M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

清水銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

(引用元)清水銀行公式HP https://www.shimizubank.co.jp/

清水銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

清水銀行は、静岡県を本店として愛知県や東京都にも店舗を展開する地方銀行。「地域とともに、お客さまとともに」をモットーに、顧客ファーストの精神で個人向けだけでなく法人向けサービスも積極的に行っています。

M&Aや事業承継に関しては、専門的な知識をもつスタッフが企業評価や交渉などについて丁寧にアドバイス。クロスボーダーM&Aについては記載がありませんが、バンコクにも駐在員事務所を設け、海外進出や貿易などのサポートを行っているようなので、該当地域との取引に興味がある方は一度お問い合わせください。

近年では藍澤證券株式会社やSBI証券などの証券会社とも業務提携が発表され、M&Aや事業承継に対しより一層力を入れている印象がある清水銀行。中小企業向けの経営支援も提供していますから、様々な選択肢を検討したい経営者の方にもおすすめです。

清水銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 不明
中間金 不明
月額報酬 不明
成功報酬 不明

清水銀行では、M&Aや事業承継に関する報酬体系が詳しく明かされていません。「手数料は取引内容によって異なります」との記載があるため、案件の規模や複雑さなどにより変動するものと思われます。事前に確認したい方は、窓口までお問い合わせください。

清水銀行のM&A/事業承継の流れ

清水銀行では、一般的なM&Aにおける大まかな流れが紹介されています。売り手側、買い手側で多少の違いがありますので、まずはそれぞれの立場から見てみましょう。

売り手企業の流れ

  1. 売却条件の設定
  2. 候補先企業の選定

買い手企業の流れ

  1. 買収金額の検討
  2. 候補先企業の検討

↓完了すると次へ

共通の流れ

  1. ノンネームでの企業概要書の作成・提出
  2. 企業分析・業界調査によりアプローチ方法を決定
  3. 候補先企業への打診
  4. 機密保持の契約の締結
  5. トップ面談
  6. リーガルチェック
  7. 条件交渉
  8. 売買価格の決定
  9. 基本合意書の締結
  10. 買収監査の実施
  11. 最終条件の交渉
  12. 最終契約の締結
  13. クロージング
  14. 対価の授受

上記の通り、M&Aは基本合意書の締結が行われた後も買収監査や最終条件の交渉など、非常に丁寧な過程を踏む必要があります。書類作成や交渉については清水銀行からしっかりとアドバイスが受けられるはずですから、初めての方もお気軽にご相談ください。

清水銀行のM&A・事業承継の事例・実績

清水銀行のM&Aや事業承継に関する具体的な事例や実績については、記載がありませんでした。守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。

また、提携先である日本M&Aセンターには事例が多数掲載されているため、参考としてご覧になるのもおすすめです。

参照元:日本M&Aセンター|M&A成功事例集

清水銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.shimizubank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.shimizubank.co.jp/support/
企業情報 https://www.shimizubank.co.jp/aboutus/information/#a_2
よくある質問 https://www.shimizubank.co.jp/support/faq/

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?