ロシェル

目次

ロシェル

ロシェル公式HP
引用元HP:ロシェル
https://www.rochelle.co.jp/
専任のM&Aコンサルタントが成約までをトータルサポート

中堅企業や中小企業のM&Aに特化し、積極的なサポートをしています。案件ごとに、専任のM&Aコンサルタントが担当。成約まで一貫して受け持ってくれます。

また、相談から成約後のアフターM&Aまでトータルでサポートしてくれるので、最後まで安心して任せることができます。

会社の母体は公認会計士事務所。そのため税金についてのコンサルティングや法律問題にもしっかりと対応してくれるという強みがあります。専門的な知識を持った担当者たちがワンストップでM&Aをサポートしてくれます。

気になる料金体系は、着手金0円、月額報酬0円、中間金0円の完全成功報酬制。成功報酬はレーマン方式によって算出されます。レーマン方式とは取引金額に応じて報酬が変動するという方式です。

ロシェルの
M&Aサービスの特徴

特徴

完全成功報酬型の料金体系

着手金・月額報酬・中間金は一切なし

ロシェルのM&Aサポートは、完全成功報酬となっています。M&Aのサポートを行う会社は、着手金や月額報酬、中間金などの料金が発生する会社もありますが、ロシェルではそのような料金は一切ありません。

レーマン方式によって算出される成功報酬のみなので、依頼者は安心して委託することができます。

特徴

中堅・中小企業を積極的に支援

団塊の世代の事業継承をサポートしている

ロシェルは、中堅企業・中小企業を専門的に扱うM&A仲介会社です。

団塊の世代の経営者が高齢となり、次の世代に事業を継承しなければならない企業が増加。今後ますますこのような企業が増えると予想し、中小企業のM&Aを積極的に支援しています。

特徴

法律問題にも迅速に対応可能

専任のコンサルタントが一貫して対応

各案件ごとに、経験豊富な専任のM&Aコンサルタントがついてくれます。ロシェルは公認会計士事務所が母体の会社なので、M&Aの手続きを進める中で発生する、税金の問題など、法律に関わる内容にも迅速な対応をすることができます。

ロシェルのM&A事例

ロシェルのM&A事例を3つ紹介します。業界や業種も記載していますので、ぜひチェックしてみてください。

譲渡事例

IT業界におけるM&A事例

譲渡企業
IT企業
譲受け企業
人材派遣会社
子会社との相乗効果を期待して決断

譲渡会社は金融機関や保険会社のITシステム開発に関わる人材を派遣するIT業。経営環境の悪化により、事業部の売却を検討していました。

譲受企業は工場をはじめ、メーカーの開発部門などにエンジニアを派遣する人材派遣会社。常にM&Aできる会社を探していた譲受会社が、ITシステムを開発している子会社との相乗効果が期待できると考えM&Aを決断。譲渡価格は、譲渡事業の年間利益を想定して算出しました。

譲渡事例

不動産業界におけるM&A

譲渡企業
ビル管理会社
譲受け企業
携帯電話販売会社
入手困難な優良ビル管理先を1ヵ月で取得

譲渡会社は老舗のビル管理会社。近年、経営が厳しくなり、税金も滞納していました。創業者である社長が亡くなり、社長夫人が株式を相続しましたが、新たに飲食店を始めたいと会社の売却を決意。

譲受会社は全国展開している携帯電話の販売会社。新規事業として不動産関連の事業を始めていて、ビル管理事業のM&Aを行っていました。

譲渡会社は債務超過と多額の役員借入金があったため、役員借入金を返済することで債務超過を解消して、純資産をプラスにし、買収額を算定。譲受会社は入手困難な優良ビル管理先を1ヵ月で取得しました。

譲渡事例

フィットネス業界におけるM&A

譲渡企業
フィットネスクラブ
譲受け企業
フィットネスクラブ
M&Aにより短期間で店舗の拡大に成功

譲渡会社は関東地方にフィットネスクラブを展開している会社。株主が民事再生案件を買収して再建を図っていたが、再建完了に伴い事業を売却しました。

譲受会社は全国にフィットネスクラブを展開している会社。M&Aを取り入れながら、事業を拡大してきました。

株式譲渡の場合、負債もついてくるため事業譲渡という形態に。譲渡会社は高利回りで投下した資金を回収することができ、譲受会社も短い間に店舗を増やすことができました。

ロシェルは、
このような会社に
おすすめです

ロシェルは、中小・中堅企業のM&Aに特化した案件仲介会社です。同社は、ホームページ上に明確に掲載されているように「着手金0円、月額報酬0円、中間金0円」の完全成功報酬制を採用しています。完全成功報酬の計算方法も具体的に記載されています。

また、同社は事業承継の課題解決のためにM&Aを行う中小・中堅企業の支援を重点的に行っています。これは同社が完全成功報酬制を採用している理由のひとつです。

リスクが少ないM&Aを行いたい企業に寄り添う

ロシェルは、M&Aに不安を持ち、リスクを取りたくない企業には、うってつけのM&A仲介会社です。同社は、M&Aを考えている企業に対して、M&Aを勉強するためのセミナーを数多く実施しています。このセミナーでは、同社の専門家がわかりやすく説明されており、好評を博しているようです。

ロシェルは、公認会計士事務所が母体となっており、大手の金融資本に属さない完全独立系のM&A仲介会社として、全国の金融機関・会計事務所とネットワークを構築しています。このため、多数の売却情報と買い取り情報を持っています。

さらに、事業承継案件のM&Aでは会計・税務・法務・戦略コンサルティングを含む総合的なサービスをワンストップで提供できることが強みです。

同社は、事業承継の課題解決のためにM&Aを行う中小・中堅企業の頼りになるパートナーになります。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

ロシェルの
会社概要

会社名 株式会社ロシェル
設立日 1984年4月20日
代表 立澤竜次
資本金 公式サイトに記載なし
事業内容 M&Aアドバイザリー業務・M&A実務支援業務・企業戦略に関するコンサルティング業務
URL http://www.rochelle.co.jp/
本社所在地 東京都千代田区神田佐久間町2-1 奥田ビル4F
お問い合わせ先 03-5829-8412

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?