三菱UFJ銀行

目次

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行公式HP
引用元HP:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/houjin/index.html
グループ企業と連携してきめ細かいサービスを実施

三菱UFJ銀行は、日本を代表するメガバンクの1つで、MUFG(三菱UFJフィナンシャルグループ)の中核銀行です。

三菱UFJフィナンシャルグループは、三菱UFJ銀行のほか、三菱UFJ信託銀行や三菱UFJモルガン・スタンレー証券、三菱UFJニコスなどを擁する総合金融グループ。M&A事業においても、グループとしての強みを生かし、案件ごとに柔軟な提案を行っています。

M&Aの成功だけを目的とせず、顧客の経営課題に深く踏み込み、その課題解決にはどういった戦略が必要か、ゼロベースで考えてもらえるのが魅力です。

また、海外を対象としたM&Aにも積極的で、同グループの三菱UFJ信託銀行の池谷幹男社長は、1兆円規模のM&Aを行っていくことを明言。三菱UFJ銀行をはじめ、MUFG全体の動向が注目されています。

三菱UFJ銀行の
M&Aサービスの特徴

特徴

投資銀行と商業銀行のハイブリッドサービス

大型M&Aを手掛ける三菱UFJモルガン・スタンレー証券と連携

三菱銀行を擁するMUFJといえば、サントリーと米国のビーム社のM&Aを手掛けた三菱UFJモルガン・スタンレー証券も所属。ビーム社買収の際、三菱UFJ銀行は、8000億円を単独でブリッジ融資するなど、スムーズなM&Aを支援しました。

銀証一体のきめ細かいサポートが期待できるのは、三菱UFJ銀行の強みと言えるでしょう。

特徴

スピーディな対応が期待できるサービス体制

東京・名古屋・大阪にM&A専門スタッフを配置

三菱UFJ銀行は、東京・名古屋・大阪の3つの拠点にM&A専門のスタッフを配置。各地域の大企業、中堅企業のM&A案件にスピーディに対応できる体制を整えています。

M&Aを行う場合、顧客の諸情報だけでなく、ターゲットとする商圏についての知識も重要となってきます。三菱UFJ銀行では、各エリアごとに専門家を配置することで、きめ細かい提案を実現しているというわけです。

特徴

クロスボーダーM&Aの実績も豊富

盤石な国内基盤をもとに日本企業による海外企業買収を支援

三菱UFJ銀行は、日本トップクラスの金融機関です。国内の企業と深いつながりを持っています。一方、同グループの三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、外資が母体であり、国際的なネットワークを築いています。

こうしたグループ間のシナジー効果により、日本企業による海外企業(とくにアメリカの企業)の買収を数多く手掛けています。

三菱UFJ銀行のM&A関連ニュース

「M&A強化へグループ連携」 三菱UFJモルガン、新社長に荒木氏

三菱UFJFGは「再創造イニシアティブ」と名付けた構造改革を進めている。米モルガン・スタンレーとの連携も含め、「グループをあげてM&A(合併・買収)案件の獲得や国内営業の強化などに取り組む」(荒木氏)方針だ。

出典:「M&A強化へグループ連携」 三菱UFJモルガン、新社長に荒木氏:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26532950V00C18A2EE9000/

M&Aで成果を実らせた三菱の証券戦略

三菱東京UFJ銀行はサントリーの買収資金のうち8000億円を1行単独でブリッジ融資した。M&A助言という高度で知的な投資銀行業務で手数料を稼ぎ、伝統的な大企業向け融資という商業銀行ビジネスで利ザヤを得る──。そんな「銀証」一体ビジネスが実現できたのは、三菱UFJフィナンシャル・グループが2008年のリーマン危機時、窮地にあった米モルガン・スタンレー(MS)に90億ドルを差し出し、約2割を出資することができたからである。

出典:Secial Feature!
http://www.elneos.co.jp/1502sf2.html

三菱UFJ銀行は、
このような会社に
おすすめです

三菱UFJ銀行は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と連携して、中堅・大手企業を中心にM&A仲介業務を行っています。

2018年7月2日に、三菱UFJ銀行は中小企業の事業承継ニーズ支援を強化するため、株式会社日本M&Aセンターとの提携を発表しました。

得意なのは大手企業の大型M&A案件の支援

三菱UFJ銀行と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が支援したM&Aの実績案件は、その多くが1000億円単位の買収になります。今までのM&A仲介実績から、当銀行は大手企業のM&A仲介を得意としています。

加えて、株式会社日本M&Aセンターとの提携により、中小企業の事業承継のためのM&A仲介を強化する方針です。

多くの中小企業は三菱UFJ銀行と取引をしていますので、当銀行は事業承継に課題を持つ企業の有力な支援先になります。

海外企業とのM&A仲介・支援に強み

三菱UFJ銀行は、上記のように、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と連携していますので、数多くの海外企業とのM&A仲介を行ってきた実績をもっています。

同銀行は、中堅・大手企業だけでなく、海外展開を考えている中小企業も、まずは相談すべき有力なパートナーになります。

経営コンサルタント 山本 雅暁
経営コンサルタント
山本 雅暁

三菱UFJ銀行の
会社概要

会社名 株式会社三菱UFJ銀行
設立日 1919年8月15日
代表 三毛 兼承
資本金 17,119億円
事業内容 金融業及びその他付帯業務
URL http://www.bk.mufg.jp
本社所在地 東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
お問い合わせ先 0120-860-777

トピック:M&A仲介

更新日:2020-10-16

この記事のURLをコピーする
M&Aの無料相談窓口(提供:M&Aネットワークス)

※提供:M&Aネットワークス(M&Aマガジンの相談窓口はM&Aネットワークスが期間限定で受け付け)

後継者問題を解決するM&A会社

中小企業庁の記事によると、経営者が経営を引退してもその事業の継続を希望しているものの、後継者が確保できない企業においては、事業売却による事業承継が、事業継続の方法として考えられている。

M&A会社を探す

事業承継

親族で事業を受け継ぐことが減ってきている現代の日本において問題なのが、経営者の高齢化。事業承継を学び、事業継続をしていく術を学びましょう。

事業承継とは?