF社でした。

こちらも前述した支店長が主体となり、沖縄県事業引継ぎ支援センターとも協力することで円滑な結果になったとのこと。今後も県内企業を中心に、地方創生の実現に向けて尽力していく所存だと言います。

沖縄銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.okinawa-bank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.okinawa-bank.co.jp/qa/
企業情報 https://www.okinawa-bank.co.jp/corporate/
よくある質問 https://www.okinawa-bank.co.jp/faq/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-05

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?