M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

鳥取銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

鳥取銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

鳥取銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A 不明

鳥取銀行は、鳥取県に本店を置く地域密着型の金融機関。青い鳥のマークをシンボルに、県外にも店舗を多数展開しています。三菱UFJフィナンシャルグループとの関係も深いとされ、個人向けから法人向けまでサービスが充実しているのが魅力です。

M&Aや事業承継については、専門スタッフが外部の専門家とも連携しながら丁寧にサポート。日本M&Aセンターとも提携し、お客様のニーズに合わせたアドバイスを心がけています。2020年にはM&A総合支援プラットフォームとして知られる「Batonz」を運営する株式会社バトンズとも協定を結んだことが発表され、ますます力を入れているのが窺えますね。

クロスボーダーM&Aについては記載がありませんが、海外進出支援は行っているため、希望される方は一度ご相談ください。その他、ビジネスマッチングや経営コンサルティング、起業創業支援などにも幅広く対応しています。

鳥取銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 HPで確認できず
中間金 HPで確認できず
月額報酬 HPで確認できず
成功報酬 HPで確認できず

鳥取銀行の具体的な報酬体系に関しては、記載がありませんでした。提携先の日本M&Aセンターなどは「着手金+レーマン方式による成功報酬」が基本料金となっていますが、銀行独自の金額が設定されている場合も多いので、まずは窓口にてお問い合わせください。

鳥取銀行のM&A/事業承継の流れ

鳥取銀行公式サイトでは、売り手企業と買い手企業それぞれの視点からM&Aの進行イメージが紹介されています。まずは各立場からの流れを見てみましょう。

売り手企業の流れ

  1. 個別相談
  2. 提携仲介契約の締結
  3. 資料収集
  4. 企業評価
  5. 企業分析・業界調査
  6. ノンネームシート作成

ノンネームシートとは、企業名や詳細を明かさず概要のみが記載された書類のことです。秘密保持契約の締結が行われるまでは買い手企業に詳しい内容が分からないようになっているので、情報漏洩リスクを防ぐことができます。

買い手企業の流れ

  1. ノンネームでの提案(売り手企業がノンネームシート作成後)
  2. 秘密保持契約の締結
  3. 企業概要書に基づく提案
  4. 提携仲介契約の締結

まずはノンネームシートにて売り手企業を知り、気になった場合は秘密保持契約の締結を行い、詳細情報を求めます。問題なければいよいよ経営者同士が面会する「トップ面談」です。通称「お見合い」とも呼ばれ、互いの印象や将来性などを見る大事な機会と言えます。

↓完了すると次へ

共通の流れ

  1. トップ面談・企業訪問
  2. 買収価格などの条件交渉
  3. 基本合意書の締結
  4. 買収監査
  5. 最終条件の交渉
  6. 最終契約書の締結
  7. クロージング・対価の受領

基本合意書の締結後にも買収監査や最終条件の交渉など、慎重に話し合いや確認を重ねたのちにクロージング(成約)となります。仲介業者によってはその後のサポートを受けられるところもありますから、念のため相談してみてはいかがでしょうか。

鳥取銀行のM&A・事業承継の事例・実績

鳥取銀行では、M&Aや事業承継についての具体的な事例は明かされていません。守秘義務の観点から明かしていないものと思われますので、気になる方は窓口までお問い合わせください。

鳥取銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.tottoribank.co.jp/index.html
お問い合わせフォーム https://www.tottoribank.co.jp/torigin/contact/index.html
企業情報 https://www.tottoribank.co.jp/torigin/info/profile/index.html
よくある質問 https://www.tottoribank.co.jp/net_store/faq/index.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-29

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?