澤田ホールディングス

目次

澤田ホールディングス

澤田ホールディングス
引用元HP:澤田ホールディングス
http://www.sawada-holdings.co.jp/
自社で売却企業の株式を購入する投資事業が特徴的

澤田ホールディングスは、昭和33年に創業したM&A仲介・コンサルティングの専門会社。東京証券取引所ジャスダックにも上場する、M&A仲介の大手企業です。

具体的に手がける業務は、M&A仲介のほかにも、事業承継コンサルティング、事業再生コンサルティング、事業投資、ベンチャー投資など。これらのうち事業投資とベンチャー投資は、澤田ホールディングス自体が売却企業の株式を購入して子会社化するという、業界でも珍しいサービスです。

大手M&A仲介業者ながら、売上の小規模な会社のニーズも積極的にサポート。後継者不在による事業承継アドバイスは、同社が特に得意とする分野です。

澤田ホールディングスのM&A形態について

M&A形態仲介・コンサルティング
クロスボーダーM&A不明

澤田ホールディングスは、昭和33年創業という老舗の大手M&A仲介企業。M&Aの支援以外にも事業承継や事業投資、ベンチャー投資、事業再生などのコンサルティング業も行っており、幅広い規模に対応しています。クロスボーダーM&Aに関しては記載がありませんでしたが、長年仲介業での実績を重ねている企業なので、希望される方は一度お問い合わせください。

澤田ホールディングスはどのようなM&Aサービスを提供しているの?

澤田ホールディングスのM&Aサービスは、後継者不在や事業の選択と集中、親族内での事業承継、事業の拡大と成長などを理由とした様々な手法に対応しているのが特徴。投資や事業再生などに関してもしっかりとサポートしてくれるので、売却や買収のみならず広い視野で将来を考えたい経営者の方にとって非常に心強い会社と言えるでしょう。

1.小規模案件にも柔軟に対応

M&Aは企業同士のやり取りになるため、小規模経営の場合資産的な問題から、サポートを依頼する仲介業者に困ることもあります。しかし澤田ホールディングスでは、一般的な銀行や証券会社ではなかなか対応してもらえない規模の案件に対しても柔軟に対応。上場企業ならではの信頼度とネットワークで、友好的なM&Aに導いてくれるでしょう。

2.スピーディーにトップ面談を実現

M&Aはただでさえ一定期間を要するものですが、中小企業の場合特に書面の状態では把握できないことが多いとされています。そのため、澤田ホールディングスは候補先企業を選定したら、出来る限りスピーディーにトップ面談を設定。早期の段階でお互いの信頼関係を高めることにより、成就の確実性を上げ、双方が納得できる結果を目指します。

3.投資も検討できる

M&Aは買い手企業に恵まれなければ成約が難しいものですが、澤田ホールディングスは前述した通り投資に関しても特化しているため、投資目線で利益が出ると思われた場合にはそちらの手法でスピーディーに案件を成就させることも可能です。資金調達の相談にも乗ってもらえますから、希望があればお気軽にご相談ください。

澤田ホールディングスの報酬体系

報酬種別費用
着手金不要
中間金不要
月額報酬不要
成功報酬株式・資産等の移動総額を参考に算定(最低手数料300万円~)

澤田ホールディングスの報酬体系は「成約しなければ一切費用は請求しない」という非常に良心的なシステムとなっています。基本的には成功報酬のみの支払いとなっており、株式や資産などの移動総額を基に5%~1%の利率が課せられるため、事前にご確認ください。ただし、300万円を目安に最低手数料が設定されているので、ご依頼の際は注意が必要です。

澤田ホールディングスのM&A事例・実績

事例については、詳しく記載されていませんでした。おそらく守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は一度お問い合わせください。

澤田ホールディングスのよくある質問

よくある質問に関しては、記載がありませんでした。不明点、疑問点がある場合は、下記お問い合わせフォームをご利用ください。

澤田ホールディングスの最新情報

澤田ホールディングスでは、株券の公開買い付けに関してや連結子会社について、役員人事に関することなど、株主向けの情報が定期的に更新されているようです。事例をはじめとするM&A系の情報が知りたい方は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

澤田ホールディングスを確認する

公式サイトhttp://www.sawada-holdings.co.jp/
お問い合わせフォームhttps://www.sawada-holdings.co.jp/ma_contact/
企業情報http://www.sawada-holdings.co.jp/company/
よくある質問記載なし

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?