M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

大光銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

大光銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

大光銀行では、自社の法人部門や提携する株式会社日本M&Aセンター等を通じ、M&A・事業承継支援サービスを提供しています。

また、クロスボーダーM&Aを始めとする海外への事業展開をお考えの経営者の方には、日本政策投資銀行や中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構などを紹介する形での支援を行っています。

大光銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

大光銀行の公式HPでは、同行のM&A・事業承継支援の手数料に関する記載がありませんでした。M&A等の仲介手数料はアドバイザリー契約を結んだ会社により異なるため、実際に支払う手数料の額は、どの会社とM&Aアドバイザリー契約を結ぶかが判明するまで分かりません。

なお参考までに、大光銀行が提携している株式会社日本M&Aセンターでは「着手金+会社の譲渡価格×1~5%」を仲介手数料の基本としています。

大光銀行のM&A/事業承継の流れ

大光銀行の公式HPを参考に、同行や同行の提携機関が行っているM&A支援の流れについて、売り手側の視点から見てみましょう。

・個別相談
M&Aや事業承継により会社の譲渡を検討している経営者に対し、大光銀行の専門スタッフが各種ヒアリングを実施。課題の解決法としてM&Aや事業承継が有効であるかどうかを、専門的な視点から検討・助言します。

・M&Aアドバイザリー契約の締結
相談者がM&Aによる会社譲渡を決意した場合、相談者と大光銀行(内容によっては外部提携機関)との間でM&Aアドバイザリー契約を締結します。

・企業評価・企業概要書の作成
大光銀行(または外部提携機関)が、各種資料に基づいて譲渡対象企業の評価を実施。評価に基づき、M&A交渉で使用する企業概要書を作成します。

・買い手企業の選定
大光銀行や外部提携機関のネットワークを活かし、買い手の候補となる企業を探します。当初は複数の企業をピックアップしたのち、詳細な調査を経ながら徐々に最終的な1社へと絞り込みます。

・具体的資料の作成
大光銀行や外部提携機関から買い手候補企業に対し、M&Aによる企業買収を打診。先方も買収に前向きになった場合、売り手企業に関するより詳細な資料を作成します。

・トップ面談
売り手企業と買い手企業のトップ同士で面談を実施。互いの会社や工場などをトップ同士が訪問することもあります。

・条件交渉
トップ同士、またはごく限られたスタッフ同士により、M&Aの具体的な条件交渉へと入ります。

・基本合意契約の締結
条件交渉の内容が一定の合意に達した段階で、売り手と買い手の双方による基本合意契約が締結されます。譲渡価格、M&Aスケジュール、M&A後の売り手従業員の処遇等を取り決めた契約です。

・企業詳細調査(デューデリジェンス)
買い手企業から売り手企業に対し、企業詳細調査(デューデリジェンス)が行われます。企業詳細調査とは、提出された資料だけからでは得られない売り手企業の内情を正確に調査すること。財務、税務、法務、人事などの専門家によって調査が行われ、その調査結果は譲渡価格の再評価や条件の見直し、M&A後のスムーズな統合作業などに役立てられます。

・最終条件の交渉
企業詳細調査の結果を踏まえ、売り手と買い手の双方で最終条件の交渉を実施。状況に応じ、譲渡価格や他の条件の再検討・微調整が行われます。

・最終契約の締結
売り手と買い手の双方が納得できる最終条件を得られた段階で、M&Aの最終契約を締結します。

・クロージング
売り手から買い手に対して株式・資産等の譲渡が行われ、かつ買い手から売り手に対して譲渡価格の支払いが行われ、M&Aの一連の流れが終了します。

大光銀行のM&A・事業承継の事例・実績

大光銀行の公式HPには、M&A・事業承継の事例が紹介されていませんでした。以下、参考までに、大光銀行が提携する株式会社日本M&Aセンターの公式HPの中から、同社が仲介したM&Aの事例を2つほどご紹介します。

・後継者問題を抱える地元企業を上場企業が買収
売り手は愛知県で製造業を営むA社。社長に息子はいたものの、すでに東証1部企業に勤務する家庭持ち。会社は継がせないほうが良いと社長は判断しました。
一方で買い手は東証2部に上場する大手企業B社。他社に比べて競争力のある製品を作るA社に興味を持ち、日本M&Aセンターの仲介のもと株式譲渡によるM&Aが成立しました。

・海外進出を視野に入れ大資本の傘下に
売り手は栃木県にある組込みソフトウェア開発会社C社。海外進出も視野に入れていながらも、経営力や資本力に大きな不安を抱いているのが実情でした。買い手は岩手県にある医療・介護パッケージソフトの大手企業D社。医療・介護分野は法改正に左右されやすいというリスクの中、異なるソフト分野の柱となる事業を模索。日本M&Aセンターの仲介により、C社とのベストマッチングを果たしました。

大光銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.taikobank.jp/
お問い合わせフォーム https://www.taikobank.jp/consult/
企業情報 https://www.taikobank.jp/company/
よくある質問 -

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?