M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

富山第一銀行のM&A・事業承継サービスの特徴とは?

目次
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

富山第一銀行のM&A・事業承継の特徴

M&Aアドバイザリー
事業承継
クロスボーダーM&A

富山第一銀行では、近年増加傾向にあるM&A・事業承継の相談に具体的に対応するため、日本M&Aセンターや三井住友銀行などの外部機関と業務提携を結び、幅広いネットワークを通じたM&A・事業承継支援を行っています。

またクロスボーダーM&Aなどの海外事業支援については、アジア圏を中心に行員を派遣したり現地銀行と業務提携を結んだりなど、かねてより積極的なサービスを展開しています。

富山第一銀行のM&A・事業承継の手数料に関して

報酬種別 費用
着手金 確認できず
中間金 確認できず
月額報酬 確認できず
成功報酬 確認できず

富山第一銀行の公式HPでは、同行のM&A・事業承継支援に関する手数料を確認することができませんでした。なお一般的には、最終的にM&Aアドバイザリー契約を締結した仲介会社に対し、その仲介会社が設定する料金を支払う形になります。

参考までに、同行が業務提携を結んでいる日本M&Aセンターでは、「着手金+譲渡金額×1~5%」を仲介手数料算定の基本としています。

富山第一銀行のM&A/事業承継の流れ

富山第一銀行の公式HPには、同行によるM&A・事業承継支援の流れが記載されていませんでした。参考までに、以下では同行が提携を結ぶ日本M&Aセンターの公式HPを参照し 、同社が提供しているM&A支援の流れをご紹介します(売り手側の立場から)。

■事前コンサルティング

・事業承継診断
事業を継ぐ者(親族、役員、従業員、第三者)に関するヒアリング。第三者が継ぐ場合には、M&A手法による会社譲渡になることを説明します。

・成長戦略コンサルティング
M&A・事業承継が成立した後の事業展開についてコンサルティングを実施。単に会社を譲って終わりではなく、成長戦略のもとで会社を譲ることの重要性を認識してもらいます。

・株価算定
過去の豊富な実績に基づき、譲渡企業の株価を適正に評価・算定します。

■M&Aサービス<戦略立案>

・企業評価
M&Aや事業承継の戦略立案の資料とするため、改めて総合的な視点から、譲渡企業の評価を行います。

・企業レポート作成
買い手企業との適切なマッチングのため、先の企業評価に基づいた売り手企業のレポートを作成。買い手企業から関心を抱いてもらえるよう、アピールすべきポイントをしっかりとアピールします。

・候補企業の抽出・選定
日本M&Aセンターが有する数万件ものネットワークの中から、理想的な買い手候補企業を探します。

■M&Aサービス<マッチング>

・候補企業への提案
買い手候補企業を1社に絞り込んだのち、その企業に対して日本M&Aセンターがアプローチ。M&Aを通じた企業買収を提案します。

・トップ面談
買い手候補企業が買収に関心を示した場合、日本M&Aセンターが仲介し、売り手企業とのトップ面談を設定。M&Aに対する思いや考えをトップ同士で確認し合います。

・交渉・成約
売り手と買い手が共にM&Aに前向きとなったならば、以後はM&Aの具体的な条件交渉へと入ります。条件交渉で一定の合意に達した段階で、基本合意契約を締結。のち買い手企業から売り手企業に対してデューデリジェンスを行い、最終条件の交渉を経てM&Aの成約となります。

■アフターサービス

・PMI
M&Aの成約後には、統合後の企業が最大の経営シナジー効果を発揮できるよう、日本M&Aセンターが細やかなPMI(Post Merger Integration)を実施します。

富山第一銀行のM&A・事業承継の事例・実績

富山第一銀行の公式HPには、同行が手がけたM&A・事業承継の事例が紹介されていませんでした。以下は参考までに、同行が提携する日本M&Aセンターが手がけたM&A事例を2点ほどご紹介します。

・他社のグループ企業になることで後継者不在問題が解消
売り手は大阪府にある業務系ソフトウェア開発会社A社。医師として働いている息子さんには会社を継ぐ意思がなかったため、社長夫婦は会社の売却を検討していました。買い手は同じく大阪にあるシステム受託開発会社B社。自社の開発ノウハウとA社の業務ノウハウを融合させれば大きなシナジー効果が生まれると判断。A社がB社のグループ企業になる形で円満なM&Aが成立しました。

・京都の老舗会社同士のM&A
売り手は京都にある老舗の食品会社C社。後継者対策としてM&Aによる売却を検討中でした。
買い手も京都にある老舗の酒類製造会社D社。同じ京都の会社であったことや、食品作りへの共通するこだわりがあったことなどを理由に、C社の買収を決意。双方の理想が叶うM&Aとなりました。

富山第一銀行の公式サイトを確認する

公式サイト https://www.first-bank.co.jp/
お問い合わせフォーム https://loan.first-bank.co.jp/soudan/form.php
企業情報 https://www.first-bank.co.jp/outline/
よくある質問 https://www.first-bank.co.jp/consult/otoiawase.html

トピック:M&A仲介

更新日:2020-11-04

この記事のURLをコピーする

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

M&Aアドバイザーアワード2019 最優秀賞受賞

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?