M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

但馬銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

但馬銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

但馬銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

但馬銀行は、第二地方銀行を除き兵庫県唯一の地方銀行として知られる金融機関。個人向け、法人向けを問わず細やかなサービスを行っており、地域密着型ならではの安定した基盤で信頼を集めています。

M&Aや事業承継については詳しい説明がないようですが、パンフレットを確認すると特に事業承継の実績が豊富であることが窺えます。近年では大手仲介会社である日本M&Aセンターとも提携し、公的機関との連携も活かしながら円滑な課題解決に努めているとのことです。

但馬銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 HPで確認できず
中間金 HPで確認できず
月額報酬 HPで確認できず
成功報酬 HPで確認できず

但馬銀行では、具体的なM&Aおよび事業承継に関する報酬体系を明かしていません。おそらく案件の規模や、内容に応じて変動するものと思われます。

提携先の日本M&Aセンターを例にご紹介すると、基本的には「着手金+レーマン方式による成功報酬」が請求されますが、銀行独自の料金を設定している場合も多いですから、気になる方は窓口までお問い合わせください。

但馬銀行のM&A/事業承継の流れ

但馬銀行のM&A、および事業承継の流れについては、詳しく紹介されていませんでした。具体的なサービス内容を知りたい方は、お近くの窓口までお問い合わせください。

但馬銀行のM&A・事業承継の事例・実績

但馬銀行では、M&Aや事業承継についての具体的な事例や実績については紹介されていないようです。しかし、2018年度に発行されたパンフレットによれば、2016年~2017年にかけて68先~108先の事業承継支援、および7先~9先のM&A支援を行っていることが分かります。

但馬銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.tajimabank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://www.tajimabank.co.jp/contact.html
企業情報 https://www.tajimabank.co.jp/about/company/index.html
よくある質問 https://www.tajimabank.co.jp/qa.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-29

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?